【我が家は猫でまわってる!】第32話 閑話・我が家のにゃんこず、2匹とも毛質が違う件について

2017.04.21

【我が家は猫でまわってる!】第32話 閑話・我が家のにゃんこず、2匹とも毛質が違う件について

こんにちはユキ子です!【我が家は猫でまわってる!】では、拾い猫であるフラン、シャル、ココ+αが送るドタバタの日常を綴ったお話です。猫のお世話から始まり、猫との生活スタイルなど様々なことについてお伝えしていきたいと思います!【第32話 閑話・我が家のにゃんこず、2匹とも毛質が違う件について】ちょっと私事である妊娠期のお話は置いといて、我が家のにゃんこずの毛質のお話。フランもシャルも同じ生活をしているのに、全く毛質が異なるんです。その違いとはどんなものでしょうか?

focebookシャア
ツイート

今回はちょっと私のことから離れて(笑)、我が家のにゃんこずの毛質が違うことについてのお話。

image001

というのも、我が家のにゃんこたちは、それぞれ毛質が全く異なります。なんていうか、ふわっふわでもっふもふなのには変わりないんですけど、触り心地が全然違うんですよね。
同じ猫で同じところに住んでいて、同じものを食べているのに、感触が全くことなる2匹。なんで違うのかは遺伝子レベルのお話になりそうなので説明も難しそうですし、なにより私がさっぱりわかりません(^_^;)

ではまずフランさんの毛から。

フラン

毛の色はクリーム、ベージュといった薄めの毛色で縞模様、そして瞳の色はアイスブルーなので、雰囲気は洋猫のようなフランちゃん。毛が全体的に柔らかい印象です。つやっつやした毛ではなくて、ふわっふわな感じ。人間に例えると黒髪ストレートじゃなくて、ゆるふわ森ガール系の毛質です。子猫の頃から変わらないようなふわふわ感です。

毛が詰まった感じではないので、寒い季節になると布団に潜り込むことが多いです。毛が抜けるときは、なんだか綿毛みたいなのが転がっています。

シャルさんは、フランとは真逆です。

シャル

シャルの艶めく滑らかな背中の毛は、いつまでも撫でていたいような、癖になるような触り心地。ファーストタッチはしっとりとしていて、フランと比べてほんのちょっとだけ硬めです。子猫のときから比べると、随分と毛艶が良くなりました。シャルの子猫時代はフランと同様、ふわふわした感触でしたしね。

今現在は、毛がぎっしり詰まって、重量感たっぷり!冬になると本当に寒く感じるとき以外は、布団の上で丸まっています。

いつもフランとシャルをケーキで例えるのですが、フランはスフレチーズケーキで、シャルはガトーショコラのようなぎっしり感があります。毛が抜けるときは、まだ開いてない綿毛を抜いたような感じです。

2匹とも、アンダーコートが薄いか濃いかという違いだと思うのですけど、こればっかりは生まれついてのものだから変えられないですね。フランは冬場寒いらしく常に温かい部屋にいますし、シャルの夏場は暑そうです。いつも日の当たらないひんやり涼しい場所にいますね。

image011

フランが布団の中に入りたがると、冬が来るなぁと思います(笑)あと、冬場本当に寒いときはシャルも布団の中に入ってくるのですが、布団の足元で「開けてよ~」と言わんばかりに爪でがりがりしてくるので、布団の足元だけやけにボロボロになっています(´;ω;`)ウッ

さて、次回。また話は戻ります。【妊婦とにゃんこず~腹の上に乗ってくる~】をお楽しみに!

★☆次回:4月28日(金)更新予定♪☆★

<< 前の話 -第30話 にゃんこずたちと過ごす夏~妊娠したら猫と一緒に居ちゃダメって本当なの?~- 

7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f1

★Instagram:@kirakoara



– おすすめ記事 –

・【面白ねこ雑学】遺伝子で決まる!?猫の模様と性格のフシギな関係
・【猫の豆知識】猫ちゃんの毛色は十匹十色?!
・知って得する!!愛猫の抜け毛対策ハウツー
・猫ちゃんにブラッシングしてますか?「ブラシの種類と毛玉について」


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユキ子

ユキ子

3匹にお猫様が増え、忙しくも楽しい日々を送っております。家族みんなが猫大好き。猫が大好きすぎて家じゅうのインテリアが猫柄、猫の形になっていきます。癒しあり、笑いありのもっふもふ猫ライフをお届けします!

関連するキーワード