ネコちゃんの爪とぎどうする?

2015.05.12

ネコちゃんの爪とぎどうする?

ネコちゃんが爪とぎをして家具や柱などに傷がついてしまった経験があるかもしれないですね。 ネコちゃんにとって爪とぎは必要なのです。叱らないで爪とぎ器を用意してあげましょう。

ネコちゃんはどうして爪とぎをするの?

ab0d8b3d9271a32e73416f4aa12042e1_s

まず第一の理由は爪のお手入れです。ネコちゃんの爪は古くなると、下に新しい爪が生えてきます。この古い爪を剥がすことで表面を常に鋭くしているのです。

他にも理由があります。
他のネコに自分の縄張りを示すマーキングという理由です。より高いところに爪のあとを残すのは、大きくて強いネコちゃんがいるということを示す本能かもしれません。この時、ネコちゃんは肉球に存在する臭腺から発せられる自分の匂いをこすりつけて自分の存在を強調します。

もうひとつの理由にストレス発散があります。何かストレスがあったときに爪とぎをするのですが、これは無理にやめさせようとすると余計にストレスがたまるので発散させられる場所を作ってあげます。ペットオーナー様の関心を求めている場合もあるので、注意を払ってあげましょう。

ネコちゃんの好きな爪とぎ場所ってあるの?

0c1d06667d0af10e75b924ddc1ab0346_s

ネコちゃんは、過去に爪とぎをしたことのある場所で、もう一度爪とぎをする傾向があります。
目立つ場所や、物であったり、材質が好みかどうかなども、ネコちゃんの好きな爪とぎ場所を決める要素です。爪のひっかかりがよくて爪あとが残しやすいことがネコちゃんの爪とぎ場所になるようです。室内では壁、木製などの家具、布製のソファなどが爪とぎ場所になりがちです。

爪とぎ器を用意してもそれを使わず家具などで爪とぎをしてしまう場合は、爪とぎ器に不満があると考えられます。爪とぎ場所がネコちゃんのお気に入りになるように、対策を練ります。

家具の防護策はあるの?

1875fde67e5fed189620ad969824dd6a_s

家具や柱などを爪とぎから守るためには、防護対策が必要です。たとえばソファやベッドにはすべりやすい素材の布でおおったり、柱や壁、家具などにはプラスチック板を倒れないようにたてかけたり、アルミホイルを貼ったりしてカバーします。市販の爪とぎ防止シートもあるので壁などはそれで覆うのもひとつです。

市販の製品で「壁まもる」という製品もあります。木や布を使い、壁の表面やコーナー部分に簡単に取り付けができる商品で、ネコちゃんが爪とぎができる場所になってくれます。市販のもので家具を防止できる便利グッズがたくさんあるのでネコちゃんのために、探してみるのも楽しみです。爪とぎがまったくできない環境はネコちゃんにとって大きなストレスなので怒る前に防護策を考えましょう。

ネコちゃんの好みの爪とぎ場所ってどうやったら作れるの?

229c48086c35ce463be4687cc655a40a_s

ネコちゃんは爪とぎ器の素材や位置にこだわりを持っています。爪とぎ器にはダンボール製、木製、カーペット製、麻布製などさまざまなタイプがあるのでネコちゃんの好きそうな素材を選びましょう。
新しい爪とぎ器を準備したら、ネコちゃんの前足を軽くこすりつけると、自分の匂いがついてネコちゃんの爪とぎ場所としてネコちゃんが使い始めます。

爪とぎ器の置き方にも工夫が必要です。爪とぎは上体を起こして垂直にとぐのが好きなネコちゃんもいれば、水平に爪をすべらすようにとぐのが好きなネコちゃんもいます。ネコちゃんが好む高さに爪とぎ器を固定します。寝ながら爪をとぐネコちゃんもいます。そんなネコちゃんにはいつも寝ている場所のそばに置くのも効果的です。

最後に

ネコちゃんの爪とぎ器にもいろいろな種類があります。ネコちゃんの性格や好みにあう素材や形を選んで、ネコちゃんが家具や壁に傷をつけて怒られたりせずに、思う存分、爪とぎができる場所を確保してあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード