クリッカートレーニング〜猫ちゃんとの信頼関係を築こう

2016.07.09

クリッカートレーニング〜猫ちゃんとの信頼関係を築こう

こんにちは、そらにゃんです。 クリッカートレーニングをご存知ですか?聞いたことがある方、すでにクリッカーを使って実践されている方もいらっしゃるはず。 猫は気まぐれで自由に生きる動物なので、私たち人間の言うことを理解しても素直に聞いてくれることは少ないと思います。クリッカーはそんな自由奔放な猫ちゃんにこちらの気持ちをうまく伝えることができるようにするためのアイテムなのです。 今回は猫のクリッカートレーニングについてまとめてみました。

focebookシャア
ツイート

クリッカーって何?

クリッカーという道具をご存知ですか?
クリッカーとは、カチリというクリック音を出す道具のことを言い、この音を利用してペットを「褒めてしつける」のがクリッカートレーニング。

クリッカートレーニングは特別な訓練ではなく、猫ちゃんに何かを覚えて欲しい時、「よくできたね」「偉いね」とカチリと音を出してこちらの気持ちを確実に伝える方法です。

101112

私たち人間が猫ちゃんを褒める時、例えば「よしっ!」という言葉を使っても、毎日毎回同じトーンで発音できるわけではありません。聴覚が優れている猫ちゃんにとって、そんなバラバラの発声の「よしっ!」はただの話し声であって、「褒めてもらえて嬉しい」という気持ちが生まれません。
けれど、クリッカーを使って褒め言葉と同時にカチリと音を鳴らしていれば、飼い主さんの感情や体調に左右されないその音は、猫ちゃんにとって「褒めてもらった時の音」と認識されるのです。

クリッカーの価格は色々ですが、500円程度で入手できるものが多くあります。音は無機質なものであればいいのですが、強弱が一定していることが大切。

●おすすめ商品

クリッカー

16ページの「ほめるしつけ」日本語マニュアル付き。効果的に「ほめるしつけ」ができます。

購入



トレーニング方法

上でも述べましたが、クリッカートレーニングは特別な訓練ではありません。猫ちゃんに「クリック音=褒められた」と認識してもらい、この音がする時は自分が正しいことをした時、と猫ちゃんに思ってもらうためのトレーニングです。

–1.クリック音=ごほうび!–

ba693dd71619501176eb7dade13e226c_s

最初はクリッカーを鳴らしてすぐにおやつを与えます。この動作を何度か繰り返し、「クリック音=美味しいものがもらえる」と覚えてもらいます。例えば右手でクリッカーを持ち、左手でおやつをあげるとします。最初、猫ちゃんはおやつを持った左手ばかりを見ていることでしょう。けれど、そのうちクリッカーを持つ右手に集中してくるようになれば、猫ちゃんがクリッカーの音を理解した、と考えられます。

大切なことは、クリッカーの音を鳴らしたらすぐにおやつをあげること。そして音よりも先におやつを与えてはいけない、ということ。音よりも先におやつを与えてしまうと、猫ちゃんは「何もしなくても美味しいものがもらえる」と覚えてしまします。

Point

音が大きすぎたり、猫ちゃんの目の前でクリッカーを鳴らすと猫ちゃんが怖がるかもしれないので気をつけましょう。おやつは少し奮発して、普段あまり食べていないランクのものを与えると効果的です。

–2.棒に鼻タッチ!–

baa634754ff309659cc7b5b64ec684fa_s

棒状のものを用意して、猫ちゃんの鼻先に近付けます。猫ちゃんが棒に鼻タッチしたらすぐにカチリとクリッカーを鳴らしておやつをあげます。猫ちゃんは指を差し出すと鼻をつけてくれますよね?そんな習性を利用するのです。これを繰り返していくと、猫ちゃんは「棒に鼻タッチする=美味しいものがもらえる」と関連付けてくれるようになります。

Point

最初はうまくタッチできないかもしれません。そんな時は棒の先におやつの匂いをつけてから試してみましょう。

–3.棒で行き先を指示!–

36484f64ea5c9d1ef91a39376b5dbd8d_s

棒に鼻タッチの応用です。
棒で猫ちゃんに行き先を指示します。うまく移動して鼻タッチしてくれればクリッカーを鳴らし、おやつをあげます。慣れてくれば棒の代わりに指でできるようになります。ゴロンゴロンと転がってくれたり、指で膝を指せば猫ちゃんが膝の上に乗ってくれるようになるかもしれませんよ!

基本ができるようになったらいろんなことを試してみましょう。きっと猫ちゃんの方もクリッカートレーニングが楽しくなってきているはずです。例えばハイタッチ。飼い主さんと猫ちゃんの間で色々試してみることも楽しいですね!


トレーニングのポイント

クリッカートレーニングのポイントを挙げていきます。これらのことをしっかり抑えないとせっかくのトレーニングも効果が出ません。

・クリッカーを鳴らしてからおやつを与える
・クリッカーを鳴らすのは一度だけ
・クリッカーを鳴らしたら必ず直ちにおやつを与える
・一回のトレーニングは10分程度にする


まとめ

クリッカートレーニングは猫ちゃんが「こうすればクリッカーが鳴っておやつがもらえる!」と考え、楽しみながら学習していく事が目的です。クリッカーの使い方によって猫ちゃんがストレスに感じる爪切りや歯磨き、通院も楽しいトレーニングになるでしょう。無理強いすることなく、飼い主さんも猫ちゃんものんびり気楽に実践してくださいね!

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・正しい猫のしつけ方を知ろう!
・ネコちゃんがクレートに入ってくれるようにしつけるには?
・先住猫と後輩猫の仲良しトレーニング
・猫の利き手?簡単な方法で利き手を探ろう!


 梅雨で出不精な今がチャンス!自宅で猫とダイエット



 ネコちゃんとの、とっておきの遊び方紹介~ネコちゃんの好きなおもちゃって何?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
そらにゃん

そらにゃん

猫が大好きなおばさんです。猫、いいですね! 我が家には「そら♂」「すず♀」「りん♀」のニャンズがいます。 ずっと犬を飼っていて猫暦はまだ二年そこそこと短いのですが、長年の願いだった猫との暮らしに今もウハウハ状態です。ニャンズのおかげで仕事や家事や寄る年波の疲れも吹っ飛びます。 病気がちな「そら」のおかげで獣医さんと懇意になり、通院の度に先生から様々な猫情報を教えていただいてます。 いかにニャンズを満足させられるか、猫じゃらしの振り方を日々研究中。 得意技は猫に錠剤を飲ませること。←ただし「そら」限定!?

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら