ラガマフィンってどんな猫?

2016.04.03

ラガマフィンってどんな猫?

ラガマフィンとはラグラドールに非常によく似ている猫ちゃんです。 身体は大きく、ふわふわとした長い毛が特徴です。 そもそもラガマフィンはラグラドールから派生した猫ちゃんで、元々はラグラドールの繁殖家の中から生まれた猫ちゃんらしく、正式な猫種と認められたのは意外に近年のこと。 今回はラガマフィンについて調べていきたいと思います。

focebookシャアツイート

室内飼いに向きのおっとり猫

ラガマフィンはラグラドールと同じく従順にしておとなしく、とても飼いやすい猫ちゃんだと言えるでしょう。
運動をあまり好まないことから、室内で飼うのに向いています。
小さな鳴き声なのでウルサイということがなく、そのため隣近所が気になるアパートやマンションでも気をつかう必要がありません。非常に頭の良い猫ちゃんなのでしつけも楽ですし、初めて猫を飼うという人には理想的だと思います。食べることが大好きな猫ちゃんで、だいたい3~4年かけてゆっくりと成長していくのもラガマフィンの特徴です。

運動をあまり好みませんが、遊ぶことが大好きな猫ちゃんで、好奇心が旺盛です。その性格は大きくなっても変わらず、いつまでも愛らしい子猫のような性格です。
穏やかでのんき、我慢強い面もあるので、基本的に人間が大好きな猫ちゃんです。
なので、見知らぬ人にも人懐っこく、犬などの他の動物とも仲良しになれるアイドルのような猫ちゃんです。
抱っこされるのが大好きな甘えん坊さんです。と言っても平均体重は10キログラムくらいになるので、抱っこすると正直重たいと思います。

病気にはなりにくいですが、食事に要注意

ラガマフィンは病気に強いので、さほど注意点はないものの、元々が身体の大きな猫ちゃんなので、その体格を維持できるように栄養のある餌をあげなくてはなりません。
かと言って過度に餌を与えるのは禁物です。栄養過多になり病気になってしまうこともあります。
基本的に運動を嫌う性質なので、やや肥満気味なラガマフィンが多いようです。
食べることが大好き、でも運動は嫌いというワガママというかグウタラな特徴があるので、ラガマフィンを飼うコツとしては、遊ぶのが大好きと言う点を逆手にとって十分に遊んではしゃがせてあげることでしょう。ラガマフィン自身は運動しているつもりがなくても、常にかまってあげて身体を動かしてあげれば肥満防止にもなります。

また毛が長いので日々のブラッシングはかかせません。毛が長いということはそれだけ汚れやすいとも言えるので、せっかく飼っても飼い主に猫アレルギーを発症させてしまうリスクを上げることになってしまいます。
毎日のスキンシップとしてブラッシングを行ってあげるのが理想的です。
毛が長いということは、毛玉が出来やすいとも言えます。猫は毛づくろいをして自分の毛を飲み込んでしまうので、それによる内臓疾患なども起こしがちです。毎日のブラッシングがいかに大切かわかると思います。

しつけ

ラガマフィンは臆病で用心深い動物です。毎日毎日、飼い主に怒鳴られていたら、飼い主を外敵と判断し二度と近寄ってこなくなる可能性があります。まず失敗しても怒鳴るようなことはしないよう心がけましょう。
しつけの中でも特にトイレのしつけには注意して取り組みましょう。
最初はトイレ砂の上まで抱っこしてつれいき、トイレ砂の上で排泄を成功させましょう。
ラガマフィンは自分の排泄物のニオイがするところをトイレと理解するので、次からはトイレに排泄してくれるようになります。
もし失敗して床に排泄してしまったときは、きれいにふき取ってください。
ラガマフィンの特性上、また床に排泄してしまうので要注意です。

いかがだったでしょうか。ラガマフィンは病気にもなりにくく、室内でも飼いやすいと
猫初心者の方でも飼いやすい猫種の一つです。「猫を飼いたいけど、ちゃんと飼えるかな?」と不安な方にはオススメの猫ちゃんかと思います。

focebookシャアツイート

– おすすめ記事 –

・猫は留守番にむいているの?何泊くらい大丈夫?
・要注意!猫がなりやすい病気とは?
・スコティッシュフォールドのなりやすい病気って?
・『ベンガルのなりやすい病気とは?』

 もっと知りたい、三毛猫!


 フランス語講座!仏猫語辞書(フランス語版)でネコフランスを学びましょう✧


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード