猫ちゃんにとっても紫外線は危険!!日光皮膚炎の症状、治療法とは?

2016.09.03

猫ちゃんにとっても紫外線は危険!!日光皮膚炎の症状、治療法とは?

猫ちゃんは、比較的、窓際や縁側などで日向ぼっこをすることが好きな子が多いです。お外にお散歩!という猫ちゃんもいると思います。しかし、私たち人間も同じですが、夏の強い日差しを浴びると日光皮膚炎という皮膚病になる危険性があります。この日光皮膚炎について、紫外線のお話を含めて、どんな病気なのか、その症状やどんな猫ちゃんに発症しやすいのか、予防方法などをまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。

focebookシャア
ツイート

日光皮膚炎って、何?

cat-1451797_640

日光皮膚炎というのは、耳の先の方や鼻、口や目の周りなど、被毛の薄い部分や色素の薄い部分に、発赤や脱毛、フケ・潰瘍などの症状がみられる皮膚病です。かゆみがともなうこともあるために、猫ちゃんが自分で掻いて傷を付けてしまうこともあります。

この皮膚炎が悪化してしまうと、皮膚が赤剥けになり潰瘍ができてしまったり、皮膚が角化することもあるそうです。
そして、長期間継続することで、扁平上皮癌に移行する可能性のある皮膚炎です。


紫外線について

a7961b4b840d27c13a99b247e8b74c72_s

私たち人間にも影響してくることで、みなさんももうご存じかとは思いますが、改めて紫外線についてお話します。

紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cがあり、可視光線より波長が短い光です。
では、この3つの光は何が違うかというと、波長の長さが違います。UV-Aというのは中波長、UV-Bというのは短波長、UV-Cというのは長波長です。
ここで、長波長のUV-Cというのは生物にとって凄く有害ではありますが、オゾン層に吸収されるので地表には到達しません。UV-Bもオゾン層に吸収されるのですが一部は地表に到達します。UV-Aは、大半が地表に到達します。このUV-AやUV-Bによって皮膚障害を引き起こすのですが、UV-Aは、真皮中層まで、UV-Bは、真皮上層まで到達すると考えられているそうです。
オゾン層の破壊が問題になるのは当然ですね。


うちの子は日光皮膚炎になりやすいのかしら?

cat-1373516_640

日光皮膚炎になる原因は、先程もお伝えしたように、日光の刺激、紫外線(UV-A・UV-B)です。
白色というのは、紫外線防御をする力が弱い色で、被毛の色が白い猫は紫外線の影響を受けやすく日光皮膚炎になりやすいといわれています。

ですが、白い猫以外は日光皮膚炎にならないのか?というとそうではなく、猫ちゃんはほとんど全身を被毛に覆われていますが、毛の薄い部位があり、その中でも特に耳に発症しやすいようです。
他には、鼻や目の周り、唇や口の周りにも発症するそうです。


日光皮膚炎の症状は?

最初は、発赤程度だそうですが、フケがでたり、脱毛したり、潰瘍がみられるようになります。

長期間続くと、日光皮膚炎から扁平上皮癌に移行しやすく、例えば耳の場合、壊死した表皮が増えて、真皮内へ増殖し中心性の角化を示すことがあるそうです。また、潰瘍が続いたり、再発を繰り返し癌の疑いがあると、患部を切除することもあるようです。

日光皮膚炎そのものは、すぐに命に関わる病気ではないですが、放っておくと大変なことになってしまうこともあるので、早く発見して早く処置をしてあげましょう。


治療方法は?

何度もいいますが、日光皮膚炎になる原因は、紫外線を繰り返し浴びることですから、治療方法は「紫外線を浴びないようにすること」です。

ひどい皮膚の炎症の場合は、抗炎症剤の投与をすることもあるようです。猫ちゃんのことですので、患部をひっかいたりすることもありますが、出血していたり、潰瘍がある場合には、抗生物質が処方されることもあります。


予防できないの?

010225a76b5c51c687305f71cef568fb_s

日光皮膚炎の予防は、原因から考えて、紫外線を避けることです。

外に出る習慣のある猫ちゃんは、日差しのキツい時間は外に出さないようにしてあげましょう。
室内で飼育している場合でも、窓際など日差しがキツいところは、UVカットをする対策をしましょう。費用がかかるのが難点ですが、UVカットの窓ガラスに変更したり、UVカットのフィルムを貼ることもいいでしょう。日差しのキツい時間はカーテンを閉めるだけでも効果はあると思いますが、猫ちゃんのことですから、カーテンの向こう側に行く可能性もあるので、カーテンの向こうに行かないように気を付けてあげましょう。
また、ペット用のサンスクリーンもあるようですが、猫ちゃんの場合、毛づくろいをする子が多いので、安全性の面を考慮する必要があります。

日光皮膚炎は、命に関わる病変ではないですが、扁平上皮癌などになる可能性もあるので、皮膚の異変に気付いたら早めに獣医さんに相談してみてください。


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・猫を飼う時、猫が喜ぶ室内環境の工夫とは!
・害虫からペットを守れ!ネコちゃんの防虫大作戦【マダニ編】
・ネコちゃん日向ぼっこクイズ
・夏は要注意!!お留守番は猫ちゃんに危険が迫る!!


 お日様は猫のお布団だ!〜猫が日向ぼっこを愛する理由〜



 猫が熱中症!すぐにできる応急処置とは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SchrodingersCatWachan

SchrodingersCatWachan

生きてる半分以上にニャンのいる生活をしている、ニャン大好きな神戸のおばさんです。 現在は居ないのですが、ニャンの居る生活をしたい!と家族を説得中です!(=・・;=)キビシソウデスガ

関連するキーワード