猫を多頭飼いしたい方必見!多頭飼いに大切なこととは!?

2016.07.31

猫を多頭飼いしたい方必見!多頭飼いに大切なこととは!?

現代は猫ブーム!すでに猫を飼っている方は大勢いると思います。1匹でも可愛いですが、もう1匹欲しいなと思う日が来るかもしれません。多頭飼いのいいところや難しいところをまとめてみました。我が家も多頭飼いなので、実体験を含めてご紹介したいと思います。多頭飼いを決心した場合、どんなことを最初にすればいいのか、準備すべきことなどもご紹介していきます。多頭飼いは、飼い主さんや猫たちにも多くの影響があります。みんなが幸せに暮らせるように、多頭飼いのことを深く知っておく必要があります。飼い主さんだけではなく、一緒に暮らす家族みんなが理解して猫たちにとって一番いい環境作りをしてあげてくださいね。

focebookシャア
ツイート

多頭飼いのメリットとデメリット

1387758

猫の多頭飼いの良さは、猫同士がじゃれあったりお互いに舐め合ったり、一緒に並んで同じ格好で寝ている姿を見せてくれることなど…。猫好きにはたまらない光景が見られます。猫が増えれば増えるだけ、その幸せな光景も増えていきます。猫にとっても遊び相手がいるので、運動不足などの心配やひとりぼっちでお留守番の寂しさもまぎれるかと思います。寂しがり屋の猫も多くいますからね。

多頭飼いのメリットがあれば、もちろんデメリットもあります。

まずは、猫同士の相性ですね。仲良くやっていけないと、一緒に暮らすのは本当に難しいです。けんかもですが、お互いストレスとなり、トイレではないところで粗相をしてしまったり…。
先住猫と上手に暮らせるかどうかは、お互いの性格もありますが猫には猫の世界があるので、それによって決まってきます。生後間もなく一緒に暮らしていた猫たちは、問題なく大きくなっても暮らせます。全く他の人間や猫に関わっていない猫で、しかも成長した猫は難しいかもしれません。生後2か月くらいまでに他の猫たちに接しておけば問題はないと思います。
また、長い間、単独で暮らしていた猫を他の猫と一緒にと考えると少し難しいと思います。その猫同士の性格にもよりますが、まず警戒心が解かれるまでにかなりの時間が必要になってきます。先住猫に配慮し、後から来た猫をゆっくり慣れさせる必要があります。

216472

猫が増えれば、猫に関する費用も増えていきます。
一番かかるのは食事代。今までの倍となります。匹数が増えれば増えるだけ、餌が減るのも早くなっていきます。グルメな猫がいる場合は、もっとかかるかもしれませんね。猫それぞれに食事の好みがありますから…。我が家はありがたいことに3匹共好みは同じ。なので、それぞれのために分けて買うということはないので助かっています。

また、動物病院にかかる費用も猫の数によって増えていきます。予防接種にノミヤダニの駆除。匹数分必要になってきますからね。トイレも匹数分用意しなければならないこともあります。こちらも我が家では、ありがたいことに同じ場所で大丈夫なので助かります。
費用のことで飼い主さんが負担に感じる場合は、多頭飼いはもう少し考えた方がいいと思います。事前に必要なものや費用がどのくらいかかるのか調べておくと良いですよ。


大切なのはお互いの相性

136274

一番の問題は環境です。マンションなど、猫を飼って良い場所は増えていますが1匹のみ可というところもあるようなので、事前に多頭飼いが出来るのか確認しておきましょう。猫によっては、他の猫とトイレが一緒なのを嫌がる子もいます。トイレも様子を見ながら匹数分用意してあげてください。ひとりになれる場所も必要です。猫は自分でお気に入りの場所を見つけますが、そこが他の猫に邪魔されないようにしてあげてくださいね。

いよいよお迎えが決まったら、初めからお互いの顔合わせをするのではなく、まずはお互いの匂いを認識させて慣れさせていきましょう。前もって猫の匂いに慣れさせるには、タオルなどにお互いの匂いをつけ、かがせるといいと思います。新しい猫の匂いをあらかじめかがせておけば、初対面の時のストレスが和らぎます。私もこのやり方で成功しています。3匹目の子は、生後1週間だったので、他の2匹は無条件に受け入れてくれました。

新しくやってきた猫をいきなり会わせるのではなく、しばらくは離してケージ越しに対面させるなどして慣らせていきます。新しい子が先住猫に慣れて、先住猫が新しい子に慣れるまでは焦らずゆっくりと猫のペースに合わせてくださいね。しっかり慣れさせてからきちんとした初対面をさせましょう。猫同士が仲良く出来ていたら、十分に褒めてあげてください。ここが重要ですが、餌をあげる時も何をするのでも先住猫が先です。これだけは守ってくださいね。

876043

多頭飼いは難しいことも多くあります。一番は猫たちの相性…。それさえ乗り越えれば、飼い主さんも猫たちも幸せな暮らしが待っています。何より数匹の猫たちに囲まれる幸せを飼い主さんには感じてほしいと思います。

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・先住猫と後輩猫の仲良しトレーニング
・我が家に新たな子猫がやってきた!①
・友人の赤ちゃんと猫たちの話 〜人間が猫と暮らすには〜
・猫と犬は仲良くできるのか?


 【絶対多頭飼いしたくなる!】「ニャー」だけで会話する猫がかわいすぎる!!



 ネコ好きにはたまらない!今流行りの猫ちゃんと暮らせるシェアハウスとは!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かなづき

かなづき

大好きな猫3匹と暮らしています。2匹はボランティア団体から、1匹はひとりぼっちで鳴いていた子猫を保護。それぞれ性格の違う猫たちと楽しく毎日を過ごしています。

関連するキーワード