ぬいぐるみのような愛らしさが魅力!ラグドールの特徴や性格、飼い方を徹底調査!

2016.08.18

ぬいぐるみのような愛らしさが魅力!ラグドールの特徴や性格、飼い方を徹底調査!

ラグドールという種類の猫を知っていますか?ラグドールは比較的大きめで、毛が長めの猫です。ラグドールの特徴、性格、飼い方、そしてどんな魅力があるのかをお伝えします。

focebookシャア
ツイート

ラグドール(Rugdoll)は、RugとDollの2つの単語を組み合わせた名前で、「ぬいぐるみ」という意味があります。抱っこされるのが好きで、抱っこされている時も、まるでぬいぐるみのように大人しくしているからです。

ラグドールを最初に作り出したのは、カリフォルニアに住んでいた、ペルシャ猫のブリーダーだったそうです。地域で暮らしていた外猫と、ブリーダーの飼っていた猫を交配して生まれた子猫が基礎となった、と伝えられています。

rugdoll06-i

ラグドールの特徴

ラグドールは、顔や手足などに特徴的な斑が入った毛色の、ミディアムロングの被毛を持った猫です。体型はロング&サブスタンシャルタイプで、大きめの頭にややつり上がった青い目で、丸い頬をしています。しっぽは体長と同じくらいの長さ、体格は筋肉質で、重量感があります。

ラグドールの第一の魅力は、なんといっても手触りのいいふわふわの毛です。シルキーと表現されるように、毛質は細くて柔らかく、ツヤがあります。毛の長さは長毛種と短毛種のちょうど中間ぐらいです。首周りやしっぽは、特にふさふさとしています。

rugdoll05

ラグドールの性格

ラグドールの性格の魅力は、温和でおおらか、そして優しいところです。落ち着いた性格で、大きな声で鳴くこともほとんどなく、激しい遊びにはあまり関心を示さないと言われています。家庭内では、他の猫やペットよりも飼い主の方に関心を持ち、従順です。

ラグドールの体格

ラグドールは、猫の中では中型種に分類されます。メスは、3.5kgから5.5kg、オスは4.5kgから8kgほどになります。メスはオスの約半分くらいで、かなりの体格差があります。
ラグドールは、骨太でしっかりとした体格をしていますが、体はとてもやわらかいネコです。成長がゆっくりめで、4年から5年ほどの時間をかけて、成猫としての大きさになっていきます。

Next↓ラグドールの魅力的な毛色!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら