猫舌ってホント?熱さを感じるのは「舌」ではない!

2016.05.28

猫舌ってホント?熱さを感じるのは「舌」ではない!

熱いものが苦手な人のことを「猫舌」とよく表現します。一般的にもしょっちゅう使う言葉ですが、この言葉に使われている猫ちゃんが実際に「猫舌なのか?」という点には疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。 今回は猫が本当に猫舌なのか?という「猫の舌」の秘密についてお話していきたいと思います。

focebookシャア
ツイート

そもそも「猫舌」というのは正しいの?

5bce3f196c15bb7124b682c36636bd6e_s

「私は猫舌で・・・」と話す人は熱いものが苦手ですよね。熱々のおでんやラーメンを冷まさずに頬張る人を見て羨ましくなった経験もあるかもしれません。でも実は、そんなことが出来るのは人間だけなのです。

そもそも、食べ物を加熱して食べようとするのが人間だけであるため、他の動物は温かいものを食べるのに慣れていません。

ですから、猫が「猫舌なのか」ということに関しては「猫舌」であるのは正解と言えるでしょう。野生で生きていた猫は獲物を食べる時には、捕獲した状態そのままで食べますよね。加熱調理して食べることはあり得ません。

つまり、どの動物も猫舌と言えるので、現在、私達が何気なく使っている「猫舌」という単語がもしかしたら「犬舌」や「鳥舌」という単語になっていてもおかしくはなかったかもしれないのです。

「猫舌」という単語が出来上がったのは、猫が人間と古くから一緒にいることが多かったからと言われています。古い時代から人間とのかかわりが深かったので、猫が温かいものを食べて熱がる瞬間を見る機会があったからと言えます。


それなら猫の舌はどんな役割を持っているの?

cat-196475_640

猫の舌は熱いものが苦手な猫舌であると分かりましたが、どんな役割を持っているのでしょうか。猫の舌は人間の舌と比べるとざらざらしています。猫を飼っている人なら経験したことがあるかもしれませんが、長い時間なめられていると、少し痛くなったりすることもあります。このざらざらには、とても大きな役割が備わっているのです。

–フォークやスプーンの働き–

野生の猫が獲物を捕まえて食べるとき、そのままの状態で獲物を食べます。しかし、どうしても骨の部分に肉が残ってしまいます。そんなときは、獲物の肉を骨からスプーン代わりの舌でそぎ落としているのです。

–ブラッシング機能–

猫の舌のざらざらには、肉を落とすだけでなく、抜け毛やほこりを取り除いたりする役割もあります。猫は毛づくろいが大好きですよね。実は、猫の舌はざらざらした突起状になっています。この突起が、まるでブラシのような構造になっています。自分で体についたホコリや汚れ、抜け毛を「舌のブラシ」で取り除いているので、毛づくろい時の必須アイテムになっているのです。

–ひしゃく的な役割–

猫が水を飲む時には、舌を上手に使ってこぼさずに飲んでいます。犬と比較すると水を飲む時には「びちゃびちゃ」という音をしません。静かに優雅に水を飲んでいる感じがしませんか。実は、これは猫の舌の構造に秘密があります。

猫の舌にある突起に、水がひっかかってまるでひしゃくのように口の中にスムーズに入っていくのです。

–肝心の味覚はどうなっているの?–

私たち人間の舌は、「甘い」「すっぱい」「しょっぱい」「辛い」「苦い」など食べ物の味を細やかに判断できます。

一方、猫ですがなかなかグルメな動物だと言われています。ただ、こう言われる所以は猫の鼻の良さと関係しているのです。そのため、実際に口に入れた時に舌で感じる味覚としては、「苦い」「すっぱい」「しょっぱい」の3つの味だけだと言われています。

その中でも特に苦味にはとても敏感です。また「酸」に対する感度も高く、すっぱいと感じることも多いようです。一方、しょっぱさには鈍感言われています。

また人間との味覚で最も違うのが、猫は甘さを感じないということです。犬は甘さを感じる動物ですが、猫は甘味を感じることができません。なんだか見た目からは甘いものが好きそうに見えますが、人(?)は見かけによらないということですね。


実は猫が熱さを感じるのは舌ではない!

cat-230161_640

実は猫が熱さを感じているのは舌ではないと言われています。じゃあどこで熱を感じているのでしょうか。

実は、猫が熱さを感じているのは「鼻」なのです。

私たち人間もそうですが、鼻って匂いを感じ取るだけのように思えます。しかし、鼻はとても重要で、鼻をつまみながら食べ物を食べると味覚が薄くなったような気がしたり、体調が悪いときに鼻水などでサインを出してくれたり、と意外と重要な部分なんですよね。

そして、そんな重要な部分である鼻で、猫は出入りする空気の温度から熱さを感じ取っているのです。猫の鼻には食べ物の温度が計測できる働きが備わっているため、鼻で瞬時に「熱い」と感じることができるのです。

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・猫の歯周病率80%!歯磨き嫌いな猫ちゃんのための歯磨きのやり方と代替法
・猫の肉球の秘密に迫る!〜魅惑の肉球〜
・猫の歴史~神様?悪魔の化身??~
・猫は美食家!?


 海を渡った日本猫の食事情



 猫の味覚の不思議〜猫はグルメ?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら