猫の爪とぎから家具を守りたい!しつけで回避することはできる?

2016.11.09

猫の爪とぎから家具を守りたい!しつけで回避することはできる?

バリバリ…。ん?バリバリバリ。あっ、コラッ!!気づいた時にはもう遅い…猫ちゃんの爪とぎ。犠牲になった家具やソファは数知れず、飼い主さんの悩みのタネです。でも爪とぎをしている猫ちゃんは、なんだかとっても気持ちよさそう。いったい爪とぎって猫にとってどういう意味があるのでしょうか?爪とぎをしないようにしつけることはできる?猫ちゃんとの快適ライフを過ごすために、爪とぎのしつけについて考えてみましょう。

focebookシャア
ツイート

猫はどうして爪とぎするの?

猫 爪とぎ しつけ

猫の爪は人間と同じようにどんどん伸びてきます。ですが、猫の爪は人間と違った形で層になっており、古くなった外側の爪から自然にはがれて中から新しい尖った爪が出てくるというしくみになっています。爪を研ぐことによって、古い爪を効率的に剥がし新しくしているのです。

猫の肉球からはその猫ちゃんの臭いが出ていて、爪とぎをすることにより「この場所は私の縄張りニャン」という意思表示でもあります。また、他の猫に自分の存在を知らしめるためにバリバリと音を立てて爪を研ぐ、という説もあるようです。

いずれにしろ、猫ちゃん本来の行動なので、爪とぎそのものをやめさせるのは難しく、猫ちゃんにとっても大きなストレスとなってしまうのは間違いありません。
爪とぎは猫ちゃんにとって最高のストレス解消法のひとつなのです。


爪とぎはしつけることができる?

猫 爪とぎ しつけ

基本的に猫は人間のいうことはききません。気持ち良いことは大好きで、不快な事は大嫌いというとても素直な動物であり、そこが猫の魅力でもあります。

そんな猫ちゃんにこちらの希望通りにしてもらうのは難しいことですが、その性格を利用してしつけていくことは可能です。
「ここでしてほしい」と要求するより「ここではしないでほしい場所」に工夫していく方が、効率の良いしつけができます。子猫の場合は早くからしつけるとしっかり学んでくれる事があるようです。ただ親猫がいる場合、親猫をマネて同じ場所で爪を研ぐ事を学んでしまいます。この場合親猫の問題の方から解決しなければなりません。
親猫がいない場合は母猫代わりの飼い主さんが市販の爪とぎを用意して、両手を持って爪を研ぐしぐさをさせてそこで爪とぎするように優しく教えてあげましょう。


具体的なしつけ方法は?

「ここで爪とぎすると嫌な思いをする」と猫ちゃんに思わせることが爪とぎのしつけの基本です。

その方法のひとつが、猫ちゃんが爪を研いではいけない場所で研ぎ始めたら、大きな声で「コラッ!」と言ってビックリさせる、という方法。猫はとても聴覚が敏感なのでかなり大きなショックを受けるそうです。猫の嫌いな「シューッ」という音のするスプレーを使うのも手。これらを繰り返すと、猫は「ここで爪を研ぐとなんだか怖いことが起こるニャ!」と諦めてくれるかもしれません。

しかしどちらもその現場に飼い主さんがいなければできないのが難点。そこで猫の嫌いな臭いのスプレーをかけておく、という方法もあるようです。また、猫の苦手な両面テープを家具に貼るという方法もあるそうです。

●おすすめ商品

ヒッカキノン100 愛猫用 スプレータイプ 100ml

猫の嫌いな柑橘・木酢・山葵の3種の臭いを特殊配合し、愛猫のイタズラを防ぐスプレータイプ。

購入



もししつけできなかったら…

猫 爪とぎ しつけ

猫ちゃんのしつけが難しかったら、爪とぎする場所の方の全体を何かで覆って隠したり、物を置いたりして邪魔してしまうのもひとつの手です。我が家の猫もソファで爪とぎをし始めた時にタオルケットをかけると、それが邪魔なのかすぐに爪とぎをやめてしまいます。
また、猫ちゃんが爪とぎしてしまう場所の近くに新しい爪とぎを設置し、またたびを付けておいておくと「おや?こっちになんだか素敵な場所があったニャ」とそこで爪とぎを始めてくれるかもしれません。猫ちゃんの好きな爪とぎの種類や、好きな形、爪とぎしやすい場所なども日頃からよく観察して工夫してあげるといいでしょう。

他にも、猫ちゃんの爪を手術で切除してしまうという方法まであるようです。確かに爪がなくなれば爪とぎの被害はなくなるかもしれませんが、猫ちゃんを飼う時には猫本来の習性もまるごと受け入れるという覚悟をもつことが基本中の基本。やむを得ない場合を除いて、できれば自然体のままでいさせてあげたいものです。


爪を切ると爪とぎする気が薄れる…?

猫 爪とぎ しつけ

我が家の猫を観察していると、爪を切った直後で短い時はあまり爪とぎをしていても楽しくないようですぐにやめてしまいます。確かに爪とぎに爪が喰い込まないので、ただ表面を両手でこすっているようになりつまらなくてやめてしまうようです。こまめに爪を切ってあげることも、爪とぎ被害を防ぐひとつの方法のようです。

いかがでしたでしょうか?
爪とぎをされるとそこはボロボロになってしまいますが、猫ちゃんにとっては大切なストレス解消法。できれば爪とぎは「させない」よりも「してもいい場所を作ってあげる」方向で対策を練ってあげたいですね。

画像出典:そらねこのブログ


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・いたずら・脱走にお困りのあなたへ!室内飼いの便利アイテム5選
・困った行動には理由がある! 猫のマーキングについて
・知って納得!猫が「ひっかく」理由と場面別「ひっかき癖」の対処法・しつけとは?
・猫にとって使いやすい爪とぎってどういうもの?


 簡単にできておすすめ!「爪切り時に毎回暴れる猫問題」しつけで解決しよう



 こんな家具がオススメ!猫が快適に過ごせるための部屋の作りかた


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もんさんみしぇる

もんさんみしぇる

愛猫は長毛のツンデレ猫ミシェルさん。いつもは猫の保護活動をお手伝いしたり、猫のことを書いてみたり。でもほんとはタロット占いで人間や猫ちゃんの気持ちを伝えたりするお仕事をしています☆

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら