マンチカンのダイエット方法をご紹介!

2017.01.27

マンチカンのダイエット方法をご紹介!

短い足のマンチカンは「歩く姿がけなげで可愛い」と大人気。短足が特徴とも言われていますが、実は足の長いマンチカンもいます。全体的に丸みを帯びたマンチカンに魅了されてペットとして迎える方も多いでしょうが、実は他の猫よりも少し太りやすい体質とも言われています。太り過ぎで肥満になってしまうとさまざまな病気のリスクも高まってしまします。ここでは、肥満が及ぼす身体への影響と上手なダイエット方法についてご紹介したいと思います。

focebookシャア
ツイート

ウチの子は大丈夫?マンチカンの平均的な体重について

マンチカン ダイエット

長く健康的に生きてもらいたいので、マンチカンと一緒に暮らしている飼い主さんは「ウチの子は太っていないの?」と適正体重が気になるのではないでしょうか。

マンチカンは一般的な猫と比較すると少し小さめ。小型の部類に属しているので外見的にもぬいぐるみのようで可愛らしいですよね。

マンチカンの体重は、個体差があってメスの方が一般的に軽いです。オスは3キロから4キロ前後、メスだと2キロから3.5キロ前後が平均的です。
ただ、体重の判断は外見だけではできませんので、時々体重計で測り、チェックをするようにしてあげましょう。

もし、平均体重よりも上かな・・・と感じたら、飼い主さんがダイエットのために食事管理、体重管理を行ってあげるようにし、「肥満」を防ぐようにしましょう。


肥満になると何が危険?考えられる影響とは

「可愛いから」とついつい多めの食事量を与えてしまうのは、肥満のリスクを高めてしまうので注意したいところです。肥満は、体にさまざまな悪影響を及ぼします。

実は、マンチカンは食べることが大好きな傾向にあるようで、食事量も多くなりがちです。気づかないうちに肥満になってしまうと、体への影響も出てしまいます。

影響①:骨や関節に悪影響、椎間板ヘルニアの恐れも

猫達は4本の足で体全体を支えています。特に短足マンチカンの場合、普通よりも短い足で胴体を支えなければなりません。
そのため、体重が増加してしまうと骨や関節を痛めてしまい、椎間板ヘルニアを発症してしまうこともあります。

影響②:糖尿病

糖尿病は、人間だけの病気ではありません。なかなか発見しづらい病気ですが、肥満の猫に多くみられる症状です。
病状が進行してしまうと、腎障害や脂肪肝といった合併症が出たり、神経に異常が見られたりするようになります。歩行困難、下痢や嘔吐、最終的には意識障害や命の危険を脅かすケースもあります。

影響③:血管への負担が大きくなる

皮下脂肪が増えることにより、血管に負担がかかってしまいます。これにより高血圧となり、心臓への負担が大きくなり体全体への影響が強くなってしまいます。


愛猫を守ることができるのは飼い主さん!ダイエットで健康的に

「ウチの猫、最近なんだか太ってきたかも?」と思ったら、肥満になる前にダイエットをさせてみてはいかがでしょうか。「猫にダイエット?」と思うかもしれませんが、愛する猫をさまざまなリスクから守るため。猫は自分で体重管理ができないので、飼い主さんだけが頼りなんです。上手にダイエットをして健康を目指していきましょう。

ダイエット方法①:食事の管理を徹底的に行う

dog-837360_640
ロイヤルカナン フィーライン ケア ニュートリション ライト ウェイト ケア 肥満気味の成猫用 生後12ヶ月齢以上 400g

人間のダイエットでよく耳にするのが「食事抜き」の方法。でも、食事抜きといった急激なダイエットを猫にすると、「肝リピドーシス」等の病気を発症する恐れがあるため大変危険です。

適切な量を与えつつダイエットができるように、カロリー計算をしながら行ってみてください。同じ量でもカロリーが少ない「体重管理用」「ダイエット用」のものは、摂取カロリーを抑えてあります。少しずつ減ってきたと感じられたら、普通のフードに戻してあげましょう。

体重を一気に減らすのは猫への負担が大きいので、緩やかなスピードで減っていくのが理想的です。

– ダイエットにおすすめ商品はこちら –
コジマ通信販売オンライン

ダイエット方法②:運動を意識的にさせてみる

年齢があがるにつれ、猫も代謝がおちてさらに太りやすくなります。そのため、運動不足は「肥満」への近道にもなってしまいます。

留守番が多い、あまり動かないという生活を繰り返すと、摂取したカロリーが消費されないまま蓄積されてしまうもの。
飼い主さんが積極的に遊んであげるなど、運動の時間を作ってあげてみたいものです。いきなり運動量を増やすと猫も疲れるので、一日数分ずつからでもいいでしょう。「いつもよりも動いてもらう工夫」を飼い主さん側で準備してあげるのがいいのかもしれません。

ただ、高齢猫になると運動自体が辛い場合もあるので、食事のカロリー管理をメインにするなど、猫の状況によってダイエット方法を変えて見て下さいね。


愛猫を守ることができるのは飼い主さん

肥満になると一番かわいそうな思いをするのは、猫自身です。平均体重や適正な食事量を知ってあげると、自然に肥満の予防にもなります。飼い主さんは一番身近で猫を守ってあげられる存在です。普段から、愛猫の様子を気にかけてあげて、長く幸せな時間を一緒に過ごせるように配慮していきたいものですよね。


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・梅雨で出不精な今がチャンス!自宅で猫とダイエット
・冬は一緒にダイエット
・ダイエットすると飼い猫が甘えん坊に!?2016年上半期に発表された猫に関する研究・ニュース4選!
・猫の正しいダイエット方法は食事と運動から!愛猫のボディコンディションスコアを知ってダイエットを成功させよう♪


 愛猫の肥満度チェック!肥満になる原因と病気などの危険性とは?



 猫の肥満 可愛いでは済まないニャン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら