絶対用意しておきたい愛猫のための防災グッズ!もう準備は万全?

2017.02.06

絶対用意しておきたい愛猫のための防災グッズ!もう準備は万全?

地震や津波、台風など、自然災害の多い日本。もし自分がその被害に遭ってしまった時、大切な家族である猫ちゃんはどうするか?対策を考えるのは飼い主さんの義務と言えるでしょう。今回はそんな時に役立つ猫ちゃんの防災グッズを用途別にご紹介します。

focebookシャア
ツイート

猫を運ぶ際に便利なグッズ

dog-837360_640
ねこちゃん用ボックスキャリー レッド

避難するためには、まず猫ちゃんを連れて移動しなければなりません。実際に猫を連れて避難された方は「とにかく荷物が多い。猫は背負えるキャリーバッグやキャスター付きのものが便利」という声が。

震災に遭われた飼い主さんの中では、キャスター付きのキャリーも移動がラクなので好評だったようです。ちょっとしたポケットなどもついていると、動物病院の健康手帳や猫のお気に入りのおもちゃなども入れられます。キャリーについたファスナーを開けると中の面積が広くなり、ケージのように使えるものもあります。これは何度も移動を重ねなければならない避難生活の場合には便利そうですね。

dog-837360_640
smart(スマート) チャーミーリュック ブラウン

避難所でのマスト防災グッズは?

dog-837360_640
猫壱 ポータブル ケージ 黒

猫を避難させるに当たって欠かせない防災グッズは「ケージとトイレ」。特に避難所に連れて行く場合は、動物が苦手な方に配慮して猫はケージに入れておく必要があります。
かと言って、猫を狭いキャリーの中に閉じ込めておいては猫ちゃんのストレスがますます溜まる一方。体調を崩してしまう可能性も出てきてしまいます。お互いが少しでも快適に過ごせるように、きちんと配慮したいですね。

ケージの中に入れられるトイレも忘れずに!どちらも折りたためる軽量の物が便利です。

dog-837360_640
猫壱 ポータブル トイレ 黒

また寒さ対策や猫ちゃんが慣れない環境に少しでも安心できるようにケージにかける毛布なども用意してあげましょう。猫ちゃんの匂いがついたお気に入りのアイテムも猫ちゃんの心を安心させてくれるでしょう。

一番気を付けたい「脱走」対策グッズ

dog-837360_640
ドットレザーカラー イエロー

災害が起きた時は、猫もパニックになっています。住み慣れた家からも思わず脱走してしまう猫がいる位ですから、避難生活では「脱走」には特に気を付けなければなりません。基本中の基本としては首輪をつけること。さらに首輪に迷子札を付けると良いでしょう。
長引く避難生活、猫ちゃんをストレス解消に歩かせてあげたい…そんな場合にはリードやハーネスが必須。日頃から付けて慣れさせておくといいでしょう。避難所でケージから出したり抱っこして歩く際にも必ずリードやハーネスを使用し猫が脱走しないよう対策をしましょう。

以上の対策に加え、マイクロチップを埋め込んでおくと万が一脱走して保健所などに保護された場合に飼い主を特定できるので安心です。マイクロチップは動物病院で扱っており費用は数千円~一万円程度。

「暴れる猫」対策の防災グッズ

dog-837360_640
カーロップ 愛犬・愛猫用 液体タイプ 30ml

繊細な性格の猫ちゃんだと、避難の為に捕まえようとすると暴れて噛みついて来る子もいます。飼い主さんならまだしも避難所で他の方をケガさせてしまったら大問題。「ウチの猫は暴れそう…」と感じる飼い主さんは「猫の暴れ対策」グッズも用意しておくといいでしょう。猫の保護団体などでも使われている猫を落ち着かせる猫用アロマは、緊張してしまう猫の気持ちを和らげるために使用されています。人間には匂いはまったくわかりませんが、猫の緊張を和らげてくれるそうです。

猫の健康に欠かせない「水」

dog-837360_640
ペットのおいしい天然水 アクティア 超軟水 2L×6本

泌尿器系が弱くミネラルは大敵な猫に与えるのに一番適した水は「水道水」。ですが状況によっては水道が使えない場合もあります。「硬水」のミネラルウォーターはどうしても水がないという場合でない限り、避けた方が無難。ミネラルウォーターでも「軟水」ならば結石化につながるミネラル分は少なく短期間ならば与えても問題はありません。

またストレスから水を飲まなくなってしまう猫ちゃんも多いので、そんな時のために液状のおやつなどを用意しておくと安心です。

飼い主さんにも防災グッズを

災害時、ナイーブな猫は異常事態に興奮して噛みついたり引っ掻いたりしてくる可能性は大。飼い主さんご自身がケガから体調を崩してしまっては猫にとっても困った事になってしまいます。
そのために暴れる猫を扱う際のグッズも準備しておくと安心。猫が逃げ出した時に被せておとなしくさせるための大き目のバスタオルや、ケージに入れる際に暴れないようにさせる洗濯ネット、噛まれても大丈夫な革の手袋などもあると安心して猫ちゃんを扱えるでしょう。

核家族化や高齢化、また単身者世帯の増加に伴い、ペットを飼う人は年々増え続け、今では5世帯に一軒はペットを飼っていると言われる現代。それに伴い災害時のペットの防災対策も急務です。いつやってくるかわからない避難生活。お互いにストレスなく乗り切りため、しっかりと猫ちゃんにも防災グッズを準備しておきましょう。


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・猫は地震を察知する?注目の研究結果から分かる猫の地震予知能力
・愛猫の為に考えよう!過去の震災から学ぶ今後を学ぶ~ペットと『同行避難』について
・ペットのための防災対策の現状
・猫ちゃんの防災対策〜いざというときのために〜


 災害が起きた時に猫ちゃんはどうする?



 逃亡事故が多い猫ちゃんこそ 「マイクロチップ」が必要です


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もんさんみしぇる

もんさんみしぇる

愛猫は長毛のツンデレ猫ミシェルさん。いつもは猫の保護活動をお手伝いしたり、猫のことを書いてみたり。でもほんとはタロット占いで人間や猫ちゃんの気持ちを伝えたりするお仕事をしています☆

関連するキーワード