オッドアイの猫はどうして生まれるの?

2016.07.10

オッドアイの猫はどうして生まれるの?

漫画の世界ではよく見かける、片目の目の色が違うキャラクター。実は実際に人間にも動物にも片目の目の色が違う場合があります。人間の世界ではかなり稀なケースですが、体の白い猫では、片目の色が違う猫は多く存在します。 見た目としては「かっこいい」「かわいい」と感じるかもしれませんが、猫の場合は視力障害の可能性があります。 今回はなぜオッドアイのネコが生まれるのかについて説明していきます。

focebookシャア
ツイート

漫画の世界だけだと思っていた「オッドアイ」

オッドアイとは、左右の目の色が違う人や動物のことをいいます。漫画の世界では片目の色が違うキャラクターをよく見かけますが、実際にこの世にもそういう目を持った方は存在します。
日本ではむかしから、このような方は「金眼銀眼」として珍重されてきました。人間がオッドアイになる可能性は極めて低く、とても珍しい目であることからうらやましがられたりします。

odd-eyed-1023774_640

「オッド」という言葉には、不揃いや奇数的、半端または片方のという意味があり、オッドアイでもオッドという文字が使われています。
また、医学用語では「虹彩異色症」といいます。人の目には虹彩という部分があって、この虹彩のメラニン色素の量によって目の色が決まり、濃い色から黒、濃い茶色、褐色、灰色、緑色、青色、青紫色となっています。アジア人はメラニン色素の量が多いため、濃い色の肌や目の人が多いのですが、欧米人はメラニン色素の量が少ないため肌の色や目の色も薄いです。アルビノなどの色素異常がある場合は、もうひとつの色を持っているということになります。

なんらかの原因で片方のメラニン色素が減ってしまい、瞳の色が変わることで、異常がなかった目の色と比べ、違う色になります。
色素の存在量が一部違うため、皮膚の色が一部違うのと同じように、目にもそのようなメラニン色素の減少が起こってしまうのです。

244535

人間における虹彩異色症は、様々な疾病のリスクがあります。単純に遺伝で起こる場合もあれば、まだら症や緑内障、ホルネス症候群、移植手術や事故による物理的損傷で起こる場合もあります。

それと比較し、猫はオッドアイになる可能性が人より高く、中でも白猫に起こりやすいと言われています。人間とは違い7割の猫はオッドアイでも正常な視力であることが多いですが、残りの3割の猫は人間と同じで視力障害が考えられる場合があります。白猫のほかに三毛猫にも起こりやすいと言われています。

人間でも動物でも、オッドアイを持つ人はどこかミステリアスな雰囲気があります。アニメや文学の世界でも時々登場し、熱狂的なファンもいるほど、不思議なちからをもっていますが、中には障害などをもっている可能性は忘れてはいけません。

Next↓○○○が関係している!?オッドアイが生まれる理由とは・・・?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら