旅行中、猫に快適に留守番してもらうために!

2016.06.11

旅行中、猫に快適に留守番してもらうために!

旅行に行くときには、猫に留守番させるという方もいらっしゃるでしょう。猫は留守番している間何をしているのでしょうか?旅行中の猫の留守番についてお話しします。

focebookシャア
ツイート

rusu02p

猫の留守番、普段の外出ならばともかく、長時間家を開ける事になる旅行中には、とても気になりますよね。旅行中、猫に留守番してもらうには、どのようにしていったら良いのでしょうか。

猫はもともと単独生活をしてきたので、大人の猫であれば留守番をすることは苦にはならないと言われます。それでも、子猫だったり、とても飼い主に甘える寂しがり屋だったり、飼い主がいないことに不安を覚えるような性格の猫であれば、旅行中などの長時間の留守番させることには問題があります。

よく言われている期間としては、一泊二日ほどであれば、猫の気持ちの面でも、餌やトイレなど環境の面でも可能だろうと言われています。

餌は、ウェットフードだと変質しやすいので、傷みにくいドライフードを置いておくのが良いでしょう。
置き餌をしていくことになると、量がどうしても多めになります。猫にとっては人間が旅行中だとはわかりませんので、食べる量を自分では調節しません。猫用の自動給餌器がありますので、それを利用するのも良いでしょう。お皿に置く場合は、複数に分けて置いておきます。

トイレ

猫は、一般的には1日3回ほどおしっこをし、1日1回は便をします。猫はきれい好きなので、トイレが汚れていると、そこでは排泄をしなくなる可能性があります。1日約3回のおしっこと1回の便をするのに十分なトイレとなると、複数のトイレを置いておく必要がありますね。
予備トイレを購入しておくか、またはダンボールで簡易トイレを作るという方法もあります。ダンボールに砂を入れる前に、下にペットシーツを敷いておくのがポイントです。

十分な量の水を飲めるようにしておきましょう。こちらも複数置いておくことが大切です。猫が遊んでいて水入れを倒してしまったり、置いてある水を飲みきってしまったりする可能性があるからです。

飲み水は大切ですが、お風呂や洗面所などのたくさん水が溜まるところの水は、溺れてしまったりしないように抜いておきましょう。

環境

rusu06

退屈をしないように、工夫をしておいてあげましょう。おもちゃを置いておく、カーテンを開けた場所を作って外が見えるようにしておく、などです。注意することは、飲み込みそうな小さなおもちゃは置いておかない、カーテンを開けない部屋(場所)も作って安心できるようにする、という事です。
他にも、部屋にある危険なものは片付けておきます。小物などは飲み込まないように片付け、危険なものも棚などの中に仕舞いましょう。高いところにあって落ちそうなものも、下ろすか、片付けておくほうが無難です。

密閉された空間で、熱中症にならないように、エアコンをタイマーでつけておくと良いでしょう。網戸の状態で出かけるのは、旅行中の防犯が気になりますので、二重になったりしていない限りは、閉めて出かけるほうが良いでしょう。
部屋を行き来できる場合、部屋と部屋のドアが開き戸であれば、猫が自分で閉めて閉じ込められたりしないように、ストッパーをしておきましょう。

寒い時期の場合は、毛布や猫用ベッドを置き、自分で暖まれるようにしておいてあげましょう。こたつや暖房器具をつけていくのはやはり危険ですので、安全のためには使用しないほうが良いでしょう。


長期間の旅行中の留守番は?

rusu03

飼い主の判断にはなりますが、単独での留守番は一泊二日、人によっては二泊三日という意見もあります。
それ以上の長期間の旅行中で、猫が留守番する場合は、いくつかの方法があります。

–ペットシッターを頼む–

一番良いのは、家に入っても安心な家族や、友人です。飼い主だけでなく、猫も安心できる人間が世話をしてくれるほうが良いでしょう。してもらうことは、水と餌の交換、補充、トイレの掃除です。家族や友人に頼めない場合は、信頼できるペットシッターさんに頼みましょう。猫は家に着くとも言われて、自分のなわばりを大切にします。飼い主の旅行中でも、自分の家で留守番できるほうが猫にとっても良いでしょう。

–ペットホテルに預ける–

rusu01p

ペットショップや動物病院など、信頼出来るペットホテルに預けるという方法もあります。単独で留守番させて何かあったら不安、という人には安心できるでしょう。餌が食べられて、安全に眠ることができれば良いのですが、猫の性格によっては強いストレスを与えることになることもあります。

旅行中の猫のお留守番、人間も猫も安心して過ごしたいですよね。人間にとってはよくても、猫にとっても良いとは限りません。猫が快適に留守番できる準備をしてから出かけましょう。

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・子猫の外出とお留守番
・猫を飼う時、猫が喜ぶ室内環境の工夫とは!
・猫と一緒にお引っ越し
・一人暮らしだけどこれから猫を飼いたい!という時に、気をつける点についてお話


 「淋しくなんかないよ」~猫、お留守番について語る~



 猫好きオーナーが作った猫による猫のためのキャットホテル「キャッツカートン」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら