猫が嘔吐した時どうする?

2016.03.02

猫が嘔吐した時どうする?

「愛猫が吐いてしまった!」こんな時、飼い主としてはとても心配なものです。言葉が話せない動物だからこそ、なおさらですよね? 「嘔吐した」となると、体の異常ではないかと心配になりますが、生理現象なので問題のないことも多いです。 しかし実を言うと、猫って吐くことが多い動物。猫が嘔吐した時に気をつけるポイントは、それが「心配した方がいい嘔吐」と「様子を見てもOKな嘔吐」なのかを見分けることです。 愛猫の変化にいち早く気づいて助けてあげられるのは、ほかならぬ飼い主さんなのです。 それでは、猫の「吐く」ということについて、原因や対策についてお話ししていきたいと思います。

focebookシャアツイート

猫が吐く時の原因ってどんなものがある?

もともと猫は嘔吐することが多い動物と言われています。

– 嘔吐反射が弱いことで食事後に嘔吐する –

猫がよく嘔吐する理由としてあげられるのが「嘔吐反射」が弱いこと。人間ですとのどの奥に手をいれると「おえ~っ」と反射的に吐きそうになってしまいますよね。これを嘔吐反射というのですが、猫はこの反射が弱いのです。そのため吐くことが多いと言われているんですね。

嘔吐反射が弱い猫は、水分がない状態でもドライフードをそのまま飲み込むことができます。勢いづいて「ガブガブ」と食事を飲み込むため、食べた直後に吐き出してしまうということもあります。

– 自分の毛を食べてしまったことによる嘔吐 –

猫はとてもキレイ好き。自分の体を舐めて清潔にしていると言います。愛猫が自分の毛を舐めて毛を整えているのを見たことのある方も多いでしょう。でも、猫ちゃんは舐めている時に自分の毛を食べてしまっています。

舐めている度に食べてしまった毛は、お腹の中で毛玉になってしまい最終的に腸が詰まるリスクもあるのです。猫はこれを回避するために、吐くとも言われています。

0582b59419b774b05620b1aa89039195_s

猫が嘔吐した時にチェックしたいこと

猫はよく吐く動物ということを頭に入れて嘔吐後の様子をチェックしてみましょう。愛猫が嘔吐した時には、慌ててしまう前にその時の様子をしっかりと見ておきましょう。

– 食事の後の嘔吐は大丈夫なケースが多い? –

猫はドライフードを水分なしで飲み込みます。嘔吐反射が弱いので、一気に飲み込んでしまうことがあります。勢いがつき過ぎて食事をしたものを吐き戻ししてしまうケースがあります。吐き戻しかどうか・・・?というのは食後すぐであるかどうかで判断できます。このような場合には、病気で吐いている訳ではないので、嘔吐後も元気を取り戻していて、あまり心配のないことが大多数です。

キャットフードの形状やメーカーがいつもと変わったことが原因で吐いてしまうこともありますので、この場合には今後そのフードを与えないようにするといいですね。

– いつもと違う症状がないかのチェックが大事 –

猫は嘔吐することが多いからと言って「また嘔吐ね」と、嘔吐自体に慣れてしまっていないでしょうか。
嘔吐する時には、いつもと違う症状がないかのチェックが大事になってきます。
「嘔吐はあまりしなかった猫」が急に嘔吐するようになれば、なんらかの病気が隠れている可能性もあるでしょう。また、嘔吐以外の症状も普段から気をつけるようにします。
食欲が落ちてきた、下痢が多くなってきた、体重が減少してきた、嘔吐の回数が増えてきたなど、いつもと違う症状が増えてきたときには要注意です。

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s

こんな時には要注意!?いつもと違った嘔吐は病院に行った方がいい

愛猫が吐いた後に「吐しゃ物」のチェックをし、いつもと違った様子なら早めに病院に行くようにすべきでしょう。

– 変なニオイがする、異物が入っている –

ニオイがあったり、血液が混じっていたり、異物が混じっている場合には消化器系の病気の可能性もあります。

– 誤食の可能性 –

猫と一緒に暮らしていても、絶えず猫を監視し続けることは難しいですよね。飼い主が目を離したすきに、家にある「何か」を食べてしまうこともあるのです。

おもちゃやタオル、毛布などいつの間にか欠けている部分があるかもしれません。誤食の場合は吐きたいのに吐けないでいることが多いです。

– 繰り返し何度も吐く –

吐いた回数が1回でその後に元気なら問題がありませんが、内臓に病気がある時やウイルス性の病気の場合は、繰り返し何度も吐く事があります。

8dc4fe28f6be87cd5741c53e2911fc62

まとめ

このように猫の嘔吐には心配のないものと、心配なものがあります。嘔吐はよくあることとは言っても病気が隠されていることもあります。
いざという時に見極めるためには、普段から愛猫を観察しておくことが大事です。

focebookシャアツイート


– おすすめ記事 –

 猫が食事でアレルギーを起こしてしまうことがあります!


 猫の誤飲は防げる!注意すべきポイント


 フランス語講座!仏猫語辞書(フランス語版)でネコフランスを学びましょう✧


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら