猫は留守番にむいているの?何泊くらい大丈夫?

2016.03.04

猫は留守番にむいているの?何泊くらい大丈夫?

猫は犬に比べて、一般的に留守番に向いているといわれているようです。 比較的、孤独を好むとされているからかもしれません。 普段の生活でちょっと家を空ける程度なら、問題ないようですが、やはり一泊以上の泊りの留守はいろいろと準備してあげた方が猫も快適に留守番ができるようです。

ユニ・チャームセール

focebookシャアツイート

猫もやっぱり不安になるみたいです

1a278bb83e6e0eb473d452e3910b0bee_s

ウチの愛猫は、普段は愛想があまりなくて、飼い主のことを気にする様子もなく生活をしています。
通常実家に帰省するときは何泊もするので、キャリーバックに入れて電車に乗って(有料手回り品として、電車に乗る前に手続きしています)一緒に連れて行きます。
一度だけ、友人の結婚式に出るために2泊3日家を空けることになり、猫に留守番をしてもらったことがあります。
その時は、ペットシッターさんに頼むか、ペットホテルに預けようかとも思ったのですが、人見知りが激しいのと動物病院に入院した時にかなり怯えたので、猫のストレスを考え家で留守番をしてもらって、よく家に遊びに来る友人に途中、様子を見に来てもらうことにしました。
友人に様子を見に行ってもらうといっても、2泊3日のうち1度のみですので、万全の準備をしないとと思い、一定時間に餌を出してくれる・給餌器一定時間に水を出してくれる・給水器を用意しました。
他、トイレが何らかの理由で使えなくなってしまったり、汚れて使うのを嫌がることを考えて、予備のトイレと普段遊んでいるおもちゃを置き、いたずらしそうなもの、猫が間違えて食べてしまったら大変なものは念入りに片付けました。
あとは、少しでも安心できるように、お気に入りのタオルや私のパジャマを部屋に出しておきました。
季節的に、夏や冬ではなかったため、暑さや寒さ対策はしなかったのですが風通しはあるように、防犯上問題ない場所の窓を開けて風が通るようにしておきました。
いざ、初めての長期の留守番の時。様子見てもらいに行った友人に確認をしたところ、普段家に来ても知らん顔をしている愛猫が、その時は「足にまとわりついてきて離れなかったよ」と言っていました。
さすがに寂しかったかなと思い、家に帰宅すると、やはり私の足にまとわりついて離れず、トイレやお風呂に行くときさえ必死についてきて、ドアの前で鳴いているような状態でした。
いつもなら、仕事で家をあけるときは寝ていて、見送りもしない愛猫が、その時ばかりは出かける様子を見せると鳴いて後ろをついて回っていました。
そんな状態が数週間つづいたのですが、しばらくすると私が出掛けてもすぐに帰ってくることがわかり安心したようで、いつもの様子に戻っていきました。

efea6dd0eacdd7cbbfb0347b98d4e617_s

ほか、一度1か月程実家に滞在することになり、いつものように一緒に実家に連れて行き、昼間は家族と一緒にリビングで過ごさせていたのですが、ほんの少し、私が買い物をするのに外出したところ、家族から「鳴いて暴れているから至急帰宅してほしい」と連絡があったことがあります。
慌てて帰宅したところ、私の帰宅を確認して安心したようで、猫は知らん顔をして何事もなかったかのような様子に戻ったことがあります。
1か月近く過ごした場所と家族だったにも関わらず、猫にとっては、かなり不安だったようです。


やっぱり、長期の留守番は寂しくて不安?

7c73053f31e4b82db9412191355d79bd_s

もちろん、それぞれの猫の性格によって違うのだと思いますが、普段、あまり周りに興味なさそうだったり、留守番させても平気な顔をしていても、やはり、いつも一緒にいる飼い主がいなかったり、環境が少しでも変わると猫にとっては、ストレスがかかってしまうようです。
ウチの愛猫は自己主張があまり上手ではなく、静かにストレスを溜めてしまうような性格なので、なるべく不安やストレスを溜めないように、留守番は程ほどにさせて、少し長く家を空けるようなことがあった場合は、その分、帰宅した際にいつもよりもずっとスキンシップをはかろうと思います。ただ、過剰なスキンシップは逆にストレスになってしまうようなので、猫がどの程度もとめているかコミュニケーションをとりながら、お互いの信頼関係を築いていきたいなと思っています。

focebookシャアツイート


– おすすめ記事 –

 猫が好きな場所はどこ?


 室内飼い?それとも自由な生活?


 子猫の外出とお留守番


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネルノスケ

ネルノスケ

愛猫との生活も15年目。毎日、ツンデレ猫に振り回されながら楽しく日々を過ごしています。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら