「お手頃な値段でマンチカンと暮らす!専門ブリーダー大研究

2015.01.30

「お手頃な値段でマンチカンと暮らす!専門ブリーダー大研究

短い足と長い尾が特徴のマンチカンは、その珍しいスタイルから「猫のダックスフンド」などと呼ばれます。短毛、長毛どちらもあり、全ての毛色が認められることから、外見はバラエティ豊かです。そして、ペットショップなどで見かけるマンチカンは、かなりお値段が高め。お手軽な価格でマンチカンを迎える裏技をお教えします!

足が短い「マンチカン」は好奇心旺盛な甘えん坊!

DVC00844.JPG

マンチカンが世界最大の猫の血統登録機関TICA(The International Cat Association)に初めて公認されたのは1995年と、比較的新しいネコちゃんです。現在のマンチカンは、1983年にアメリカのルイジアナ州・レイビルで発見された足の短いネコがはじまりだと言われています。「マンチカン」の名は、『オズの魔法使い』に登場する背の低いマンチキン族になぞらえて付けられました。その後、血統と遺伝の研究が進められ、イエネコの遺伝子の常染色体に自然発生した優性突然変異によって生まれたものと考えられています。最初は短毛種のみでしたが、その後、長毛種も誕生し、すべての毛色が認められます。
性格は明るく、遊び好きで好奇心と探求心が豊か。運動能力も高いです。一般的に猫は水を嫌がりますが、マンチカンは水を怖がらないお風呂好きな子もよく見られます。それだけに、お風呂に入った後は水を抜くか、必ずフタとお風呂のドアをきっちりと閉めるようにして、お風呂で溺れてしまう事故を防いでください。

ブリーダー?ペットショップ マンチカンはどこからうけいれる?

受け入れ元は、マンチカンの血統や交配に対する知識と、マンチカンに対する愛にあふれているところなら、ブリーダーでもペットショップでもかまいません。見分けるひとつの目安として、血統書があります。
信頼度が高い血統書発行機関としては、先ほどご紹介したTICAとCFA(Cat Fanciers’ Association)がありますが、CFAはマンチカンを公認していません。つまり、マンチカンの信頼度が高い血統書はTICA発行のものといえます。マンチカンを迎えるときは、TICA発行の血統書があるネコちゃんを選ぶのが無難です。
血統や交配に関する知識はかなり重要です。比較的新しい猫種であるマンチカンの交配は難しく、デリケートな問題をはらんでいます。短足が優性遺伝子であることから、組み合わせを間違えるとネコちゃんの健康に重大な問題が発生する恐れがあるからです。まず、マンチカンは、

  • マンチカン同士
  • マンチカンとミックスのネコちゃん
  • で交配しなければならず、ほかの純血種(アメリカンショートヘアやスコティッシュホールドなど)との交配は遺伝病などの恐れがあるため、認められていません。また、マンチカンの短足同士での交配も子猫の健康上問題が生じる恐れがあるとされており、短足と長足の組み合わせが望ましいといわれています。もっとも、経験のあるブリーダーが、血統の良さをさらに引き出すため短足同士を組み合わせることもあります。できれば迎える前に血統書を見せてもらって、なぜこの母猫と父猫を組み合わせたのかを聞くようにしてください。マンチカンのブリーディングはとても難しいので、マンチカンを愛する方なら組み合わせにかなりのこだわりがあるはず。喜んで説明をしてくれるはずですし、納得いく説明をしてくれる方から迎えましょう。
    耳が折れているマンチカン(耳折れマンチカン)は、禁止されているスコティッシュホールド(純血種)が両親である可能性もあります。スコティッシュホールドのミックスとマンチカンの交配は認められているので、耳が折れているマンチカンの場合は、必ず親猫について聞くようにしてください。

    マンチカンはなぜ高い? お手頃な値段で迎えるための裏技

    マンチカンのブリーディングはとても難しいので、マンチカンの値段はほかのネコちゃんよりも高額な傾向にあります。短足にこだわると、値段は高くなりがちです。また、人気の毛色であるクリーム色やレッド&ホワイトにこだわると、かなり高くなります。
    そこで、お手頃価格でマンチカンを迎えたいオーナー様は、ちょっと足長タイプのネコちゃんを、色にこだわらずにお探しになるといいでしょう。短毛種と長毛種では、長毛種のほうがお値段が張る傾向にあるようです。

    マンチカンのスタンダードを知るにはTICAのキャットショーが一番!

    TICE Asia Region(http://www.tica-asiaregion.net/)の公式サイトの「キャットショー」には、全国で開催されているキャットショーのスケジュールが公開されています。近場で開催されていたら、ぜひ足を運んでみてください。
    会場では、そのショーにエントリーされたネコちゃんの一覧やデータ、キャッテリー(猫舎号)、広告などが掲載されたカタログ(目録)も販売しております。
    会場にはケージに入ったネコちゃんがずらりと並んでいます。キャットショーはドッグショーと違って、ハンドラーがリンクを歩かせる審査はありません。エントリーしているネコちゃんを、リングとなっているテーブルの上でジャッジ(審査員)が審査します。審査を待つネコちゃんのケージにはカバーがかけられています。つい、カバーを外してネコちゃんをのぞき見たり、触ったりしたくなってしまいますが、これは厳禁。また、ネコちゃんはキツい香りが苦手。香水などは付けていかないようにしましょう。ネコちゃんの写真を撮るときは、そばにいらっしゃる方などの許可を得てからにしてください。なお、審査員(ジャッジ)に「なぜ、あの猫が1位なのですか?」などと審査に関する質問をすることは禁止されています。
    歩かせる審査がない分、ドッグショーと比べると会場が狭いキャットショーは、室内で行われることもあってアットホームで和やかな雰囲気です。「猫好きの社交場」といった雰囲気で、ネコちゃんが好きな方なら楽しめること請け合いです。とても素敵なマンチカンを見つけたら、そばにいるオーナー様やキャッテリー(Q&Aで詳しく説明します)が忙しくなさそうなときを見計らって、マンチカンを家に迎えたい旨を相談してみてもいいでしょう。

    マンチカン専門ブリーダー選びQ&A

    090493

    Q1 キャッテリーとブリーダーは違う、と聞きました。どのように違うのでしょう?
    A ブリーダーとは「繁殖家」のことです。そして、猫のブリーダーのうち、TICA、もしくはCFAが正式に認定したお墨付きの猫繁殖家が「キャッテリー」です。TICAやCFAが開催するキャットショーに出陳しているブリーダーは、すべて「キャッテリー」ということになります。「マンチカン キャッテリー キャットショー」で検索すると、キャッテリーのキャットショー奮闘記などのブログを見つけることができます。非常に勉強になりますから、ぜひ読んでみてください。

    090493

    Q2  キャットショーで素敵なマンチカンを見つけました。そのままうちに迎えることはできますか?
    A. 「キャットショー」ではネコちゃんの販売を行っていません。オーナー様やキャッテリーに後日連絡をしていいかを相談するか、目録に書かれているキャッテリーでインターネットを検索してみてください。

    090493

    Q3キャッテリーにはどのように連絡を取ったらいいですか?
    A. 今はたいていのキャッテリーがホームページをもっているので、キャッテリーでインターネットを検索すればホームページがヒットします。後日「キャットショーでそちら様の~ちゃんが素晴らしいと思ったのですが、出産の予定などはありますか?」などと連絡を取ってみるといいでしょう。

    090493

    Q4 キャッテリーを訪れるときのマナーを教えてください。
    A. キャッテリーを見学するときは、かならず事前に予約をしてください。ホームページに住所が記載されているからといって突然訪れるのは、先方にとても迷惑な行為です。
    ホームページに電話番号が書かれているときも、早朝や深夜の電話は絶対に避けてください。午後2時くらいに、「キャッテリーを見学したいのですが、何時ごろならお電話をしてもいいですか?」と聞き、指定された時間にかけ直すのが無難でしょう。
    メールを出すときは、「サイトで紹介されている子猫についてお話を伺いたいのですが、何時くらいならお電話をしてもいいでしょうか」と書きます。先方がメールでのやり取りを希望された場合は、それに従ってください。
    指定された時間に遅れそうなときや、行けなくなってしまったときは必ず連絡をしましょう。

    090493

    Q5 キャッテリーにはどんな服装で行けばいいですか?
    A. たいていのネコちゃんは毛が抜けますから、毛だらけになってもいい服で行きましょう。また、ネコちゃんは香りにとても敏感。ほかの動物を飼っている方は、なるべくその匂いがついていない服を着て、香水なども避けましょう。破れやすいストッキングなども履いていかないほうが無難です。

    090493

    Q6 「いいキャッテリー」の見分け方を教えてください。
    A. ネコちゃんに対する愛情に溢れていて、「マンチカン」という猫種をこよなく愛し、繁殖の重要性について深く理解されている方なら間違いないでしょう。キャッテリーとは一生のお付き合いになることも多いので、「気が合う人、お友達になれそうな人」という視点で選んでもかまいません。そういう方に出会うことができたら、自分のライフスタイルや、マンチカンとどんな風に過ごしたいかなどを伝えて、どの子猫が合っているかを提案していただくのもいいでしょう。プロならではの目線で的確にアドバイスをしてくださるはずです。いい子猫と出会えたら、その日は予約のみをして、連れて帰るのは後日にしてください。お迎えに行くまでの間に、家庭内の環境を整えましょう。

    090493

    Q7 ネコちゃんを家に迎えるまでにしておくべきことを教えてください。
    A. 次に紹介する「必要なグッズ」を揃えて、家庭内の環境を整えてください。また、集合住宅にお住まいの方は管理規約などで、問題なくネコちゃんと暮らせるかを確認してください。近所の動物病院や、救急対応をしている動物病院の場所もチェックしておきましょう。また、ネコちゃんと暮らすときは、女の子の発情期や男の子のスプレー行為を防止するために不妊・去勢手術を行うのが無難です。初めてネコちゃんと暮らすときは、キャッテリーから信頼できる動物病院を紹介してもらい、そこで手術を行うようにするといいでしょう。

    マンチカンと暮らす前に必要なグッズを揃えよう!

  • キャットフードと食器、水飲み用の食器
  • キャッテリーに今与えているフードを聞き、同じ物をあげるようにしましょう

  • トイレとトイレ砂
  • 一般的にネコちゃんは腎臓病が多いので、トイレ砂はネコちゃんのオシッコの色がわかるものが無難です。白いネコ砂で、濡れても色が変わらないものにしましょう。

  • ベッド
  • 段ボールの中が大好きなネコちゃんも多いので、段ボールの中にタオルを敷いて手作りしてもかまいません。

  • クレート
  • キャッテリーから連れて帰るときに持って行きます。ネコちゃんは完全室内飼育ですが、動物病院に行くなどで外出するときは、逃亡防止のためクレートが必要です。

  • ネコちゃん用のおもちゃ
  • キャッテリーと相談して、お気に入りのおもちゃがあるときは同じものを揃えましょう。

  • ブラシ
  • 長毛種のネコちゃんには絶対に必要です。また、短毛のネコちゃんにも、スキンシップを兼ねてブラッシングをしてあげると抜け毛を減らせます。

  • 爪切り、爪とぎ器
  • 爪はまめに切ってあげると、ネコちゃんの家具での爪研ぎを防ぐことができます。また、爪研ぎ器も用意しておきましょう。

  • キャットタワー
  • ネコちゃんが家の中で問題なく運動できるように、高低差があるタワーを設置するといいでしょう。もっとも、ネコちゃんによってはキャットタワーにまるで興味を示さない子もいるので、キャッテリーと相談してから購入するといいでしょう。

    家具などの配置で注意することはありますか?

    6804087096a802a4fb421a71eff4948d_m

    逃亡事故を避けるため、ネコちゃんを育てるのは玄関から遠い部屋がベストです。引き戸はネコちゃんが簡単に開けられてしまうので、鍵がかけられる開き戸にしましょう。網戸は鍵がかけられるタイプでないと、夏にネコちゃんが網戸を開けてベランダなどから外に出てしまうことがあります。

    食器棚など、壊れる物が入っている棚はすべて扉をロックしたいもの。人間の赤ちゃんの事故防止のため、開き戸に取り付けてロックできる器具などが市販されています。こういったグッズを活用しましょう。

    ネコちゃんは思わぬ場所に飛び上がろうとして、落下して骨折することがあります。タンスなどの高い家具がある場合は、登りやすいよう隣に半分くらいの高さの家具を置くのがベストです。壁に棚板を取り付けてもいいでしょう。登りたがるネコちゃんは、叱っても必ず登ります。まずは、怪我の防止を第一に考えましょう。また、タンスや棚などの上に壊れやすい物を置かないでください。必ず落とされます。

    ほとんどの子猫はカーテンにじゃれて登ります。高価なカーテンを使っている場合は、ネコちゃんが落ち着くまで安価な物に交換するといいでしょう。

    ネコちゃんのベッドは、静かで薄暗く、温かくて直射日光が当たらない場所がオススメ。ネコちゃんが落ち着けるようにしてください。また、そばにトイレを置くといいでしょう。

    ネコちゃんがお風呂に落ちて溺れる事故を避けるため、お風呂のフタは重いものにして、お風呂場へのドアはいつもピッタリと閉めてください。できれば毎日お湯を抜いて、不慮の事故を避けたいものです。

    DVC00844.JPG

    最後に……

    ユーモラスなスタイルで、活発で愛らしいマンチカンはきっとオーナー様の一生の友となるでしょう。まん丸の目でのぞき込まれたら、日々の疲れも忘れてしまいます。ぜひ、マンチカンとの暮らしを楽しんでください。この記事が少しでもご参考になれば幸いです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    石原美紀子

    石原美紀子

    青山学院大学卒業後、出版社勤務を経て独立。犬の訓練をドッグトレーニングサロンで学びながら、愛玩動物飼養管理士1級、ペット栄養管理士の資格を取得。著書に「ドッグ・セレクションベスト200」、「室内犬の気持ちがわかる本」(ともに日本文芸社)、「犬からの素敵な贈りもの」(出版社:インフォレスト) など。愛犬はトイ・プードルとオーストラリアン・ラブラドゥードル。

    関連するキーワード


    記事に関するお問い合わせはこちら