猫ちゃん好きな方必見!一度は行っておくべき世界の猫スポットとは?

2016.06.07

猫ちゃん好きな方必見!一度は行っておくべき世界の猫スポットとは?

猫を飼っている方、猫好きな方は、周りにも猫を愛する人がたくさんいると知っているのではないでしょうか。猫好き同士で情報交換して、同じ猫でもずいぶん違うんだなぁーと思う事も多いのでは?猫はきまぐれな生き物だと言われますが、きまぐれだけでは説明出来ない、いろんな性格や癖を持っていますよね。  猫にメロメロになって、時には猫のわがままに付き合う下僕になってしまう…そんな方も多いかもしれません。ここ数年を見ても、猫の飼育数は急増していて、猫がたくさんの人にとって身近な存在になった事がわかります。猫好きは日本国内だけではなく、海外でもたくさんいます。 今回は、猫を愛してやまない方必見の、世界の猫スポットについてご紹介します!

focebookシャア
ツイート

世界の人気猫スポットランキング

 アメリカの有名テレビ局のCNNが、以前、猫好きのための「6大猫スポット」を紹介したそうです。CNNに選ばれたのは、次のような場所です。

1.アメリカ、フロリダ州、ヘミングウェイ博物館
2.イタリア、ローマ、アルジェンティーナ広場
3.トルコ、カルカン
4.台湾、侯硐
5.日本、宮城県、田代島
6.日本、福岡県、相島

 なんと、日本が2か所も選ばれているんですね!世界の中でも日本は、猫を愛する方々が猫を大事にしていると世界に誇れるスポットなのかもしれません。
 有名な旅行会社、エイチ・アイ・エスが日本人観光客に向けて実施したアンケートでは、猫好きスポットランキングは次のようになっています。

1.イタリア、マルタ共和国
2.モロッコ、シャウエン
3.クロアチア、ドブロニロク
4.ギリシア、ミコノス島
5.トルコ、エフェソス遺跡
6.台湾、侯硐
7.イタリア、ローマ、アルジェンティーナ広場
8.インドネシア、バリ島
9.アメリカ、フロリダ州、ヘミングウェイ博物館
10.スペイン、フォルメンテーラ島

 アメリカで選ばれた場所と、旅行会社を通じて世界を旅した人がオススメの場所は、すべて重複している訳ではないんですね!今回は、世界の中でも人気の猫スポットで、比較的訪れやすいベスト5を選んでみました。猫好きな方が観光で海外を考える際には、参考にしてみてくださいね。

cat02 (4)
出典:Cat Mandoo too/eva101

猫スポットベスト5!

–1.台湾、侯硐–

cat03 (4)
出典:台湾また行き台湾/hydlide

 なんと言っても、日本から近い猫スポットと言えばここ!成田空港からのフライト時間が4時間程、時差は1時間です。侯硐村は台湾の首都、台北からバスで40分ほどの場所です。台北を含むツアーに出かける時には、フリータイムがあれば行って帰ってこれる距離にあります。
 わたしは台北に行った事があるのですが、野良猫の多さにビックリしました。台湾の中でも、侯硐は人懐こい猫に出会える人気スポットだそうです。猫グッズもたくさん販売されているので、猫好きな方が旅行した時にお土産の猫グッズもたくさん買えるのではないでしょうか。

–2.イタリア、ローマ、アルジェンティーナ広場–

cat04 (4)
出典:#BuenosAires #Argentina #southamerica #architecture #square/vl04

 共和制ローマ時代の由緒ある遺跡です。猫パラダイスと呼ばれる事も!実は捨て猫の保護センターになっているそうです。
 旅行した時には野良猫に会えるのはもちろん、上手くいけば猫をさわったり話しかけたり、海外の猫とコミュニケーションを取れる可能性があるでしょう。オシャレなイタリアのカフェで一息つきながら、イタリアの猫と触れ合ってみてはいかがでしょうか。

–3.アメリカ、フロリダ州、ヘミングウェイ博物館–

cat05 (1)
出典:Ruelle dans Ronda, Espagne – Small road in Ronda (Spain) – Image Picture Photography/SuperCar-RoadTrip.fr

 フロリダ州の最南端、キーウェストにヘミングウェイが執筆活動をした家があるそうです。現在は博物館として、一般に公開されています。ヘミングウェイの代表作とも言える、「海と老人」はここで執筆されたと言われています。
 実は猫好きな作家、ヘミングウェイ。知り合いの船の船長から6本指の猫を譲り受け、珍しく貴重な存在として愛していたそうです。現在暮らしている50匹の猫のうち、半分はヘミングウェイの愛した猫の遺伝で6本指だとか。文学に興味のある方は、世界の文学にふれる旅をするついでに、行ってみてはいかがでしょうか。

–4.インドネシア、バリ島–

cat06 (1)
出典:Ubud: Yeh pulu/Aiko Konishi

 海外旅行の中でも超人気スポットでもあります。フライト時間は7時間程ですが、時差は約2時間。短期間の休みで訪れても、時差ボケで不快感を覚える事が少ない場所と言えるかもしれません。
 バリ島はヒンドゥー教徒が90%。チャナンという神へのお供えをする習慣があるので、猫はそのおこぼれに預かって、特に餌をもらわなくても生きていけるそうです。猫を車で轢いてしまった場合、ちゃんと浄化のためのお供えをする、猫を大事にしている人々が暮らしている国です。
 「バリ猫」と呼ばれる猫の木彫り人形がとても有名で、お土産として喜ばれています。

–5.日本、福岡県、相島–

21439117431_3e4ff59e02_z
出典:相島 Ainoshima, Fukuoka/PROToomore Chiang

 世界からも評価される、国内の猫スポット。福岡県の新宮町、沖合い8キロの場所に位置する相島は「猫の島」と呼ばれているそうです。米CNNが「猫の6大スポット」として取り上げた事で、一気に有名に。町起こしとして、猫の缶バッジも販売されているそうです。
 島民284人に対し、猫が約100匹!猫のいる風景は島の人々にとっては日常になっているようです。猫スポットとして紹介された事で、観光客のマナー違反も目立ってきているそうです。旅行する際には、ごみや餌をまき散らさないように注意が必要でしょう。

<参照サイト>
http://nekotp.com/9222
https://retrip.jp/articles/1635/
http://dot.asahi.com/photos/photogallery/archives/12818/
http://petomorrow.jp/news_cat/13597

http://tokuhain.arukikata.co.jp/bali/2013/03/post_812.html
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/236893

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・海外では大人気!猫のイベントをご紹介♪
・スコットランドの各蒸留所に猫がいる理由!
・スーパーの店主?海外で話題の人気猫!マンゴーさんの話
・ねずみ取り名人!英国政府勤務の猫達とは・・・


 坂と猫と路地と福石猫、尾道に隠れねこを探すの巻 #1



 猫ちゃん好きな方必見!一度は行っておくべき世界の猫スポット「バリ島編」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
saya

saya

18歳の猫を亡くし、1年間ペットロスに陥りましたが、またいつの間にか二匹の猫に囲まれて暮らしています。いつも飼い主をストーカーする甘えん坊のスコティッシュフォールドと、野良上がりでちっとも触らせてくれないツンデレの子に、安眠妨害をされながらも楽しい毎日を送っています。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら