暖房選びは慎重に!猫は自分が焦げていても気づかない?

2017.01.19

暖房選びは慎重に!猫は自分が焦げていても気づかない?

最近では、愛猫を完全室内飼いで飼っている方も多いですよね。寒い冬は人間同様猫も寒いものです。暖をとる為に自宅で使用している暖房器具はどのような物でしょうか?今回は、猫を飼っている方が注意したい暖房器具選びについてご紹介します。

focebookシャア
ツイート

猫は寒がり!

cat0034-001

猫を飼っている方なら、猫が普段から高い所や日なたなどが好きな事をご存知かと思います。
猫は高い所や暖かい場所を自分で見つけ、自分にとって安全で居心地がいい場所を見つける能力がとても優れています。寒い冬は暖かそうな場所を自分で見つけ、寒くなってきたらまた別の暖かそうな場所を見つけて、のような繰り返しをしています。

ちなみに、飼い猫よりも野良猫はよりそのような能力が優れているようです。野良猫は外での生活ですから、自分で居心地が良い場所を見つけるほかありません。猫は冬眠はしないですから、冬は何処が暖かい場所なのかしっかりと覚える能力もあるのでしょう。


暖房器具はホットカーペットがお勧め

猫を飼っている方には、ストーブよりもホットカーペットがお勧めです。なぜなら、火が付く恐れのある暖房器具は、自宅の火事や空気の汚れ以外にも、猫にとってはとても危険な暖房器具だからです。

猫は寝る事が大好きで、1日の3分の1は寝て過ごしていると言われています。寝ている事が多い猫がストーブの前で寝ていた場合、あまりにストーブとの距離が近くなり過ぎて背中などの毛が焦げてしまう事があるのだそうです。しかも、熟睡しているとなかなかそれに気が付かない場合もあります。これは実際に猫を飼っていて経験した方もいらっしゃいます。

少し背中辺りの毛が焦げてしまう程度で済めばいいですが、毛の焦げが進み、皮膚に火傷をしてしまう可能性も十分にあります。
皮膚が毛で覆われているため、毛が皮膚を守ってくれていると考えがちですが、毛があると皮膚が熱いなどと言う状態になかなか気が付かないデメリットもあります。特に少し焦げてしまっているくらいの場合は、気が付かない事十分あり得ると思います。

暖房器具を使う際は、火の気がないような安心な物を選ぶ事をお勧めします。

dog-837360_640
ほかほかマットデラックス L

猫は日光と毛布で十分?

zul8zfse-ky-linh-nguyen

人間は冬の寒い時期は暖房器具を使わないと寒くて耐えられない、と言う方もいますが、猫は太陽の光や毛布のような物があれば十分だと言われています。日なたに毛布やクッションなどを置いておくと、気持ちよさそうに寝ていたりしますよね。
飼い主としては、自分がとても寒いと猫も暖房器具が必要と思ってしまいがちですが、本当はそんな事はないようです。実際に冬も外で生活している野良猫もいるので心配になる気持ちは分かりますが、あまり過保護になりすぎてもよくないでしょう。

太陽が出ている昼間は日なたの場所を作ってあげて、そこに好みそうなクッションなどを置いてあげましょう。猫の習性的に、小さめの段ボールのような多少深みがある入れ物は好んで入ることもありますので、箱の中にクッションや座布団などを入れてあげるといい寝床にしてくれたりします。


適度な防寒対策を!

人間は猫のような毛で覆われていないですから、個人差があったとしても冬はとても寒く感じます。自分が寒いと感じる時は、ペットを飼っているとどうしてもペットも寒いのだと思ってしまいがちですよね。かわいいペットですから心配になる気持は分かりますが、あまり人間目線で暖をとろうとすると動物には暑く感じてしまう場合もあります。

どんな動物でもそうですが、猫や犬などのペットと暮らしている場合は、暖房器具の火の管理には十分に注意し、できるだけ火が付く心配がないような暖房器具を選びましょう。


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・猫に冬の留守番をさせる時、どんな対策をしたら良いの?
・暑い夏と寒い冬。猫の体温調節はどうしてる?
・猫の寒さ対策。冬の寒い室内での対策方法は?
・冬はストーブやコンロに注意!猫が火傷した時の症状、対処法は?


 猫がやけどするのはどんな時?冬に注意したいやけど3パターン!



 猫がこたつに入る季節!気を付けるポイント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileにゃん部

PetSmileにゃん部

にゃんこ大好きPetSmileにゃん部です。猫ちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら