猫の目の病気「チェリーアイ」の症状、治療法とは

2016.08.18

猫の目の病気「チェリーアイ」の症状、治療法とは

「チェリーアイ」という目の病気があります。主な原因は先天性によるもの、外傷があります。第三眼瞼(だいさんがんけん)の裏側にある腺が炎症を起こし、赤く腫れ上がった状態になります。正式には「第三眼瞼腺脱出」といわれています。外に赤く腫れ上がった状態がさくらんぼに似ていることから「チェリーアイ」と呼ばれるようになりました。

focebookシャア
ツイート

チェリーアイになる原因

猫の目には、上まぶたと下まぶたの他に、人間にはない第三のまぶた「第三眼瞼」があります。両目の目頭の端に少しだけ見える白い膜のようなものです。この腺が炎症を起こし、赤く腫れ上がった状態になる病気をチェリーアイといいます。

Cherryeye_1

チェリーアイは、先天性の場合があります。生まれつき腺組織と骨の付着が弱い品種がいて、「バーミーズ」「ペルシャ」はチェリーアイになりやすいといわれています。
第三眼瞼の裏には涙を分泌する「第三眼瞼腺」があります。第三眼瞼線は結合組織によって第三眼瞼に固定されていますが、その結合組織が先天的に欠けていたり、未発達、付着力が弱かったりすると、第三眼瞼線が外に飛び出してしまいます。2歳ぐらいまでの若い猫に発症することが多いため、結合組織の異常は遺伝性の疑いがあります。

cat-655411_640

その他に、目の外傷、第三眼瞼の炎症、腫瘍、が原因で第三眼瞼線が飛び出すことがあります。また、結膜炎、ブドウ糖炎などの炎症により、脂肪によって押し出されることが多いともいわれています。
猫の年齢が若い頃に発症することが多いので、日頃から注意しておけば症状もひどくなる前に飼い主さんは気が付くことができるでしょう。

Next↓チェリーアイの症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
munoco

munoco

猫を飼いはじめて20年。完全な猫派です。 今まで4匹の猫と過ごしてきました。現在は2匹の猫と楽しく過ごす毎日です。 ツンデレされて20年。猫の行動1つ1つが大好きで、ずっとツンデレにやられてしまっている人間です。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら