猫のトイレ事情を知って愛猫も飼い主もハッピーに!

2017.01.24

猫のトイレ事情を知って愛猫も飼い主もハッピーに!

猫ちゃんのオシッコやウンチの臭い、特に夏は、気になってしまうことありませんか?猫ちゃんにとっても、私たち人間にとっても、猫ちゃんのトイレは、清潔に保つことが健康にも関わるとても大切なことです。今回は、猫ちゃんのトイレ事情についてのお話です。

focebookシャア
ツイート

昔の猫のトイレはこんなだった!

猫 トイレ 昔

今から約50年前には、猫ちゃんのトイレは箱にビニールシートを敷いて、洗えるタイプの猫砂を入れたものを使っていました。猫ちゃんがトイレを使用すると、当然猫砂は汚れます。それを定期的に洗って綺麗にして、乾かして使用するという繰り返しだったので、飼い主さんは結構大変だったのです。特に、冬に猫砂を洗って乾かすのは、とても大変なことでした。

家では、その大変さを軽減するために、箱にビニールシートを敷いて、新聞紙を手で細かくちぎって(「ちぎる」というところはとても重要!オシッコを吸いやすくするためです。)、猫砂と混ぜてトイレを使用していました。猫ちゃんが慣れてくると、段々新聞紙の量を増やして、最後は新聞紙だけにして使用します。上手に用を足さないと、少々足などが濡れてしまう事もあり、トイレの周りに雑巾を敷いて、かつ、猫ちゃんの足をよく雑巾で拭くということもしていました。
この新聞紙を使うトイレは、10年くらい前に出版された本でも紹介されていて、経済的ではあるのですが、やはり衛生面や手間を考えると大変です。

今は経済的かつ衛生的で便利な猫ちゃん用トイレが多く用意されていますよね。


猫にとってトイレ環境はとても大切!

猫 トイレ

ほとんどの猫ちゃんは、とても神経質な性格をしています。だから、トイレに対してもとても神経質なのです。猫ちゃんがトイレを我慢すると、膀胱炎を始めとするさまざまな病気の原因になることもあります。

猫ちゃんにもよるのですが、トイレの中で方向転換が可能なくらいの大きさは欲しいですね。肉球の間に砂が入るのを嫌う猫ちゃんもいるようですから、猫ちゃんの好き嫌いを観察してみて、猫ちゃんのお好みのトイレ環境を作ってあげてください。
今は、形や大きさや深さ、臭い、砂など、いろいろなタイプのトイレがありますので、周囲の環境を含めて、猫ちゃんのこだわりにあったトイレにすることはとても大切です。猫ちゃんが病気なるリスクをおさえると共に、私たち人間にとっても臭いや衛生面でストレスにないようにもしたいですね。

ちなみに猫ちゃんの中には、人間のトイレで用を足す猫ちゃんもいるようです。うちのチンチラも一度チャレンジしたことがあるのですが、うちのチンチラは凄く小さいので、人間のトイレは大きすぎて落っこちてしまいそうになり、断念したことがあります。


いろいろな種類の猫用トイレ

dog-837360_640
ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめ粒 2.5L

現在は、デオドラント効果のあるものや、ほんのり良い香りのするもの、チップタイプやシートタイプなど、いろいろな種類の猫砂やトレイが販売されています。猫ちゃんによって好みも違いますから、猫ちゃんのお好みのものが見つかるまでいろいろ試してみることも良いかもしれないですね。

また、飼い主さんにとっても、トイレに流せるタイプ、可燃ゴミで捨てれるタイプ、不燃ゴミで捨てれるタイプなどがあって選べることも嬉しいですよね。

dog-837360_640
1週間消臭・抗菌デオトイレ ハーフカバー本体セット ナチュラルアイボリー

システムトイレのような二段になったものは、チップの部分と下にシートの部分があり、チップの部分はオシッコを下に素早く流し下のシートで吸い取ることもできます。これは、神経質な猫ちゃんにとって、砂が肉球に挟まることも少なく、オシッコの臭いもそんなに気にならないというメリットもあります。

他にも、清潔で気持ち良いトイレがたくさん販売されていますので、みなさまのところの猫ちゃんのお気に入りを見つけてみてくださいね。

猫のおすすめトイレタリーはコチラから


トイレはいつも清潔に!

先程も触れましたが、猫ちゃんはとても神経質な動物ですから、トイレが汚れていることだけでも用を足さない子もいます。また、トイレ以外の場所で用を足してしまう子もいます。
そうなるとお掃除も大変だし、猫ちゃんが病気になってしまうこともありますし、人間にとっても健康を害する事態を招くこともあります。猫ちゃんのトイレが清潔でないと、猫ちゃんにとっても、私たち人間にとっても、臭いや汚れ、健康にも良くないので、いつも綺麗にしておくことがとても大切です。

トイレを清潔に保つために1番良いのは、用を足したらすぐにその部分を取ってしまうのが、臭いも汚れも広がらなくて良いですね。手間のようにも思うかも知れませんが、用を足したままにして、次に猫ちゃんが用を足すときに、その場所を歩いたり、砂を掻いたりすることによって、汚れた部分が広がっていきます。こうなると、お掃除するのも大変になります。できるだけ汚れを拡散させないことが、簡単に清潔を保つことになります。
また、トレイも時々洗って、砂も1ヶ月に1回程度全部取り替えてあげて、常に清潔を保ってあげましょう。外出が多い場合や忙しいときには、もう1つトイレを置いてあげるということも必要ですね。


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・猫ちゃんのトイレ事情
・【我が家は猫でまわってる!】 第13話 トイレはどこで?布団とフランのトイレ事情
・猫にとって、いいトイレの環境を整えよう!
・避けては通れない! 猫のトイレのニオイ対策


 トイレ以外でおしっこしちゃう!その原因は?



 愛猫のトイレを無理なくしつける4つのポイント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SchrodingersCatWachan

SchrodingersCatWachan

生きてる半分以上にニャンのいる生活をしている、ニャン大好きな神戸のおばさんです。 現在は居ないのですが、ニャンの居る生活をしたい!と家族を説得中です!(=・・;=)キビシソウデスガ

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら