7歳の少女によってゴミから助け出された瀕死の子猫【海外】

2017.06.22

7歳の少女によってゴミから助け出された瀕死の子猫【海外】

人通りの多い路地にか弱く悲しい鳴き声をで鳴く子猫がいました。 しかし、子猫の鳴き声は騒音にかき消され子猫の存在に気づく人はいませんでした。

focebookシャア
ツイート

この子猫はいつからそこにいたかは分かりません。
イスタンブールの人口は14oo万人。

子猫はイスタンブールの人通りの多い路地に置かれたゴミ箱の中で悲しく誰かに助けを求めていました。

そんな騒音の中、子猫の存在に気づく少女がいました。
少女は声のする方へ駆け寄りゴミ箱の中から子猫を見つけ出したのです!

1

子猫の鼻の部分が大きくただれ、傷だらけ、しかし生きようと必死に声を上げていました。

2

少女のお父さんはお医者さんをしており、お父さんならこの子猫を救ってくれると思ったからです。
お父さんは獣医さんではありませんでしたが、病院にいる看護婦さんが懸命に生きようとする子猫の手当をしてくれました。

12

子猫の顔は蛆に蝕まれ、体には大量のノミが湧いていました。
そして、子猫は片耳と口の一部を失っていました。

3

14

病院のスタッフによる献身的な看護と、少女の愛情をたっぷり受けながら、子猫は少しずつ元気を取り戻していきました。
少女は子猫をギュリュムザーという名前を付けました。「常に微笑む」という意味だそうです。
保護されてから2週間後には毛並みが戻り、その回復の速さには皆が驚くほどです。

9

ギュリュムザーは、少女の飼い猫となりました。
少女が家にいるときは片時も側を離れないギュリュムザー。
心優しい動物思いの7歳に少女に助けられた子猫は、今はきれいな毛並になり立派な猫ちゃんになりました。

4

5

6

16

あの日、少女が鳴き声に気づかなければ…ギュリュムザーは路地の隅で誰にも発見されることなく悲しい死を遂げていたに違いありません。

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

【感動】笑顔を忘れた猫ブリムリー、心を開いた時に見せた満面の笑みに涙!【海外】
【海外】側溝に落ちてしまった5匹の子猫・・・通りすがりの人々と獣医さんによる奇跡の救出劇!
【海外】【感動】インスタで大人気のハサミみたいな手を持つ猫のロブスターくん。飼い主さんとの素敵な出逢いの秘話をご紹介
【海外】【感動】母親に見捨てられた生まれたばかりの子猫…死の瀬戸際からの奇跡の回復!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴川真央

鈴川真央

ネコちゃんが大好きで大好きでしかたがない。 趣味・・・愛ネコ観察 目標・・・ネコちゃん達が住みやすい環境でネコちゃん達と暮らすこと。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら