【なぜ?】猫の舌のしまい忘れ、出しっぱなしのかわいい理由とは?病気の可能性も?

2016.12.01

【なぜ?】猫の舌のしまい忘れ、出しっぱなしのかわいい理由とは?病気の可能性も?

こんにちは、そらにゃんです。 暖かい日も少くなってきて、いよいよ秋も深まってきた今日この頃。みなさんのおうちの猫ちゃんのご機嫌はいかがですか? 小春日和の窓際で日向ぼっこする猫ちゃんの姿は本当に愛らしい。 そして猫ちゃんが舌をしまい忘れてうたた寝する姿を目撃した時といったら!!飼い主さん、瞬殺ですね。ちょっとおマヌケに見えるあの舌をしまい忘れた表情。ずるいですよね。 それにしても、猫ちゃんの舌のしまい忘れはどんな時に起こるのでしょうか?

focebookシャア
ツイート

猫が舌を使うのはどんな時?

cat-238323_640

猫はいろんな時に舌を使います。
まずは食事。特に水を飲んでいる時の舌の高速回転はびっくりです。そのスピードはなんと秒速76m!1秒間に3~4回、回転しています。
そしてなんといって大切な毛繕い。猫は綺麗好きなので、一日の大半を毛繕いに費やしているといってもいいでしょう。特に長毛種の猫ちゃんにとっては毎日大変な労力を要しているはず。
ああ、想像するだけで口の中がだるくなってきてしまいます・・・。


猫が舌をしまい忘れてしまうのはどんな時?

とっても働き者の猫の舌。猫ちゃんが舌をしまい忘れるのはやはり、リラックスしている時でしょう。
本来野生動物だった猫が、生きるか死ぬかの緊張した毎日の中で、舌をしまい忘れていることなどなかったはず。イエネコとして人間と暮らしているうちに信頼関係が生まれ、安心しているからこそ、猫ちゃんはつい舌をしまい忘れてしまうのです。

猫ちゃんが舌をしまい忘れるタイミングは、毛繕いの時が多いようです。一生懸命毛繕いして疲れてしまった時の舌のしまい忘れ。そのまま眠ってしまった時。毛繕いの最中に他のことに気持ちが向いてしまった時の舌のしまい忘れ。
何にしても舌のしまい忘れは猫ちゃんが今の環境に安心して暮らしてくれているという証。飼い主さんにとっては喜ばしいことですね。可愛らしい顔も見られることですし。

@6cat.ayufamが投稿した写真

また、猫の種類によっても舌をしまい忘れやすい子がいるようです。生まれつき顎の小さな猫種は、顎の中に舌が収まりきらず、力が抜けた時に自然と舌が出てしまうことがあります。
舌をしまい忘れやすい猫種としては、ヒマラヤン、チンチラ、ペルシャなどが挙げられます。

しまい忘れた猫ちゃんの舌は、無理に直すことはありません。「はっっ!!しまった!!!」とばかりに、自分で急いでしまってしまうことでしょう。そんな表情を待ち構えているのも楽しいですね。


注意したい、「舌のしまい忘れ」もある

可愛らしい猫の舌のしまい忘れですが、注意しなければならない時もあります

・ぐったりしている
・口からよだれを垂らしている
・常に舌が出しっぱなしになっている
・食欲がない
・口臭が強い
・口から出血している
・呼吸が早い

など、普段と違う様子が見られるようであれば、すぐに病院で受診しましょう。大きな病気の兆候かもしれません。異常に気づけるように、普段の猫ちゃんの様子をよく観察しておくことは大切なことですね。


猫の舌のしまい忘れの表情はかわいい!

いかがでしたか?

残念ながら、我が家のにゃんずは舌をしまい忘れてしまうことはありません。どんなにだらしなく眠っていても、口はぴったり閉じられているんですよね・・・。残念。
だから、カメラの中で舌を出している瞬間を見つけた時は本当に可愛くてニヤニヤしてしまいます。

猫 舌 しまい忘れ

某国営テレビの番組で、しまい忘れの舌は昼間の自分のいたずらをうやむやにする猫の作戦ではないのか、という歌が流れますが、私はこの歌が大好き!まさにその通りだと思うのです。
猫ちゃんが見せる表情は日々様々。ほんの一瞬に見せてくれる愛らしい表情を、私たち飼い主はご褒美のように、宝物のようにありがたく胸にしまっておきましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

猫 舌 しまい忘れ1

うーん、モフモフしたい。舌はしまい忘れてないね


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・寝てる時は?起きてる時は?猫の背中がピクピク痙攣する本当の理由
・これってハゲ?猫の目の上から耳にかけての毛が薄い理由を大解説!
・猫の舌~ザラザラの秘密~
・起きてる30%~50%は毛づくろい 毛づくろいの理由とは


 しまい忘れ!!10連発



 猫舌ってホント?熱さを感じるのは「舌」ではない!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
そらにゃん

そらにゃん

猫が大好きなおばさんです。猫、いいですね! 我が家には「そら♂」「すず♀」「りん♀」のニャンズがいます。 ずっと犬を飼っていて猫暦はまだ二年そこそこと短いのですが、長年の願いだった猫との暮らしに今もウハウハ状態です。ニャンズのおかげで仕事や家事や寄る年波の疲れも吹っ飛びます。 病気がちな「そら」のおかげで獣医さんと懇意になり、通院の度に先生から様々な猫情報を教えていただいてます。 いかにニャンズを満足させられるか、猫じゃらしの振り方を日々研究中。 得意技は猫に錠剤を飲ませること。←ただし「そら」限定!?

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら

ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬プレスバナーペットスマイルアプリバナー