子猫の外出とお留守番

2015.07.16

子猫の外出とお留守番

子猫を飼っていると一緒に過ごす時間が長いため、外に連れて行きたくなることもありますよね。子猫との外出はとても楽しいものです。 しかし、連れて行くわけにはいかない場所もありますし、日常的にペットオーナー様が留守がちな場合は、留守番をしていてもらうことになります。 そんなときどうすれば良いのか。子猫の外出とお留守番についてお話していきます。

外出するときはキャリーケースで。

pet_carry_cage_cat

車や電車でどこか少し離れたところに行く場合は、猫用のキャリーケースに入れてあげるようにしましょう。
少しかわいそうな気もしますが、実は子猫にとってはこちらのほうが落ち着くのです。
猫は、知らない場所や知らないことに関して怯えてしまうため、猫の安心できるスペースを作るという意味でもキャリーケースに入れるのが一番良いです。

しかし車や電車に乗っていると、個体差こそありますが私たち人間と同様に、乗り物酔いをしてしまうことがあります。
乗り物酔いをして吐いてしまった場合は、水分をとらせてあげることが大事です。

zutsu_neko

また、外出時に子猫がストレスをためてしまうと、今後外出を嫌がったり、ストレスのあまり食欲が落ちたりしますので、あまり無理に外に連れ出さないようにしましょう。
特に、子猫がまだ外の世界や家族以外の人に慣れていない場合は、外に出ること自体を嫌がることがありますので、家族以外の人に慣れ始めたころから、キャリーケースを使って一緒に外出するようにしたいものです。


お留守番にはケージに入ってもらいましょう。

子猫は、きちんと食事や水さえ用意されていれば短い間ならばちゃんとお留守番をすることができます。
しかし、トイレが汚れすぎていた場合、または寂しいという理由から、トイレ以外の他の場所に粗相をしてしまうこともあります。
また、ペットオーナー様が帰宅したら、構ってもらえると思って家の中を散らかしたり家の中のものにいたずらをしたりします。
そのため、ペットオーナー様が外出し留守番をさせるときは、子猫にケージの中に入ってもらいましょう。

59354d82656093aad099e3796d1c48c4_s

しかし、ただケージの中に入れて出かけるのではなくて、子猫が快適に過ごせる環境を作ることが大事です。
そのため、ケージの大きさは少し大きめが良いです。
ある程度の広さを持つことで、運動によってストレスを解消できます。
食事や水も準備しておいてあげましょう。家の中には、私たちが思っている以上に猫にとって危険なものが多くあります。

ケージに入れずに猫がお留守番している場合、家の中で子猫が危険な目にあうケースもあります。
留守番中に怪我をすることがないように、環境を整えたケージの中に入ってお留守番してもらいましょう。


やむをえず外泊するときはペットシッターにお願いしましょう。

かんごし..

ケージに入ってお留守番できるのは、その日のうちに帰ってくるような場合です。
もし、どこかに外泊して家族全員が家を留守にするような場合は、ペットシッターにお願いしましょう。専門のペットシッターがいいですが、もしそれが無理な場合は、子猫に何度も会っていて慣れている知り合いの方にお願いするといいです。
ペットホテルなどもあるのですが、子猫のうちは家庭以外の場所に慣れていないため、外に出るとストレスをためてしまうこともあります。そのため慣れている自宅に、専門のペットシッターに来ていただくことが一番安心です。専門のペットシッターはプロですので、子猫の食事や運動など、留守中に我々ができない子猫にとって必要なことをしっかり代行してくれます。

neko_osuwari

何より、もし子猫に異変があった場合に迅速に対応してもらうことができます。
また、中には携帯電話やスマートフォンを使って猫の様子を動画や写真で報告していただけるサービスもあります。
姿が見えると安心が増しますね。
ペットシッターには事前に連絡して一度は家に来てもらうようにしましょう。一度子猫とペットシッターが会うことや、ペットシッターに家の状況を見ていただくことで家の状況や子猫の性格や行動を把握していただいてから、大事な子猫をお任せしたいものですね。

【こちらもおすすめ】
 知っておこう!ネコの夏バテと対策
 やんちゃでおてんば!キュートなアメリカンショートヘア14選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら