一人暮らしだって猫と暮らしたい!一人と一匹の快適同居生活のススメ

2017.03.06

一人暮らしだって猫と暮らしたい!一人と一匹の快適同居生活のススメ

仕事が休みの日は癒しを求め猫カフェ巡りしている方…いませんか?今回は、一人暮らしでも大丈夫!猫と楽しい同居生活を送るための準備と心構え教えます。猫を飼いたいけれど、一人暮らしだし毎日仕事で帰りは遅いし…と猫との生活諦めてしまっている人必見です。

focebookシャア
ツイート

猫の性質は一人暮らしとの相性バッチリ!

猫 一人暮らし 準備

猫の平均睡眠時間は一日20時間以上と言われています。猫は基本的に単独行動を好む動物で、一日のほとんどを寝て過ごします。
よって、昼間、部屋に誰もいない状態であっても、ほぼ寝ているので留守番をしていても対して影響はありません。

子猫との同居となりますと、日中ずっと一人きりというわけにはいきませんから、留守番は徐々に慣れさせる必要があります。ただし、猫は適応能力が優れている動物ですので、徐々に慣らすことで日中一人でいる事にも慣れてきて、一人でいる時間も上手に過ごすことが出来るでしょう。

そして、飼い主さんは夜家に戻ってきたら、猫の気がすむまで遊んであげてください。猫も夜は飼い主さんと遊べるんだと思えば、一人ぼっちの留守番も全く問題ないかもしれませんね。


一人暮らしで猫を飼うための準備とは?

◆必ずペット可の住宅か確認!

まず、猫と暮らすために、まずご自分の住んでいるアパートやマンションがペットOKなのか確認しましょう。
ここ最近、猫ブームの影響なのかペット可のアパートやマンションが増えてきています。ご自分の住んでいるところがペット不可であっても、ペット可の物件を探してみるのも猫との生活が想像でき楽しいかもしれません。

◆ペットを迎える前に家の中を確認!

猫 一人暮らし 準備

猫が家の中で一人だけで過ごすということは、人間が考える以上に危険がいっぱいなのです。猫はあらゆるものがおもちゃになります。あらかじめ、じゃれて危険なものはきちんと片づけておきましょう。

例えば、画鋲などでポスターを貼っていて、猫がじゃれて画鋲が落ちて足に刺さってしまう事もありますし、電気コードでじゃれて感電してしまうことも考えられます。
また、たばこの吸い殻など灰皿の中にそのままにしてしまっていたらすぐに片付けましょう。誤って、口に入れてしまうかもしれませんし、消したはずの吸い殻から猫がじゃれて何らかの拍子で火がくすぶってしまい火事になってしまうかもしれません。
猫は時に人が考え付かないような危険な事をやってしまう事があります。これは大丈夫だろうという安心感は捨て、猫の目線にたって考えてみましょう。

また、子猫のうちに留守番をさせる場合は、ケージなどを用意して普段から猫の居場所として慣れさせておくといいかもしれません。

●おすすめ商品

ウッドワンサークル キャット ミニ

はじめてネコちゃんを迎えるのに適したスモールサイズの室内サークル。

購入


◆いきなり一人暮らしで猫を迎えるのが不安な場合は…

いきなり猫との同居生活が不安だと思う方は、シェアハウスを利用してみるのもいいかもしれません。
NPOの動物愛護団体と協力し、保護された猫をシェアハウスの住民と一緒に世話をしながら暮らす「猫と暮らせるシェアハウス」というものが全国にあります。一人暮らしで猫と暮らしたいと思ったら、徐々に自分も猫との生活が慣れさせていくこともできますし、猫との暮らしがシュミレーションでき、イメージがわきやすいのではないでしょうか。

ただ、こういった猫と同居できるシェアハウスは応募人数が多く、順番待ち状態なところもあるようです。もし猫と暮らせるシェアハウスを利用したいと思ったら、まずはお問い合わせしてみることをおすすめします。

このようなシェアハウスがもっと出来ていけば、保護された猫も幸せに暮らせますし、そこに住む人たちも癒されるので、もっと増えていくことを期待したいですね。

– 猫と暮らせるシェアハウスについての記事はこちら –
猫と暮らせる「猫付きシェアハウス」ってどんなものなの?魅力は?


一人暮らしで留守番をさせる時の注意点

猫 一人暮らし 準備

一人暮らしの人との同居となれば、おのずと猫は常に一人でお留守番をすることになります。

アパートやマンションなどは気密性が優れていますので、夏の時期はもちろんの事、春先などでも気温が高い日は部屋の温度はかなり高温になります。
気温の高い日はエアコンをつけるなど準備することはもちろん、留守番中に万が一エアコンが故障した場合など、あらゆる可能性を考えて対策をとることも、一人暮らしで猫を飼う上で大切です。


まとめ

いかがでしたか?

気ままな一人暮らしでこれまた気ままな猫との楽しい同居生活、楽しい事ばかり想像してしまいますが、猫を飼うということは、お金もかかりますし、それ以上に一つの命を預かるという責任が生じます。
それでも、猫との暮らしはそれ以上に私たちの日々の生活がかけがえのない満たされたものになっていくことは間違いありません。

猫を迎える前にしっかり準備をして、猫との快適な一人暮らしライフを楽しみましょう。



– おすすめ記事 –

・一人暮らしで猫を飼うなら!おすすめの種類は?
・一人暮らしの飼い主さんでもネコちゃんが快適に過ごすには
・一人暮らしだけどこれから猫を飼いたい!という時に、気をつける点についてお話
・猫付きのマンション?家を借りたら猫がついてくるらしい


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nanatsu

nanatsu

猫は子供の頃からずっと一緒で、大人になった今でも猫を4匹飼っております。保護猫活動のお手伝いもしておりますので、一日が猫に始まり猫で終わるという生活になりつつある今日この頃です。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら