Twitterで大人気!サーキット場で自由気ままに過ごす「桶川猫」がかわいい

2016.11.03

Twitterで大人気!サーキット場で自由気ままに過ごす「桶川猫」がかわいい

みなさんは「桶川猫」をご存じですか?埼玉県の桶川市にある『桶川スポーツランド(サーキット場)』にいる猫たちのことです。ここで働いている猫スタッフたちの勤務する姿や日常の姿などがTwitterでツイートされて、大人気となっています。現在のフォロワー数は2万人を超えるとか…。入場は無料のこのサーキット場。猫好きさんにはたまらない猫スポットのひとつとなっています。どんなところなのか、どんな猫たちがいるのか。徹底調査してみました!

focebookシャア
ツイート

桶川猫ってなに?

『桶川スポーツランド』は、埼玉県桶川市にあるサーキット場です。世界や全日本で活躍する有名ライダーを数多く輩出しています。年中無休で入場料は無料ということで、近くの方はいつでも気軽に行ける場所だと思います。ミニバイクや大型バイク、カートやキッズバイクなども楽しめるのでお子様とも楽しめますよ。

この『桶川スポーツランド』で人気となっている猫たち。元々野良猫や捨て猫だった猫たちが現在は猫スタッフとして受付にいたり、車までご挨拶に来てくれたりします。
Twitter上では、そのやる気のなさが人気となっています。現在は5匹と子猫1匹が猫スタッフとして勤務しているようですが、きっと子猫はすぐに大きくなってしまいますので期間限定のちびスタッフですね。

サーキット場なので、猫たちには危険が及ばないように「営業時間内はコースには立ち入り禁止」という鉄の掟があるようです。「コースに入らない。たまに従う」このルールを守れないと社長のお家へと連れて行かれ、サーキット場には出入り禁止に…。

そんな猫たちが11匹いるそうですが、みんな社長のお家で幸せに暮らしていると聞きました。


個性豊かな桶川猫スタッフ

桶川猫のプロフィールなどもあります。

『たまニャース』という名前の猫は日本語を理解しているとか…。今まで子供を6匹産んだそうです。

『漆黒太郎』は、その名の通り黒猫です。意外と根に持つタイプのようですが、猫に人気があるようです。最近は太って立派になられたそうな…。

『トムお』は気弱なオス猫。桶川猫の中で一番有名な猫で、元飼い猫だったようですがそのまま野良猫になってしまい桶川猫となりました。可愛がってくれる人には誰でも懐きます!

『ごご』は猫が嫌いで全く動かないメス猫。姫気質ですぐに怒るらしいです。抱っこすると砂袋を抱いているような感覚に襲われる、とてもご立派な猫です。最近、ダイエットしているとか…。

『ウラおもてヤマネコ』は高級感のしましまが特徴のオス猫。すぐ喧嘩しちゃいますが硬派なので室内には入って来ないようです。メス猫にもてもてのイケメンにゃんこ。

『プータロー村』は現在家出中…。スタッフの仕事を手伝ってくれる猫。一番の新入りなので、ごはんは最後に食べるそう。やんちゃな茶トラです。

プロフィールを見ているだけでもとても楽しめますよね。名前がまたユニークです。


猫スポットへはルールとマナーを守って!

現在、Twitter上では桶川猫さんのアカウントは停止されています。桶川猫に会いに行かれる方はたくさんいると思います。猫たち、そこで働くスタッフのみなさまの気持ちを考えてマナーとルールを守って会いに行きましょう。また、Twitterのアカウントが復活するのを心待ちにしている方も多いと思います。遠方の方は行くことが出来ないので…。猫たちに癒しをもらう分、こちらも猫たちに返していけるようにしましょうね。

のんびりマイペースに過ごしている猫たちの平穏な日常が戻ってくることを願っています。アカウントは削除されていませんので、今でもTwitter上には猫たちの写真がアップされたままです。ぜひとも過去にさかのぼって可愛くだらけた猫たちの姿を堪能してみてくださいね。その姿に癒されること間違いなしですよ!

桶川スポーツランド


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・Twitterで発見!野良猫だったけど、患者さん、フォロワーさん、みんなから愛されて今はハッピーな「ミケちゃん」をご紹介☆
・【猫スポット】今年の猫旅はパワースポットへGO!「猫の細道」で心身ともに癒される尾道の旅
・【海外】ラリーVSパーマストン!イギリスの公務員猫たちの終わりなき戦い…
・【海外】不機嫌な老猫がCEOに!本屋猫キャッツビーの大逆転ストーリー


 【西日本】旅先でも猫ざんまい!看板猫のいるおすすめの宿3選♪



 【猫スポット】会えたらほっこり♪全国で大活躍の猫駅長をご紹介!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かなづき

かなづき

大好きな猫3匹と暮らしています。2匹はボランティア団体から、1匹はひとりぼっちで鳴いていた子猫を保護。それぞれ性格の違う猫たちと楽しく毎日を過ごしています。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら