猫にもニキビができる!?あごの黒いブツブツニキビ。その原因・対処法・予防法は?

2016.10.02

猫にもニキビができる!?あごの黒いブツブツニキビ。その原因・対処法・予防法は?

ゴロゴロと甘えてくる愛猫のアゴをよく見てみると、黒いブツブツがあるぞ…?という方、実はこれニキビなんです。人間でも思春期から、成人まで幅広く見られる皮膚の症状ですが、実は猫にも発生します。ここでは猫のニキビについて、原因・対処法・予防法をご紹介します。

focebookシャア
ツイート

猫のニキビが発生する原因とは?

猫のニキビが発生する原因とは?

猫のニキビは年齢・品種・性別を問わず共通して発症します。黒いブツブツを見ると、キャットフードの粉や砂が付着したものと認識しがちですが、実はバクテリアが繁殖した集合体です。放置すると、マラセチア菌が繁殖し、悪化すると膿がたまって膿皮症に感染してしまいます。

人間はおでこや頬、口・鼻まわりなどさまざまな箇所にできますが、猫の場合はアゴが一番発生しやすいです。そもそもの原因として、猫は毛づくろいで全身を綺麗にする習性がありますが、アゴは毛づくろいがしづらく、汚れやすい場所であるという理由が挙げられます。
舌がそこまで長くないため、アゴにまで届かず上手くきれいにできない箇所であり、また口まわりは食事の汚れやよだれが付きやすく、不衛生な箇所なのです。そのため細菌にも感染しやすく、ニキビが発生しやすいのです。

他にも、フードを入れるのに使用するプラスチック容器は雑菌が繁殖しやすかったり、ストレス性によるものだったり、ダニが持ち込んだり、去勢・避妊手術後のホルモンバランスの乱れによったり、タンパク質の不足なども挙げられます。


どうやって治療するの?やっぱり病院?

歯ブラシ

さて、治療法に関してですが、症状が軽いうちならご自宅でもお手入れすることによって回復します。あまり目立たないくらいの黒いブツブツなら、歯ブラシで取れます。柔らかい歯ブラシを用意し、直接皮膚に当てないよう、毛並みにそって優しくブラッシングしてあげましょう。

これで取りにくい場合は、水やぬるま湯で湿らせたガーゼで、拭いてあげましょう。あごを上から下へ、そして唇を中心に内側から外側へ拭き取ります。口まわりが乾燥して取りにくいなら、水を多めに含ませて拭くと取りやすいです。
拭いた後は濡れた状態にせず、水分をしっかり拭き取って乾かしてあげましょう。また発生する原因となります。

ただし、赤くなって炎症を起こしていたり、出血していた場合は、速やかに病院に連れていきましょう。ここまで悪化してしまうと、なかなか治らない上に、猫専用の薬を処方してもらわないとダメなので、必ず連れて行ってあげてください。
抗生剤の塗り薬を処方してもらうことが多いですが、たまに効果が強すぎて周囲の毛が抜け落ちることもあります。すぐに服用を中止して、もう一度診察を受けるようにしましょう。


普段のケアが大切!予防方法について

さて、原因と治療方法を見てきましたが、最大の防御である「予防方法」も見ていきましょう。しっかり対策してあげることで、いつまでも健康に保つことができるので、ぜひチェックして環境を改善してあげてください。

◆フードの容器を変える

まず、プラスチック容器・食器を変えましょう。プラスチック表面にある微細な穴に生息しているバクテリアが原因の場合、穴の少ないガラスや陶器製・金属製のものに切り替えると、症状が改善することがあります。

●おすすめ商品

ハッピーダイニング 脚付ウォーターボウル 猫柄

水分摂取量がわかる目盛り付き。磁器製なので匂いや細菌がつきません。

購入


◆フードを変える

次に、フードを変えてみましょう。フードに含まれている成分のうち、皮脂の分泌を過剰にしている物質がある可能性があります。現在使用しているキャットフードの主成分が「穀物」・「コーン」であれば、タンパク質中心のフードに切り替えましょう。引いては、肥満や虫歯の防止にも繋がります。

◆清潔な環境をつくる

また身の回りを清潔に保つようにしましょう。水やフードの容器をこまめに洗うことにより雑菌の発生を防いだり、蒸しタオル(水で濡らしたタオルをレンジで10秒くらい温めた、なまぬるい温度)でアゴの下周辺をふいてやって清潔にしてあげましょう。

清潔にすることは、猫のニキビ予防につながることはもちろん、その他の病気予防にもつながります。カワイイ猫ちゃんが病気にならないよう、清潔をこころがけましょう。

●おすすめ商品

ジョイペット ウェットティッシュ お口・耳・目のまわり用 90枚

天然消臭成分を配合しているからニオイすっきり。肌にやさしい弱酸性処方。

購入



focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・海外発!オシャレな猫のためのオシャレな高級猫グッズ5選♪
・害虫からペットを守れ!ネコちゃんの防虫大作戦【マダニ編】
・猫が食事でアレルギーを起こしてしまうことがあります!
・猫ちゃんにとっても紫外線は危険!!日光皮膚炎の症状、治療法とは?


 知っていますか!?猫の皮膚病について



 猫にも歯磨きが必要!歯磨きをしないと起こる病気とは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら