年齢を重ねた猫、老猫の毎日の過ごし方は?

2016.03.11

年齢を重ねた猫、老猫の毎日の過ごし方は?

猫もおじいちゃん、おばあちゃんになります! 多くの猫は7歳以降から、年をとってきたと思われるような体の変化や行動が見られるようになってきます。 一般的には、11歳を過ぎると、老猫と言われる時期になります。 老猫にはどのような過ごし方をさせてあげるのが良いのでしょうか?

focebookシャアツイート

猫の寿命は一般的に10年から20年ほどと言われています。
人間よりとても短い寿命ですから、年をとる速度は人間の感覚からすると、とても早くなります。
生後約半年以降から7歳くらいまでは、体調が比較的安定している時期です。
7歳頃から歳をとってきたと思われる行動や体調の変化が見られるようになり、11歳ごろでは猫の高齢期と言われる時期に入ります。
人と同じように猫の年齢を数えるのは難しいことですが、7ヶ月〜2歳:幼年期、3歳~6歳:青年期、7歳~10歳:壮年期、11歳~14歳:中年期、15歳以上:高齢期、と、大体このように考えられています。
年を重ねていても元気で全く変化が感じられないような猫もいますし、若いうちから体や見た目の衰えが見られる猫もいますので、全ての猫が同じような老化をたどるとは言えませんが、一般的な老化のサインを見てみましょう。

老猫のサイン

– 毛の艶がなくなってくる –

内臓が年とともに衰えてくることにより、毛艶が悪くなります。
ヒゲや口周りなどに白髪が見られるようになってきます。
年をとると毛づくろいの回数が減ってくるため、被毛が汚れていて、毛艶がなくなってきたように見えます。

– あまり動かなくなってくる –

身体能力が低下してくるため、今まで走り回ったり高いところに登ったりしていた事が出来なくなってきます。
一日を通して、あまり動かずに過ごすことが増えます。

nonbiri-neko

– 筋肉が衰えてくる –

筋力が衰えてくるので、お腹が下がったように見えます。
筋肉が減ると痩せて見えてきます。
逆に、動かない事により、老化に伴って肥満になってくる猫もいます。

– 歯が弱ってくる・食事の量が減る –

歯が弱ってくるので、今までと同じフードが食べづらくなって、食事の量が減ります。
口内炎など口の中のトラブルが起きる事も多くなるので、さらに食べる量が減ります。

– 病気をよくするようになる –

老化により体力や筋力の低下が見られ、運動不足にもなると、病気も増えます。
それでは、老猫には、どのような過ごし方をさせてあげるのがよいのでしょうか?

ブラッシング

まず、自分できれいに毛づくろいが出来なくなってきますので、ブラッシングをしてあげましょう。
体の後ろの方や、お尻周りの毛づくろいが特に出来にくくなるので、代わりにやってあげる必要があります。
ブラッシングの注意点としては、猫用ブラシを使い、優しく、ゆっくりとしてあげることです。ブラッシングしながら、撫でたりして、皮膚の観察もしてあげましょう。
スキンシップを適度にすることで猫の体調の変化に気づくことができます。

シャンプー

老猫は、体力が弱っているので、シャンプーの回数は以前より減らしてあげるほうが良いでしょう。
動きまわることが減っていれば、今までほど汚れることもありません。
お尻周りだけを洗うなど、部分シャンプーも取り入れて、老猫の体の負担にならないようにしましょう。
目やにやよだれなどの汚れが顔に残っている場合は、濡れタオルで優しく拭いてあげると良いでしょう。
また、体を洗った時は、体が冷えないように早めに乾かしてあげる事が大切です。

rouneko02

食事

老猫になってくると、今までのような硬いカリカリフードを食べられなくなることもあります。
老猫用、シニア猫用とあるフードや、ウェットタイプのフードにしてあげましょう。
その時は、食べ過ぎて肥満にならないように、量や回数にも気を配りましょう。

foodwet

猫トイレ

猫トイレは、老猫がすぐに行けるような場所に老いてあげましょう。
粗相をしたりするようであれば、猫の様子を見て、数を増やしてあげるのも良いでしょう。

体のケア

普段はしまわれている爪ですが、老猫になると、爪が出たままになってしまう場合もあります。
その時は飼い主さんが気をつけてこまめに切ってあげましょう。
また、歯も衰えてきますので、ウェットタイプのフードにした場合は、歯磨きをしてあげたほうが良い場合があります。
人間用の歯磨き粉は、猫には害になりますので、猫用を必ず使用してください。

病気

特に老猫は泌尿器系の病気にかかりやすいと言われています。
他にも、ガンや心筋症、便秘、さらに猫も認知症になります。何かおかしいなと気づいたら、獣医さんで診てもらいましょう。
老猫になってくると色々な変化が現れます。飼い主は今まで以上に気を配り、幸せに過ごせるようにしてあげましょう。

byouki-neko

focebookシャアツイート


– おすすめ記事 –

・猫はお風呂にどれくらい入れたらよいのでしょう?
・春は猫の発情期!どうしたら良いの?
・猫に必要な栄養素を知っていますか
・老猫との多頭飼いで気をつけなければならないこと

 猫の爪、ケアはどうしたらよいのでしょう?


 日本ではまだ珍しい猫種5選


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード