病気はおしっこで早期発見!猫の健康管理で大切な「尿検査」の方法とは?

2016.11.29

病気はおしっこで早期発見!猫の健康管理で大切な「尿検査」の方法とは?

猫のかかりやすい病気と言えば「下部尿路疾患」や「腎臓病」といった、おしっこに関係するものが有名。でもできれば大好きな猫ちゃんにはいつまでも元気でいてほしいですよね!今回は猫ちゃんのおしっこから発見できる病気や、病院での尿検査、さらには自宅でできるおしっこの健康チェックについて詳しく学んでいきたいと思います。日頃からできるちょっとした健康管理で、大切な猫ちゃんにいつも元気でいてもらいましょう!

focebookシャア
ツイート

どうして「おしっこ」に関係した場所が病気になるの?

猫 おしっこ 病気 尿検査

なぜ猫は「おしっこ」に関連した場所が病気になりやすいのでしょうか?
猫はもともと水の少ない砂漠地帯原産の動物。そのため貴重な水を体内で有効に使おうと尿の量をできるだけ少なくして生きてきました。尿の量を少なくするためには必然的に濃度が高まり、そのために尿に関連した部位を酷使することになってしまうため、様々な病気の原因へとつながってしまうのです。

おしっこが原因となる主な病気は?

尿が原因で起こる病気は様々ですが、猫はだいたい5~6歳を過ぎるころから腎機能が低下し始めると言われています。なので「うちの猫ちゃんはまだ若いから…」という油断は禁物です!

病状が進行してしまうと「慢性腎不全」となり命にも関わってきます。さらに、メスに比べて尿道が細くて長いオスの場合は「尿石症(尿の中の成分が凝固して石ができる)」が起こりやすく、それが原因で「尿道閉塞」になってしまう確率が高いそう。一方、尿道が太くて短いメスの場合は細菌が入りやすいため、「膀胱炎」に注意が必要です。

そんな事態になってしまう前に、ぜひ尿検査を受けておしっこの病気を事前に防いであげたいものです。

病院での尿検査はどんなふうにするの?

猫 おしっこ 病気 尿検査

病院での尿検査の方法はいくつかあります。
まずは膀胱を押して尿を排泄させる方法。それから、猫ちゃんの身体にカテーテルを入れたり針を刺して採尿する方法があります。

猫は病院の中では緊張してなかなかおしっこをしたりしないもの。限られた時間の中で採尿するためには、ちょっと可哀想ですがこれらの方法を取らざるを得ないようです。また、採尿してすぐに検査できるので余計な雑菌が混ざらないというメリットもあります。

自宅でもできる採尿方法!

でもやっぱり猫ちゃんにはストレスの少ない方法でできたらいいですよね。病院でも基本的に採尿は飼い主さんにお願いするという方針の病院が多いようです。

採尿に使える道具は様々。柄のついたスコップやおたま、水を吸い込みやすいスポンジに吸わせる、あるいは最近人気のシステムトイレを使うと楽に採尿できます。また「採尿シート」や柄の先にスポンジのようなものがついた「採尿器」なども販売されているようです。
いずれにせよ覆いのないオープン式のトイレの方が採尿しやすいので、覆い付きのトイレに慣れた子は、将来の事を考えてオープン式トイレに慣れさせてあげた方がいいかもしれません。

また、採尿の際は清潔な道具を使用し、採取したらできるだけ早く病院に持っていく事が大切です。

●おすすめ商品

1週間消臭・抗菌デオトイレ ハーフカバー本体セット ナチュラルアイボリー

閉めきったお部屋でもニオわない、ねこのシステムトイレ

購入


尿検査でわかることは?

尿検査では様々な病気の兆候をつかむことができます。腎臓、肝臓、胆のうなどの内臓の病気や、糖尿病や心不全、尿結石の有無まで知ることができます。これだけ詳しく知ることができるのなら、やはり年に一度の健康診断は欠かせませんね。

どうしたら病気を防げる?

猫 おしっこ 病気 尿検査

猫ちゃんをそれらの病気から守るために、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか?
猫はとても敏感な生き物。ストレスがかかる状態が続くと、トイレに行かなくなってしまいます。トイレに行かないと体内の尿の濃度が高まってしまいます。できるだけ水をたくさん飲むように工夫してあげることも大切。家の中の何か所かに、いつも新鮮なお水を用意してあげましょう。
それから猫といえば煮干しなどの小魚やカツオブシを食べているイメージですが、それらには泌尿器系に負担をかけるミネラルが豊富なので与えすぎは禁物。普段与えるフードもできるだけミネラル、特にマグネシウムや塩分の少ないものを選びましょう。

一番大切なのは普段からの健康チェック

尿検査も大切ですが、やはり普段から愛猫の様子をよく観察することが一番大切な健康チェックです。トイレに行く回数、一回のおしっこの量、匂いや色など、元気な頃から気を付けて観察しておくことで、いち早く異変に気づくことができます。元気がない時だけではなく、元気な時はどんな様子かもよく覚えておくとよいでしょう。

猫の宿命ともいえる、おしっこにまつわる病気。大切な猫ちゃんのために、普段からよく観察して健康チェックをして病気を防いであげましょうね。


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・下部尿路の健康維持キャットフード『メディファス』
・健康チェック《おしっこ編》
・プシュッと解決!!猫ちゃんの気になるおしっこ臭対策
・トイレ以外でおしっこしちゃう!その原因は?


 「尿閉」って知ってる?オス猫は特に注意したいおしっこの病気



 猫も膀胱炎になる?その原因と対策法は?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もんさんみしぇる

もんさんみしぇる

愛猫は長毛のツンデレ猫ミシェルさん。いつもは猫の保護活動をお手伝いしたり、猫のことを書いてみたり。でもほんとはタロット占いで人間や猫ちゃんの気持ちを伝えたりするお仕事をしています☆

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら