実は甘えん坊!?ワイルドなルックスで人気の『オシキャット』の性格と特徴、飼い方とは?

2016.10.12

実は甘えん坊!?ワイルドなルックスで人気の『オシキャット』の性格と特徴、飼い方とは?

人工野生ネコとも言われている「オシキャット」をご存知ですか?ペットショップでもあまりお目にかからないのですが、ヤマネコのようなワイルドなルックスなのに、とっても甘えん坊な猫です。今、猫好きの間で徐々に人気が出始めているオシキャットの性格や特徴を余すところなくご紹介いたします。

focebookシャア
ツイート

オシキャットってどんな猫?特徴は?

オシキャット

オシキャットの最初のブリーダーであるバーシニア・デイリーが、アビシニアンとシャムを交配したのが始まりと言われていて、1代目の子猫は容姿がアビシニアン似でしたが、2代目の子猫が斑点模様でした。その後、模様をくっきりと出すことが出来ないかと考えたブリーダーたちの中で何度も交配をさせ、研究された結果、オシキャットが誕生したのです。
オシキャットは2代に渡る交配の末誕生した猫で、CFAにも登録されることとなりました。

オシキャットの特徴はなんといっても、野性味あふれるルックスです。
ヒョウ柄で、筋肉質でいて、目も耳も大きく、被毛は光沢がありつややか、色の種類は多く12色もあります。


他の猫とは全く違う性格を持つオシキャット

オシキャットは猫には珍しく社交的な性格の猫種で、しかも犬のように様々なゲームを覚えることが出来るのが特徴です。
例えば、投げたものを取ってくる、呼べば返事をする、指示された通りおすわりをするなど、猫の概念をひっくり返すような行動をするオシキャットもいるようで驚きです。

オシキャット

オシキャットはおもちゃで遊ぶことが大好き!とても友好的な猫で、見知らぬ人がいても触ってもらいたいと自ら近づいて撫でてもらおうと催促する程の性格の持ち主です。

しかし、甘えん坊ゆえに飼い主が十分にかまってあげないと、ストレスを感じてしまうところがあります。
猫は気まぐれでツンデレなイメージを持たれることが多いと思いますが、オシキャットはまったく当てはまらないのです。飼い主が家にいる時は、常に傍らにくっついるほど、とても寂しがり屋なのだとか。

もし、家での留守番が多いご家庭であれば、一緒に遊んでくれる動物と一緒に飼うことをオススメします。他の猫のように一人で遊ぶということが苦手なので、飼い主さんの時間が許す限り、毎日遊んであげたり、コミュニケーションを取ってあげましょう。
猫の接し方というより、犬との接し方に近い方法でコミュニケーションを取ることが大切のようです。

また、オシキャットは水を怖がらない子も多く、「犬の魂が猫に入っている」とよく例えられますが、まさにその通りですね。


オシキャットの育て方

オシキャットをペットとして迎え入れた場合、どういった点に注意しなくてはいけないのでしょうか。

– ブラッシング –

抜け毛が少ないという特徴を持っているので、毛を取るということより、オシキャットの特徴でもあるスポットをきれいな毛並みに保つために、1日最低1回はブラッシングをしてあげましょう。
毛ツヤを出したいのであれば、両手でのマッサージが効果的です。

– 寒さに注意! –

オシキャットは若干寒さに弱いところがあるので、特に冬場の健康管理には気を付ける必要があります。
夏も人間が適温だと思う室温が、オシキャットには寒すぎる場合もありますので、クーラーの効いた部屋でも猫が入る事の出来るキャットタワーやベッドを置いてあげましょう。

– 運動 –

ヤマネコの血を引くためか、運動時は活発に動きます。走り回るということより、上に登って遊ぶことを好みますので、キャットタワーやキャットウォークなどを設置してあげると良いでしょう。
また、かなり狭い場所も登ってしまうので、カーテンレールは強度のあるものを選ぶか、レールの上を歩けるように板を付けてあげることをオススメします。


オシキャットはとても飼いやすい猫

オシキャット

「ヤマネコ」や「人工野生ネコ」などと言われているほど見た目がワイルドなルックスなので、飼うのが難しいイメージがあります。でも、実はしつけがしやすく、人懐っこい性格であることからとても飼いやすいという特徴を持っています。

一度「ダメ」だと教えると、しっかり覚えてくれるので、猫を飼うのが初めてという飼い主さんでもしっかりしつけが出来てしまう、オススメな猫なのです。


まとめ

いかがでしたか?
オシキャットという猫はまだ珍しくペットショップに行ってもなかなか出会うことは難しいかもしれませんので、実物を見たい人はブリーダーに問い合わせしてみましょう。
あの野性的な顔立ちと、ヒョウのような模様でいて、人懐っこい性格、しつけも簡単、初心者にも飼いやすい猫ということで、猫好きの間では徐々に人気が高まってきています。
オシキャットに出会う機会がありましたら、ぜひあの気品ある毛並を拝見してみてください。

eye catching by aaron


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・高貴な甘えん坊!?シャム猫のなんともかわいい性格・特徴とは?
・ブサカワ界の新星!?世界最古のヤマネコ『マヌルネコ』はどんな性格・特徴?
・【泳ぐ猫】水を一切怖がらない!?『ターキッシュバン』の性格・特徴、飼い方とは?
・猫の毛柄カタログ


 最高金額1,000万円以上!?セレブだったら飼いたい世界で高価な猫の品種。



 【面白ねこ雑学】遺伝子で決まる!?猫の模様と性格のフシギな関係


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nanatsu

nanatsu

猫は子供の頃からずっと一緒で、大人になった今でも猫を4匹飼っております。保護猫活動のお手伝いもしておりますので、一日が猫に始まり猫で終わるという生活になりつつある今日この頃です。

関連するキーワード