ネコ好きにはたまらない!今流行りの猫ちゃんと暮らせるシェアハウスとは!?

2016.06.11

ネコ好きにはたまらない!今流行りの猫ちゃんと暮らせるシェアハウスとは!?

 猫と一緒に暮らせるシェアハウスというのを聞いた事があるでしょうか?猫好きな皆さんの多くは、猫を自宅で飼っていますが、家にいる時間が少ない、高齢で世話出来ないなどの理由で猫を飼えないという方もたくさんいます。猫好きなので事情があって猫を飼えない…そんな方のために生まれたのが、猫と暮らせるシェアハウスです。  猫を飼いたいけど飼えない方、不動産経営で困っている猫を助けたい大家さん、保護した猫がハッピーになれるように願っている保護団体、三者にメリットがある最新のシステムです。猫好きだけど飼えないで悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください!猫と一緒に暮らせるチャンスかもしれません。

focebookシャア
ツイート

猫と暮らせるシェアハウスとは?

cat02

 一人暮らしで仕事が忙しく、猫の世話が出来ないという理由で、猫が好きでも飼えない方も多いのではないでしょうか。でも、一緒に暮らしている人が自分がいない時に猫のお世話をしてくれれば、自分がケア出来ない時があっても、猫を飼う事が出来るでしょう。もちろん、自分がどこかで見つけて気に入った子猫を、一生面倒を見る事は無理ですよね。飼われていたのに捨てられてしまった猫を、他の人と一緒に世話できる、そんな環境がシェアハウスとして生まれました。
 様々な理由で、飼い猫から野良猫になってしまう猫がたくさんいます。ほとんどの場合、飼い主さんが高齢になったため、多頭飼いが大変になったため…いろいろな事情などの理由で、元の飼い主さんに捨てられてしまった猫たちです。猫の保護団体は居場所がなくなってしまった猫たちが、安心して暮らせる場所を探しています。猫シェアハウスは、捨てられてしまった可愛そうな猫を保護して、里親さんが見つかるまで置いている場所です。猫つきの家として住人を募集していて、複数の猫と複数の人間が一緒に暮らす場所で、猫を飼う事が出来ます。
 もし猫の里親が見つかった場合、猫はシェアハウスを卒業していきます。一匹の猫が卒業すると、また新しい行先のない猫が来るという仕組みになっています。

猫シェアハウスのメリット

cat03

 現在、猫と一緒に暮らせるシェアハウスの住人を募集すると、猫好きから応募が殺到するそうです。猫を飼いたいけど飼えなかった方は、毎日猫に癒されて暮らす事が出来ますね。
 猫シェアハウスの良い点は、猫の世話をするのが自分だけではないという所でしょう。猫のトイレの砂が汚れていたり、餌や水がなくなっていても、他の住人が気づいてくれる可能性が高いかも。他の住人がいない時は、自分が猫の世話をする事が必要です。
 猫を飼った経験がない方が多くても、人間の数が多ければ色々気づく事も多いかもしれません。猫は神経質な生き物ですが、猫の体調が悪かったりした場合、一緒に暮らしている住人から話を聞く事も出来るでしょう。一人暮らししか出来ないというタイプの方には不向きかもしれませんが、どうしても猫を飼いたいという猫好きの要望に応えてくれます。猫が可愛くて仕方ないと思うと、自然と世話をする時間も増えるのではないでしょうか。

猫シェアハウスデメリット

7th June 2002 at Home

 猫がいるシェアハウスで悪い点は、猫が捨てられた猫だったため、しつけが難しいという点でしょう。保護団体に拾われてきた猫は、一度は捨てられてしまった経緯を持っています。時には、自分の部屋でおしっこをしたり、家具を傷つけたりしてしまうかもしれません。
 また、好きな時に餌や水をやれるという訳ではなく、餌やりの時間は決まっている事が多いそうです。猫を飼育するにあたり、住人同士での意見の相違もあるかもしれません。でも、猫の保護団体は、猫を新しい環境に適応させて、新しいルールを覚えさせたいと考えています。居場所をなくした猫たちが、次の飼い主のもとで幸せに暮らすためには、しょうがないと言えるでしょう。
 現在、一年間で32万匹の犬や猫が保護団体に保護されていて、殺処分にあってしまうのは28万匹にもなるそうです。保護団体が捨て猫を保護しようとしても、既に保護されている猫がたくさんいて、新たに受け入れるのが難しい状況になっています。保護されている猫たちが里親さんのもとに旅立っていけば、空いた枠でまた新たに猫たちを保護する事ができます。猫シェアハウスで暮らす事は、猫と暮らす幸せを満喫出来るとともに、社会貢献出来るチャンスです。
 猫シェアハウスのゴールは、気に入った猫を一緒に連れて退去する事のようです。猫シェアハウスで暮らしてみて、改めて猫の可愛さを味わった方は、環境を整えて猫を迎え入れる気持ちになるかもしれません。猫と一緒に暮らした経験がなく、無理だと思っている方にとっては、猫と一緒に暮らす方法を学べるいい機会なのではないでしょうか。

<参照サイト>
http://suumo.jp/journal/2014/11/19/73213/
https://colish.net/concepts/448
http://www.tokyocatguardian.org/news/news110306.html

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・独身女性の伴侶動物にはネコちゃんがオススメです~後編~
・猫と初めての生活
・ビギナー飼い主必見の猫トリビアが満載!猫と暮らした気持ちなる映画!?『猫なんかよんでもこない』
・ひとり暮らしで猫を飼うときに知っておきたいポイント3つ


 1人+2匹暮らし開始☆にゃんたろうくんとジジちゃんとの愉快な生活☆第30話



 将来も安心!猫と暮らせる老人ホームとは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
saya

saya

18歳の猫を亡くし、1年間ペットロスに陥りましたが、またいつの間にか二匹の猫に囲まれて暮らしています。いつも飼い主をストーカーする甘えん坊のスコティッシュフォールドと、野良上がりでちっとも触らせてくれないツンデレの子に、安眠妨害をされながらも楽しい毎日を送っています。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら