猫の「噛む」「ひっかく」で死亡例も!猫から人に感染する恐怖のパスツレラ症

2016.10.10

猫の「噛む」「ひっかく」で死亡例も!猫から人に感染する恐怖のパスツレラ症

最近飼い猫からパスツレラ菌に感染してしまった女性の体験談がネット上で話題になりましたね。猫がひっかいたり噛むことで人がパスツレラ菌に感染すると、最悪死に至ることもあるそうです。まさかうちの猫が・・・と思われる方もいるかもしれません。しかしすべての猫の飼い主さんは決してこの病気から目を背けてはならないのです。

focebookシャア
ツイート

パスツレラ症とは?

16-09-19-23-50-07-474_deco

パスツレラ症とは、猫が人をひっかいたり噛むことによりパスツレラ菌に感染し、発症する病気です。そして驚くべきことに、パスツレラ菌とは実はほとんどすべての猫の口の中に存在する菌なのです!

“ほとんどすべて”と書きましたが、残念ながらそれは本当のことです。
公益社団法人千葉県獣医師会のサイトによると、その確率は猫の「約100%が保有」とあります。ですから一度も外へ出したこともない完全室内飼いの猫でどんなに清潔な状態であっても、その猫がパスツレラ菌を保有していないことにはなりません。

また、あくまでも常在菌なので猫に対してはほとんど症状がないため、保有の有無を猫の外見から判断することはほぼ不可能だと言われています。


こんなに怖い!パスツレラ症の症状

猫に噛まれたところが腫れ化膿したりするなど炎症を起こします。さらに気管支炎や肺炎になることもあります。
特に注意が必要なのは、お年寄りや持病があり免疫機能が低下している人で、感染すると敗血症や骨髄症を起こし死に至ることさえあるのです。


パスツレラ症を予防するためにできること

こうして見るとパルツレラ症の症状は怖いですが、猫を飼っているすべての人が感染するわけではありません。日常生活で気をつけていれば猫が菌を保有していても感染を防ぐことも可能です。

wildcat-356805_640

予防できることとしては何よりまず、猫による受傷に気をつけることです。
子供の頃、筆者の弟が飼い猫に煮干しをあげるフリをして、猫が取ろうとする度に引っ込めることを何度も繰り返し、猫をイライラさせてからかっていたことがありました。ついに猫は本気で怒りだし弟の足めがけて強烈な猫パンチを食らわせました。するとどうでしょう、何と猫の爪が彼の親指の爪を貫通し爪に穴が開いてしまったのです!
出血は酷くかなりの怪我でしたし、完治するまでに相当の時間を要したことは言うまでもありません。

飼い猫をむやみに刺激してはならないのはもちろんのこと、出会ったばかりの野良猫など人と接することにさほど慣れていない猫には、軽はずみな気持ちで触らない方が良いかもしれません。飼い猫の場合しつけをされていますし、ある程度人間との信頼関係が築かれているので飼い主がイライラさせたりしない限りは本気で攻撃してくる確率は低いかもしれません。

しかし、恐怖心と警戒心旺盛な野良猫にとってはこちらが可愛がりたいと思って手を差し伸べても人間が攻撃してきたと誤解し命がけで反撃してくることも少なくないのです。特に幼い子供は可愛らしい猫を見かけると思わずすぐ触ってしまうこともあるので是非この機会にこのような危険性もあるということを話してあげてみてはいかがでしょうか?

また、パスツレラ菌は免疫力の低下によって感染しやすくなってしまいます。食生活など健康管理に日頃から気をつけ、ストレスを溜めないようにして免疫力を高めるよう心掛けましょう。

我が子のように可愛がっている猫だとつい人間の子供にするのと同じように接したくなる時もあるかもしれませんが、キスをすることや猫とのキスや同じ食器での食事、食べ物の口移しなど過剰なスキンシップも避けた方が安心です。


万が一猫によって受傷してしまったら

medicine_nurigusuri2

万が一飼い猫の爪や歯によって自分や家族が怪我を負わされてしまったのなら、すぐに傷口を洗い、消毒しましょう。また、傷口が炎症を起こす等少しでも疑わしいと感じることがあるのなら、なるべく早く病院で診てもらいましょう。

猫は多くの人にとって家族の一員でありたくさんの幸せや癒しを与えてくれる存在です。
パスツレラ症は危険ではありますが、猫を人間の生活から隔離しなくてはならないわけではなく接触を完全に避けるなど過剰にならなくても避けることができます。その証拠にほとんどの方がこれまでパスツレラ症について知らないまま飼い猫と暮らしてきましたが感染していません。猫を飼うこと自体が危険であるわけではないのです。

パスツレラ症の存在について知り気をつけなくてはならないこともありますが、そうすることで猫とのお互い心地よい距離感を保ちつつ暮らしていくことが大切なのです。

ライター/にゃんこ先生777


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・猫飼いさんは要チェック!猫ひっかき病の症状や原因、治療方法について
・猫だけがかかる伝染病とその経路
・【海外】あなたの猫ちゃんはキス好き?気まぐれな猫への愛情表現
・過剰な鳴き声を直したい!困った猫の鳴き癖の理由と対処法・しつけ方


 猫が「ひっかく」理由と場面別「ひっかき癖」の対処法・しつけとは?



 噛み癖がついてしまった猫の直し方は?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileにゃん部

PetSmileにゃん部

にゃんこ大好きPetSmileにゃん部です。猫ちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード