猫と人間の赤ちゃんは一緒に暮らせます!

2016.05.22

猫と人間の赤ちゃんは一緒に暮らせます!

猫と人間の赤ちゃんは同居できるのでしょうか。猫は、妊婦さんや生まれてくる赤ちゃんに何か悪影響がないでしょうか?正しく知っていれば、猫と人間の赤ちゃんは一緒に暮らせます。

focebookシャアツイート

p-nekoaka03 (1)

猫と赤ちゃんが暮らす時に、気をつけておくことをお話しします。

猫がいると、赤ちゃんが何か病気にならないか、猫が赤ちゃんを攻撃しないか、そして猫が赤ちゃんにいじめられないか?といった事が気になりますね。


猫と病気の予防について

病気は、しっかりと予防をしていれば、猫は赤ちゃんと暮らしても大丈夫です。
人獣共通感染症といって、猫から人間にうつる病気がありますが、これは赤ちゃんだけに限らず、一緒に暮らしている人間共通で予防することです。
猫を触ったあとは手を洗う、猫トイレはすぐに片付ける、猫とキスをしないようにする、猫を外に出さない、寄生虫の予防をする、などに気をつけましょう。

– トキソプラズマ感染症について –

妊娠中に、猫と暮らすのはよくない、という話題を聞いたことがある方も多いでしょう。それには、トキソプラズマ感染症というものが問題になります。


トキソプラズマとは?

トキソプラズマとは、寄生虫の一種で、その中でも最も小さい原虫(胞子虫類)です。
哺乳類、鳥類すべてに感染すると言われています。猫が感染しても、あまり症状が強く出ないことが多く、症状が出ても気づかないうちに直っていることがほとんどです。人間が感染しても症状がほとんど無いことも多いのですが、免疫力が下がっている人には、重い症状が出ることもあります。

nekoaka02 (1)

それでは妊婦さんはどうでしょうか?妊娠中にトキソプラズマに初めて感染すると、胎児に重篤な障害などを起こす可能性があります。
成人の20%から60%は、すでにトキソプラズマに感染したことがあるといわれていて、健康な人であれば、健康上の驚異にはなりません。妊婦の感染でも、胎児に影響が出る可能性があるのは「初めて」感染した場合です。
とはいえ、妊娠すると小さな事でも気になりますね。気になる場合は、まず、トキソプラズマの抗体検査を受けてください。
妊娠の6ヶ月以上前、にトキソプラズマ感染症にかかっていれば問題ありません。これは免疫機構で増殖が抑えられているからで、つまりトキソプラズマに対する抗体ができているためです。

トキソプラズマは、猫の糞からだけでなくて、生の豚肉や、ハエやゴキブリ、また土などからの感染する機会が多いのです。猫だけが悪者なのではありません。肉類はよく加熱して、虫は駆除したりして、土いじりをする時は手袋をしてその後綺麗に手を洗う、など気をつけましょう。

猫の便は直接触らないように、手袋をつけるなどして早めに片付け、その後しっかり手を洗えば大丈夫という事です。妊婦さんは特に、猫と触れ合った後で何かを食べる時には必ず手を洗い、猫の口に自分の口をつけない、ということに気をつけましょう。


猫と赤ちゃんの暮らし方

nekoaka03 (1)

これから赤ちゃんを迎えるという場合、先に、環境を整えておきましょう。猫は環境が突然変化するのを特に嫌います。ベビーベッドなどを先に置く、猫が入れない部屋をつくる予定であれば先にそうしておく、猫が入るケージを置いておく、などです。

赤ちゃんが来たら、猫がとびかかったりしないように気をつけて会わせましょう。猫を無視したり、邪険に扱ったりしないようにしましょうね。

普段は、猫と赤ちゃんだけになることがないように気をつけましょう。赤ちゃんが過ごす場所や部屋は、赤ちゃんの縄張りだと猫に認識させましょう。

p-nekoaka01 (1)

また、赤ちゃんの相手をしている時に猫を遠ざけてばかりだと、よくありません。赤ちゃんがいる空間でも、猫を撫でたり声をかけたりするなど、猫をかまってあげましょう。猫にとって赤ちゃんは敵でもなく、こわがる対象でもないということを、態度で教えてあげることが大切です。
ただ、赤ちゃんは育ってくると、猫を無理やり抱っこしたり、ぎゅっと掴んだりするかもしれません。猫が赤ちゃんから離れて隠れたり、落ち着いたりできるような場所も、確保してあげましょう。

赤ちゃんが眠ったり、食事をしたりする時など、猫と赤ちゃんを隔離する必要がある時も出てきます。部屋でもケージに入れる時でも、猫にとって狭すぎず、トイレや餌場もちゃんとある、快適な場所にしてあげてください。
普段猫を飼う時と同様、日々、きちんと掃除をして、部屋を清潔に保ち、ブラッシングなどの猫の手入れもこまめに行いましょう。

猫と赤ちゃん、どちらにも気を使い、それぞれを大切にしていってください。猫と赤ちゃん、一緒に暮らして育っていけば、きっとよい友達になってくれることでしょう。

p-nekoaka02 (1)

focebookシャアツイート

– おすすめ記事 –

・猫と人間の赤ちゃんを仲良く育てる方法とは?
・猫ちゃんとの話し方
・先住猫と後輩猫の仲良しトレーニング
・健康診断はなぜ大事?猫が「いつも通り」の生活を送るためのヒント

 ワクチンを打とう!~ネコちゃんを病気から守ってくれる心強い味方~


 ひとり暮らしでも猫を飼える?猫を飼いたい人の質問5つにズバット回答!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら