猫の起源や歴史について

2016.03.11

猫の起源や歴史について

現在では人間とともに生活するのが当たり前になっている猫ですが、どんなところで、そしてどんな生活をして人間と知り合ってきたのでしょうか? 猫の起源や歴史については諸説ありますが、簡単にまとめてみたいと思います。

focebookシャアツイート

猫の祖先は?

ミアキス

猫やライオンなどの猫科の動物や犬やクマなど哺乳類のルーツをたどっていくと辿り着くのが「ミアキス」という生物。この1種類の動物が、枝分かれしていき、各哺乳類のもとになる動物へと進化していったのです。すべての哺乳類がこの動物にいきつくなんて不思議な感じもしますよね。

それでは、哺乳類の大元になったというミアキスについてお話ししていきたいと思います。

– スレンダーな体つき? –

ミアキスとは体長30㎝程度の小さな小型動物で、約6500万年~4800万年前に生息したと言われています。こんな姿だったのではないかという想像図によると、細い体でスレンダーな体型。長いしっぽに短めの足であったと想像されています。

– 木の上で生活!? –

ミアキスが生息していた時代には『ヒアエノドン』などという肉葉類が捕食動物として地上での権威を表わしていたため、ミアキスは木の上でひっそりと生活していたとか・・・。

イエネコの起源は?

人間が家畜として飼う『イエネコ』の起源はいったいどのくらい前にさかのぼるのでしょうか?猫の歴史については、現在でもさまざまな研究がされていますが、13万前程前にさかのぼった中東で暮らしていた『リビアヤマネコ』と言われています。

リビアヤマネコは現在でも、北アフリカやアフガニスタンなどで野生で生きています。野生で暮らしていたリビアヤマネコが人間の家畜になったのは、約5000年前の時代。人間たちが農作業を始めた頃に、ネズミを捕獲してくれる猫が家畜的な役割をしていたのです。

この頃は、家畜というよりも人間の近くで単独で生活していたということなのでしょう。

ペット化されたエジプトで暮らしていた猫たち

エジプト_猫

ではペットとして飼われるようになったのはいつころなのでしょう。

紀元前6世紀あたりの話。ご存知のように、古来エジプトの王族の間では、猫をペットとして可愛がられたと言われています。猫はとても貴重な存在で、神の使いとしてあがめられていたのです。

猫が亡くなると悲しみは相当深く、ミイラにして葬っていたほどの扱いでした。そんな愛されていた猫を殺傷すれば当然厳しい罰を受けていましたし、外国に持ち出すことも禁止されていたくらいです。

でも、実際は「密輸」によって、アジアやヨーロッパなど世界各国へと広まってしまうのです。世界各国に広まった猫は、人間の食料をネズミから守るために家畜のような働きをしていきます。

ただ、エジプトで「神」として崇められていた猫がヨーロッパ地方に渡ると何故か「嫌われる動物」に。17世紀前後のヨーロッパでは悪魔の手先として、ひどい扱いを受けていたとも・・・。

このような歴史を経て、18世紀ごろになると現在のように可愛がるべきペットとして猫は人間とともに暮らしていくようになります。

中国の遺跡で人間と猫との共同生活の痕跡が発見される

中国_猫

近年、中国の遺跡から人間の骨や生活道具、そしてネコであったかと推測される小動物の骨が発見されています。この遺跡は5000年ほど前のものと言われています。これによると、猫と人間が近くで生活していたことが分かります。
この骨は、現在も中国地方で野生に生息しているベンガルヤマネコのものであると言われていますが、イエネコになり始めた頃の人間と猫の様子を知る上で重要な発見であったのでしょう。

人間は当時、集落で暮らしており穀物を主食として生活していました。ところが、その穀物を狙っていたのが「げっ歯類」。人間にとってげっ歯類は敵であらゆる方法で、穀物を守っていたものの、食べられてしまう状況にあったのです。そんな時にげっ歯類を好んで食べてくれていた「ネコ」の存在は、人間にとっては救いの手を差し伸べてくれたようなもの。人間と猫が近くに寄り添ってくらすことは、お互いに好都合であったということが分かりますね。

focebookシャアツイート


– おすすめ記事 –

・猫が嘔吐した時どうする?
・猫も花粉症になる!対策はどうしたら良い?
・猫のしぐさに隠された意味を知ろう!
・➖ダイヤモンドヘッドの猫ちゃん達➖

 三毛猫のオスは30000匹に1匹!?


 見た目とは正反対?アメリカンボブテイルの性格としつけ方法について


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード