「淋しくなんかないよ」~猫、お留守番について語る~

2016.03.10

「淋しくなんかないよ」~猫、お留守番について語る~

猫との暮らしは本当に楽しいけれど、ひとつだけ不満を挙げるとすれば「長い旅行に行けないこと」だったりします。 猫にお留守番をしてもらう場合は、きちんと準備を整えた上で出かければ2泊3日くらいなら大丈夫といわれていますが、それ以上長くなるならば誰かにお世話をお願いする必要があるようです。実際のところ、猫はお留守番についてどう感じているのでしょうか。 うちの猫にもちょっと聞いてみましょう(あくまでも妄想ですが)。

focebookシャアツイート

もう30年以上も前の作品になりますが、大島弓子さんのマンガ「綿の国星」でこんなお話がありました。
楽しく遊んで帰ってきた須和野チビ猫を待っていたのは、真っ暗な家と山盛りのキャットフード。
すぐに帰ってくると思っていた飼い主一家は夜になっても戻らず、周囲の猫たちは「蒸発」と判断。悲しみに暮れるチビ猫が満月の夜のカーニバルで不思議な時間を過ごしている間に飼い主は帰宅。おばあちゃんのうその病気で急に呼び出されていたためで、また何事もなかったかのように日常に戻る…(綿の国星・PART4「カーニバルナイト」)。
いきなり誰もいなくなってしまったら、確かに猫は不安になりますよね。
まして、子猫となれば、ひとり残して出かけるのには勇気がいります。
でも、大丈夫。猫は意外と強いのです。
うちの長女猫(14歳)にちょっと聞いてみましょうか。

お留守番の心構え

f884ccc605222a81632b4e5638aa1579_s

お父さんとお母さんが暗いうちからゴソゴソなにかやっている時は、「ああ出かけるんだな」とわかるよ。
大きなカバンを押し入れから出してきた時は、「こりゃ何日かいなくなる気だぞ」って。
ごはんがいつもと同じくらいのボリュームなら、「まあ大丈夫だな」って思うんだけど、さすがに山盛りにされると焦っちゃうな。
缶詰のお魚は傷んじゃうからって、すぐに食べられる分しか置いて行ってくれないでしょ。あれもつまんない!でも、帰ってきた時に「ごめんねー、淋しかったねー」とか言いながらすり寄ってきて、ちょっと多めに出してくれるから許してやろうかな。

お留守番中は何をしてる?

ほとんど寝てるよ。
おもちゃで遊ぶ年でもないし、食べたい時にご飯食べて、毛づくろいでもして、後は外を見たりしてる。
カーテンを少し開けていってくれるから、鳥とか見てる。
お兄ちゃんと妹と暮らしてる時は、別に仲良くはなかったけど、まあ一緒にいるだけでなんとなく安心はできたかな。
でも、ひとりでいたって淋しくなんかないよ。寝てればいいんだもん。
時々プルルルって大きい音がして、その後でお母さんの声が聞こえるんだ。なんか一生懸命しゃべってるけど、何なんだろうね。
別に声なんか聞かなくてもいいのに、安心させようとしてるのかな。へんなの(笑)。(注:留守電で「元気?」とか「いい子にして待っててね!」とか話しかけたところで、猫にはまったく通じません)

猫のきもち

うちの場合は2晩くらいは平気で置いて行かれちゃう。もう慣れっこ。
でも、それより長くなるとちょっと嫌だな。1週間くらい猫だけでお留守番したことはあるよ。
お母さんが途中で1日だけ帰ってきたけど、あれはさすがに焦ったな。おじいちゃんのおそうしき、とか言ってたっけ。
でもね、ワタシは病院とか嫌いだし、誰か他の人にお世話されるのもイヤだから、おうちにいた方が楽なんだろうな。
お兄ちゃんはお薬を飲まなきゃいけないから病院に預けられたりしてたけど。
そういえば、お父さんが入院した時もお留守番が大変だったんだ。お兄ちゃんはお父さんが退院してきてすぐにコウジョウセンの病気になって大騒ぎだったし、それでワタシまでニョウロケッセキとかいう病気になっちゃった。お兄ちゃんはお父さんとラブラブだったからしょうがないけど、ワタシまで病気になるなんてね。
やっぱりいつもと違うと体がおかしくなっちゃうのかな?
お父さんたちがお出かけから帰ってくると、お兄ちゃんと妹は迎えに行ってスリスリしたりしてたけど、ワタシはそんなことしなかったよ。
ずっとお布団の中にいてやるんだ。「出てきてもくれないよー」とか言いながら缶詰を開けてくれることはわかってるし。
「会いたかったよー」とか言ってるけど、ワタシは別に淋しくなんかなかったもん!…でも、そういう時のお魚はとってもおいしかったりするんだよね。なんでだろ。

安全、安心なお留守番のために気をつけること

98e50180d10c916dfd7cb915a03e9441_s

猫によって個体差はありそうですが、成長した猫であればお留守番を任せても大丈夫でしょう。
猫との信頼関係を大切にしつつ、たまには猫と人間がそれぞれの時間を楽しむことも必要なのかもしれませんね。
最後に、安全・安心なお留守番のために気をつけることをまとめます。

  • 温度管理には要注意。夏場はエアコンを弱くしてつけておくか暑い時間帯だけタイマー設定、冬場は暖かい布団などを置いていく
  • ご飯は腐らないようにドライフードで。あれば自動給餌器も便利
  • 水はひっくり返す危険もあるので、いつもより多めに置いていく。自動給水器も便利
  • トイレも日数に応じて多めに用意。帰ってきたらすぐに掃除がてら排泄物で健康状態をチェックする
  • 食べ物・水やトイレのない部屋に閉じ込められることがないよう、ドアは固定しておく
  • 危険なもの(倒れやすいもの、誤飲してしまいそうなもの等)は片づけておく
  • 毎日薬を飲んでいる猫は、動物病院に預けていく
  • 子猫や、留守期間が長期にわたる場合は、親しい人やペットシッターに様子を見に来てもらうか預かってもらう(ちなみに長男猫はひとりで1週間留守番した経験あり。当時独身だった夫は、帰宅後に相当ニャーニャーなじられたそうです)
  • focebookシャアツイート


    – おすすめ記事 –

    ・お留守番猫ちゃん
    ・猫の鳴き声からわかる「猫の気持ち」
    ・猫がスリスリしてくるのは、本当はどんな意味があるか知っていますか?
    ・穏やかに、安らかに ~老猫との過ごし方~

     ネコちゃんのお留守番


     ビギナー飼い主必見の猫トリビアが満載!猫と暮らした気持ちなる映画!?『猫なんかよんでもこない』


    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    North Cat

    North Cat

    「お子さんは?」と聞かれたら「いますよ!4本足ですけど」と答えます。  子ども代わりに育てた猫は4匹(ぜんぶ野良)。通院、闘病、引っ越し、悲しい別れなどを経て、現在は2匹の猫と夫とお義母さんと暮らしています。  猫たちとのより幸せな暮らしをめざし、勉強したことをお伝えしてまいります!

    関連するキーワード