愛猫を守ろう!見直し防災対策

2016.05.26

愛猫を守ろう!見直し防災対策

昨今、防災の備えは当たり前になりましたが、都度見直してみると抜けも多いのが防災対策。 防災グッズは揃えてるし、猫餌の準備も完璧!と自信満々なあなた! ちょっと待ってください・・・本当にそれで大丈夫? いざという時、愛猫を守ることができるか・・・ いま一度、災害に備え何を準備すべきか、猫と防災について再確認してみましょう。

focebookシャアツイート

災害が起きる前に確認すべきこと

bousai1

防災マップなどでわかっているつもりの指定避難所。大体の場所は見当がつくものの、自宅から避難所までの正確なルートや、入口がどの通りに面しているか、ペット同行が可能な避難所なのか等、正確に把握していない人も多いのでは?場所を確認し、自宅・学校・職場からのルートをいくつか探して実際に歩いてみましょう。また、飼い主と同じスペースで過ごせるのか、神経質な猫にとって気になるところ。こちらも確認しておくと安心です。

では、避難所が猫の受け入れ不可の場合はどうしたらいいでしょうか?車中泊?またはテント泊は可能でしょうか?被災後、避難所に避難しないケースの確認をしておきましょう。

bousai3

自分の身に何かあったときのために、猫を預けられる人、施設などを探しておくことも飼い主の大切な責任です。預かってくれる家族や知人がいる場合、その連絡先と連絡手段を再確認しておきましょう。ペットホテルなどもリストアップしておくと安心です。また、かかりつけの動物病院が被災する可能性もあります。いざという時のために、近隣で複数の動物病院をチェックしておきましょう。


災害が起きる前に準備すべきもの

bousai5

災害発生時、猫と一緒にいられるとは限りません。留守中の安全のために、自宅の耐震強化や家具の転倒防止、窓ガラスの飛散防止など自分でできる自宅の防災対策を行いましょう。また、部屋に閉じ込められてしまったときのために、猫がよく居る部屋には飲み水を必ず置いておきましょう。

キャリーバッグには簡単に折りたため、簡易ケージとして利用できるものもあります。これらは普段から部屋に置き使用することで慣れさせることができます。忘れがちなのがリードやハーネス。災害時は人間同様に猫も怯え混乱しています。お世話しようとキャリーを開けたら飛び出し逃げてしまった・・・なんてことにならないよう、リードやハーネスを忘れずに。

大事な水とフードは3~5日分程度用意しましょう。フードは小分けされたパックならお皿要らずで便利です。ペットシート、猫砂なども3~5日分程度用意したいところです。足りなくなったら新聞紙や雑誌を裂いたものを利用したり臨機応変に。トイレグッズと一緒に、消臭スプレーや除菌グッズも用意しましょう。汚物入れには厚手のビニールを利用し臭い漏れに気をつけて。
また、ストレスの多い災害時は猫も体調を崩しがち。常備薬・治療記録・ワクチン接種証明書などは必ず用意しておきましょう。虫除けでノミ・ダニ対策も忘れずに。トリミング用品、お気に入りのおもちゃなどがあると猫の気分転換に役立ちます。

そして、考えたくはありませんが猫と離れ離れになった時のために・・・
・迷子札、マイクロチップを装着しておく
・愛猫の写真数枚(迷子ポスター用にプリントしたもの)を常に携帯しておく
・近所の猫好きさんと仲良くなっておく
・平時から猫の健康管理に気をつけ、人慣れさせておく


被災してしまったら

bousai4

自分の身に何かあったら猫を守ることができません。まずは危険な場所から一刻も早く離れ、安全な場所に「一緒に」逃げましょう。同行避難は猫にとってストレスがかかるからと連れ出すのをためらう方もいるかもしれません。しかし、災害時は何が起こるか予測できません。環境省もペットの同行避難を推奨しています。自宅に留まれない場合は一緒に避難しましょう。
また、避難所には体調のすぐれない人、動物の嫌いな人、動物アレルギーの人もいます。周囲に配慮し行動しましょう。


落ちついて行動できるように

災害時のペット対策について、ガイドラインやパンフレットなどを作成している自治体もあります。各自治体の環境課やホームページなどで確認してみるとよいでしょう。また、最近では防災と動物に関するセミナーやイベントが各地で開催されています。防災のための備えを学び、日頃からイメージトレーニングをしておきましょう。

bousai6

東日本大震災の記憶がまだ新しいなか起きた先日の熊本地震。
日本で暮らす以上、常に自然災害と向き合う覚悟でいなければと改めて痛感しました。過去の災害で得た教訓を無駄にしないためにも、私たち飼い主は平常時によく考え、準備しておくことが大切です。

focebookシャアツイート

– おすすめ記事 –

・迷子の猫の探し方
・猫ちゃんと災害
・迷子の猫の探し方
・ネコちゃんがクレートに入ってくれるようにしつけるには?


 猫がいて、引越しをするのだけれど、どんな準備をしたら良いの?



 準備してますか?熱中症対策


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら