【我が家は猫でまわってる!】第54話 キャリーバッグには嫌がることなく、入ってほしい…。

2017.09.22

【我が家は猫でまわってる!】第54話 キャリーバッグには嫌がることなく、入ってほしい…。

こんにちはユキ子です!【我が家は猫でまわってる!】では、拾い猫であるフラン、シャル、ココ+αが送るドタバタの日常を綴ったお話です。猫のお世話から始まり、猫との生活スタイルなど様々なことについてお伝えしていきたいと思います!【第54話 キャリーバッグには嫌がることなく、入ってほしい…。】キャリーバッグ、嫌がる猫ちゃん多いですよね~!我が家もめちゃくちゃ嫌がる時もあれば、そうでない時も。気分しだいなのかなとは思うんですが、とにかく急いでる時は気分のお伺いを立てている場合ではないので、頑張って入ってもらいます(笑)そんな我が家のキャリーバッグの入れ方とは…?

focebookシャア
ツイート

<< 前の話 -第53話 我が家の猫ズも『猫又』になって、見守ってくれるだろうか。- 

 -第55話 食道楽の秋!猫に果物って与えて大丈夫なの?- 次の話 >>

すっかり季節は秋になりましたねぇ〜!様々な『○○の秋』が楽しめそうです。
キャリーバッグを引いて『旅行の秋』にしたいものですが…、猫ズを残して旅行に行くのはやはり心配なので、日帰りで帰って来られるとこに行くんだろうなぁ。

キャリーバッグ 嫌がる

さて。キャリーバッグと言えばなんですけど、これから我が家の猫ズは予防接種ラッシュ(笑)なので、病院に連れて行くのにキャリーバッグが大活躍します。
秋はココちゃんだけが予防接種になるので(フラン、シャルは真冬)、キャリーバッグも小型のものを使用します(入るかな…)。

しかしですね…キャリーバッグ、嫌がる猫ちゃんは多いのではないでしょうか。

我が家も例に漏れず…。嫌がるとは思うのですが、素直にキャリーバッグに入ってくれる時もあれば、断固として嫌がる時もあります。たいていが、『キャリーバッグに入るとき=病院へGOGO!』になるので嫌がるんです。

逆に病院での診療が終わるとこぞって入りたがります。とにかく早く逃げ出したいらしいですね(;´∀`)安心できる我が家に帰ってくると、スッとキャリーバッグから出てきて、安全かどうか確かめていますね(笑)

キャリーバッグ 嫌がる

キャリーバッグへ嫌がることなく入ってくれれば良いのですけど、そう簡単には入ってくれませんよね。昨今災害なども多いので、緊急のときにすぐ出られるようキャリーバッグにサッと入って避難!という必要が生じるかもしれません。

そんな時のためにも、キャリーバッグに嫌がることなく大人しく入ってくれるような練習が必要なのかなぁ…。実際何度かキャリーバッグに入るように練習をさせてみましたが、あえなく断念(´・ω・`)
猫の自主性に任せ大人しく入っているのなんて、待っていられない!緊急事態ならなおさらのことですよね。

なので、我が家が実際に行っている『猫ズのキャリーバッグへの入れ方』をご紹介します。といっても、いつもの如くなのですが『入れ方』とは言いましても、特別なことはやっていません。

さてさて。我が家流のキャリーバッグへの入れ方になるので、読者の皆様にとって参考になるかはわかりません。そして入れ方についての批判は受け付けません。この方法が猫も私たち飼い主も怪我をしない最善の方法です(嫌がる嫌がらないのは別として、あくまで我が家は、です!)

キャリーバッグ 嫌がる

◆運ぶ猫が1匹だった場合。

小型のハードキャリーバッグを使用します。
ハードキャリーバッグは、上下が分かれるタイプのものが多いので非常に便利!1匹だけで使用する際はすんなり入ってくれることも多いです。

入らなかったときの入れ方ですが、お気に入りのオモチャを放り込んだり、おやつをキャリーバッグの中に置いてみたりといったモノで釣る入れ方になります。

◆運ぶ猫が2匹以上だった場合。

以前頂いた大型犬用のキャリーバッグ(バッグって言えるのかな)を使用します。

キャリーバッグ 嫌がる

このキャリーバッグでの入れ方ですが、まず入り口を上に向け縦にします。そうすることで、飛び越えないと出られないようになります(出ようとするときは、飛び越えなきゃならないので、飛び越えるための予備動作で脱出を防ぐことができるんですよ〜)。入り口はチャックでの開閉式になるので、開けておいて猫を抱き入れます。猫が入ったらチャックをしっかり閉めて、横向きに戻して終わりです。

抱き入れる際、足を懸命に開いて絶対に入らないと嫌がる時もありますが、我慢して入ってもらいます(^_^;)

●おすすめ商品

17583944-3

扉を外してペットハウスにも使えます。ルーフドア(上扉)付きなので、ペットをラクに出し入れできます。別売りのショルダーベルトを使用すれば肩掛けできます。

購入


17585610-3

上開き扉付きでペットの出し入れに便利です。シート別と固定機能付きです。

購入


我が家流のキャリーバッグへの入れ方でした。賛否両論あるかとは思いますけど、大型犬用のキャリーバッグはこの入れ方が一番安全でなんですって…。

嫌がる猫ちゃんを無理やりキャリーバッグに入れるのは可哀想ではあるんですけど、健康のため、生きるためには必要なことですよね。入れ方もそれぞれのやり方があるようなので、もしよかったら参考までに。

では次回もお楽しみに!!!

<< 前の話 -第53話 我が家の猫ズも『猫又』になって、見守ってくれるだろうか。- 

 -第55話 食道楽の秋!猫に果物って与えて大丈夫なの?- 次の話 >>

7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f1

★Instagram:@kirakoara



– おすすめ記事 –

・【我が家は猫でまわってる!】第44話 旅行に行くときはどこに預ける?猫飼いさんの旅行事情
・【我が家は猫でまわってる!】 第10話 予防接種はちょっぴり怖い?フランにこんなモノが…!
・キャリーバッグを嫌がる猫の対策!上手な入れ方・おすすめのキャリーバッグ6選をご紹介
・大切な猫ちゃんの健康管理のために。病院嫌いを克服するコツは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユキ子

ユキ子

3匹にお猫様が増え、忙しくも楽しい日々を送っております。家族みんなが猫大好き。猫が大好きすぎて家じゅうのインテリアが猫柄、猫の形になっていきます。癒しあり、笑いありのもっふもふ猫ライフをお届けします!

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら