腎臓病や膀胱炎…猫の病気の治療費はどれぐらいかかるの?

2016.11.24

腎臓病や膀胱炎…猫の病気の治療費はどれぐらいかかるの?

愛するペットとして人気の高い猫ちゃん。自由に行動して素っ気ない態度をとったかと思ったら、 今度は近づいてきてすりすり甘えてきたりと、自由気ままなところが猫の魅力です。 時折見せるリラックスした表情も見ているだけで幸せな気持ちになります。 そんな愛すべき猫が病気になってしまったら・・・と考えると心配なものですよね。病気になった時には、 すぐに動物病院に行って治療を受けることが大事。しかし、保険がない動物の受診は、結構治療費もかかるものです。 どれくらいの費用がかかるのかは受診の際に気になるところです。 そこで、猫がかかりやすい病気と治療費の目安について、お話ししていきます。

focebookシャア
ツイート

腎臓病(腎不全)

猫 病気 治療費

体の中でも重要な臓器である腎臓。それは人間でも猫でも変わりません。腎臓の病気は猫にとっても避けたい病気なのです。

●腎臓病ってどんな病気?

腎臓は体にとって大きな役割を担っていて、多くの人がご存知なのは尿をつくる働きではないでしょうか。

腎臓で尿をつくり、体の外に老廃物として押し出すことは、健康な体づくりのために重要です。また、水分量の調節だけでなく、血液の濃度や血圧を調節したりもしますから、腎臓の機能が悪化すると貧血や脱水を引き起こしてしまいます。また、腎臓が正常に働かないことにより、老廃物が体の内部に溜まり、他の病気のリスクも高めてしまいます。

●腎臓病の予防法は?

猫が腎臓病を引き起こすのには、猫が水をあまり飲まないことが関係していると言われています。
それというのも、猫の祖先は砂漠で生きることができたから。砂漠という水の少ない環境で、水をそれほど飲まずして生き抜くことができたのです。そういった歴史もあり、猫はあまり水を飲まない傾向にあります。

基本的に総合栄養食と新鮮な水があれば、生きるために必要な栄養は確保できます。新鮮な水をできるだけ多く飲ませてあげたいものです。また、塩分の高いおやつをあげすぎると、塩分過多で腎臓機能が悪くなるので要注意です。

Next↓気になる腎臓病の治療費は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード