ジェントルジャイアンツとも呼ばれる温和で人気者 メインクーン

2014.12.15

ジェントルジャイアンツとも呼ばれる温和で人気者 メインクーン

血統の中でも特に大きく、温和で気立ての良い品種です。このことから、「ジェントルジャイアント 穏やかな巨人」という愛称を持っています。

091878

原産国:アメリカ
作出年:1960年代
体型:ロング&サブスタンシャル(長くてがっしり)
目の色:全色

■■■■■目次■■■■■
1.歴史と伝説
2.特徴
3.性格
4.病気について
■■■■■■■■■■■

歴史と逸話

名前の通り、アメリカのメイン州出身といわれており、メイン州では州猫として公認されています。また、フサフサした被毛の野生的な姿から、猫とアライグマ(ラクーン)の混血などといわれたのが名前の由来となります。メイン・クーンは、数多くの逸話があります。
また、ノルウェージャン・フォレスト・キャットの血をひいていると考えられた事もありました。
メイン・クーンは、100年以上も前からネズミ捕りでアメリカの開拓農場で活躍をしていました。荒れた土地や気象の変化が激しいところでも生活できるたくましさを身につけています。
1861年にキャプテン・ジェンクスという名のメイン・クーンが本に登場してからは、キャットショーで人気を呼び、最優秀の栄誉にも輝いています。

特徴

15121128357_a0f6c17acd_z

メインクーンは、イエネコの中でも特に大きく、骨が太い品種です。雄は7kgになる子もいるようです。
大型の猫は、成猫の大きさになるまでに2年ほどかかります。また、成猫の重さになるまでには5年かかります。
筋肉質の長い体に、長毛の被毛、特に襟の飾り毛は豊富にあり、堂々とした骨格を持つ姿は、魅力的です。四肢も足先は大きくて丸く、豊かな被毛に覆われており、筋肉が発達しています。
毛色はあらゆるパターンが認められております。
毛質は、オールウェザー・コートで寒さに強く、猫種のなかではやや硬めですが、手触りは、絹のように滑らかに垂れ下がっています。
尾は、根もとが太く先細で、ふさふさした毛に覆われており、胴と同じくらいの長さがあります。
メイン・クーンの雄大さを強調する被毛は、被毛密度は豊富で厚く、首の周囲や腹部は長くなっております。肩のあたりは短く、背のうしろにかけてだんだん長くなっていきます。
現在のギネス公式記録では、2010年に123センチ(48.5インチ)が最も身長の長い猫として記録されています。

091910

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴川真央

鈴川真央

ネコちゃんが大好きで大好きでしかたがない。 趣味・・・愛ネコ観察 目標・・・ネコちゃん達が住みやすい環境でネコちゃん達と暮らすこと。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら