害虫からペットを守れ!ネコちゃん夏の防虫大作戦【蚊編】

2016.08.17

害虫からペットを守れ!ネコちゃん夏の防虫大作戦【蚊編】

ペットライフの中でも、夏は最も楽しいシーズン。ですが、ちょっと待って。実は、害虫たちの活動も活発になる季節なので、思わぬトラブルを引き起こすこともあるのです。そこで今回は、ネコちゃんのカラダを害虫たちから守る方法をご紹介。まずは蚊についてよく知り、しっかりと防衛対策を練りましょう。

focebookシャア
ツイート

病気も運んでくる小さなバンパイア

夏の害虫の代名詞ともいえる蚊は、種類によって活発に吸血する時間帯が異なります。蚊のエネルギー源は糖分で、普段は花の蜜などを吸って生活していますが、産卵のための栄養源としてメスだけが吸血します。
蚊は動物が出す炭酸ガスや皮膚のニオイ、温度などを頼りに旧結言を探し求めます。吸血の前に、あらかじめ血が固まるのを防ぐ物質を含んだ唾液を注入しますが、これがかゆみの原因となります。

蚊2

蚊に刺されることで起こる主な病気

◆フィラリア(犬糸状虫)

必ず予防すべきペットの病気として広く認識されているフィラリアは、正確にはペット(主にワンちゃん)の心臓と肺動脈に寄生する犬糸状虫のことを指します。進行すると、心臓病や肝臓病、腎臓病などさまざまな病気を引き起こします。蚊が感染媒体となるため、春から秋にかけての予防がとても大切です。
予防をせず夏を3回越したワンちゃんは、高い確率でフィラリアに感染しているという統計も。


夕方と明け方の外出に注意

蚊3

蚊の活動は、5~10月が最も活発です。ヤブカは昼間に吸血し、イエカは夜間に吸血しますので、夕方と明け方が最も危険な時間帯といえます。ワンちゃんのお散歩の時間と重なりますので、十分に対策してから出かけましょう。


5月を過ぎたら秋まで蚊のシーズン!

蚊1

蚊は暑い夏を過ぎて適温となる秋にも発生が多くなります。また、冬場に発生する蚊もいます。夏場だけでなく、秋に入っても油断しないように心掛けましょう。


おすすめの蚊退治グッズはこちら!!

■薬用 ノミ・マダニとり&蚊よけ首輪 ピンク 猫用 1本

薬用 ノミ・マダニとり&蚊よけ首輪 ピンク 猫用 1本

ノミ・マダニをしっかり駆除し、蚊も寄せつけません。約1週間で効果があらわれはじめ、約6ヶ月間持続します。

購入



focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・猫のフィラリア、予防をしていますか?
・猫の回虫症は、どんな症状が出るの?
・油断大敵!可愛い猫ちゃんのためにも冬のノミ対策を!
・ネコちゃんを襲う3つの寄生中疾患を覚えておこう!


 ネコちゃんの大敵!毎年予防してネコちゃんをノミ・ダニから守りましょう!



 【お手入れ方法とグッズ紹介!】ブラッシングで元気に仲良し♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileにゃん部

PetSmileにゃん部

にゃんこ大好きPetSmileにゃん部です。猫ちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら