SNSで人気!無料で読める猫漫画・書店で買えるオススメ猫漫画10選

2017.11.02

SNSで人気!無料で読める猫漫画・書店で買えるオススメ猫漫画10選

猫をテーマにした漫画って沢山ありますよね。うちの子もその仕草する〜!と共感してしまうあるある日常漫画から、人間の言葉が話せる猫が登場するファンタジーな物まであって、猫好きさんで猫漫画を集めている方も多いのではないでしょうか。最近はSNSなどで配信されている猫漫画も多く、無料で読めるものもありますよね。この記事では、無料で読めるSNSで話題の人気猫漫画、手元に置いてじっくり読みたい書籍の猫漫画をご紹介します。

focebookシャア
ツイート

SNSで話題!無料で読める猫漫画5選

最近、TwitterなどのSNSやブログで配信されている猫漫画が話題です。手軽に読めて、しかも無料ということで、幅広い年代の猫好きさんたちに人気となっています。

今回ご紹介するのは、数々のメディアでも取り上げられ話題になった人気の猫漫画たち5選。どれも無料で読めます。Twitterなどの配信がきっかけで反響を呼び、書籍化された作品も多数あり、どの作品も猫好きにはたまらない猫尽くしな漫画なので、ぜひ読んでみてください!

line_book

◆愛される喜びを知っていく「ふくまる」にウルウルきちゃう感動猫漫画

色々なメディアでも紹介され反響を呼んでいる感動の猫漫画「おじさまと猫」。作者は桜井海(@sakurai_umi_)さんでTwitterで配信中です。

ペットショップで暮らしていたとある猫。1歳の誕生日を迎えますが、見た目がちょっと独特なせいか、中々飼い主が見つかりません。そこに現れた一人のダンディな「おじさま」が、この猫ちゃんを購入するところから物語が進んで行きます。おじさまが猫ちゃんに名付けた「ふくまる」という名前も実は素敵な思い出があります。

飼い主に愛されて大事にされる喜びを知るふくまる。ちょっとブサイクなお顔ですが、表情豊かで純粋で、読むたびにふくまるが可愛くて仕方なくなってきます。

初めての猫に戸惑いながらも真摯に向き合うおじさまと、ふくまるとのほっこりした優しいお話、気づけばちょっと涙ぐんで優しい気持ちになれる漫画です。

●全話紹介!おじさまと猫についての記事はコチラ

【おじさまと猫最新話「忠猫ふくまる」】パパさんを信じるにゃ。健気におじさまを待つ姿に思わずホロリ…

最新第13話「忠猫ふくまる」更新(ΦωΦ)❤Twitterで話題の猫漫画「おじさまと猫」から最新話が登場!!!読んだ方からは、多くの共感と感涙の声が挙がってきています。猫好きだけではなく、犬やさまざまなペットと暮らしている方はもちろん、動物が大好きな方には注目の作品となっています!早速ご覧ください♪

記事はコチラボタン


line_book

◆猫のぽんたがやらかしてくれる猫ギャグ漫画

Twitterで猫のギャグ漫画を配信されている、鴻池剛さん(@TsuyoshiWood)。丸っこくてふてぶてしい表情がポイントの猫のぽんたと、飼い主である鴻池剛さんの日常ギャグ漫画です。

配信される猫漫画は毎回数万件のお気に入りやリツイートで大人気。猫を飼っている人にはあるあるの仕草や行動から、そんな事しちゃうの!?と驚く様なイタズラまで、テンポよく読めるギャグ仕立てになっていて毎回笑ってしまいます。

鴻池剛さんのツッコミも面白くて、ぽんたが時々見せる素早過ぎる動きのイラストも見所です。Twitterで配信されている漫画は無料で読む事が出来ます!

ぽんたとの日常は「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!」という書籍にもなっていて、2巻まで発売されています。Twitterには載っていない書き下ろしも掲載されています。

line_book

◆飼い猫が猫又になっちゃう!?

こちらもTwitterで配信されている無料で読める猫漫画。noho(@nohohitchock)さんが描かれているのは日常系のほんわかした漫画です。

ある日飼っていた猫の尻尾が二つに分かれ出して、日本語も喋れる猫又になっちゃうというファンタジーな内容。とても優しい線で描かれていて、眉毛みたいなブチ模様のある猫「ぶちお」は丁寧で腰が低くて可愛いです。

現在は人間界で暮らす他の妖怪とも接触し始めて、続きが気になります。

line_book

◆ゆるすぎる表情が頭から離れない「ネコノヒー」

こちらもTwitterで大人気のアカウント、キューライス(@Qrais_Usagi)さんが配信されている猫漫画は「ネコノヒー」という作品です。

4コマ漫画で無料配信されており、主人公はおデブなモフモフの猫ちゃんです。
ゆるい表情と仕草が何故か茶目っ気のあるおじさんに見えて、ストーリーはなんともシュール。電車や出かけ先で読むとニヤっとしてしまうので危険です。

ネコノヒーは書籍化もしており、単行本とKindleでも購入する事が出来ます。
現在はネコノヒーと、同じくキューライスさんの描く人気キャラクター「チベットギツネの砂岡さん」のカフェも期間限定でオープンしています(2017年11月5日まで)。

line_book

◆なんで猫って変な事するんだろう?猫あるある日常漫画

アメブロで大人気な猫漫画が、卵山玉子さん(@tongarirooms)の描かれいてる「うちの猫がまた変なことしてる。」。卵山さん宅で飼われているトンちゃんシノさんをメインに描かれる日常漫画です。

トンちゃんは甘え下手でツンデレな性格なのに対して、シノさんはよく遊んで自由な性格の子みたいです。異なる性格の二匹がする不思議な行動の数々。猫を飼っていると思わず「うちの子が変なわけじゃないんだ」と思わされる事もあります。

イラストは柔らかくシンプルなタッチで、色合いも優しくほんわかして癒されますが、気を抜いて読んでいるとブフッと吹いてしまいます。特にトンちゃんの多くを語らないけど言いたい事が有り気な表情はじわじわ来て笑えるのでオススメです。

アメブロまたはTwitterより、どなたでも無料で読む事が出来ます。こちらも書籍化されていて、現在3巻まで発売中です。


じっくり読みたい!猫漫画のおすすめ作品5選

もちろんSNSだけではなく、猫に関する漫画作品も多く出版されています。これからご紹介するのは、手元に置いておきたい素敵な猫漫画ばかり!
おすすめの作品が見つかったら、ぜひ家族やお友達にも紹介してあげてくださいね♪

– 思わず共感。猫あるある漫画 –

◆猫漫画の元祖と言えばこの一冊!

「What’s Michel?(ホワッツマイケル?)」(講談社) 作者:小林まこと
全9巻

「1・2の三四郎」などが人気で知られる漫画家、小林まことさんの「What’s Michel?(ホワッツマイケル?)」は、元祖猫漫画とも言えるギャグ猫漫画です。

この漫画で主人公となるトラ模様のオス猫「マイケル」の絵は見た事がある方も多いのではないでしょうか。ストーリーは短編の物も多く、日常の猫あるあるから、マイケルが踊り出すギャグなど色々な設定の漫画が楽しめます。

筆者のお気に入りシーンは、老夫婦にマイケルが飼われている設定のお話で、おじいさんが「ちょっとアレ取って」と言うと、おばあさんが膝に乗ったマイケルを指して「今は動けない」みたいなやりとりを交互にする回が好きです。これは猫を飼っている方なら一度は、動けない理由にした事があるのではないでしょうか。

ぶっ飛んだストーリーやマイケル目線のお話もあって、幅広い方が楽しめる漫画です。

line_book

◆少女漫画家の描く日常系ギャグ猫漫画

「そろえてちょうだい?」(祥伝社) 作者:いくえみ綾
現在既刊4巻

別冊マーガレットなど少女漫画で人気の漫画家のいくえみ綾さんが、愛猫ブンとの生活を描いた猫漫画です。

パッツンの前髪のような不思議な模様がある、白黒のスコティッシュフォールドのブン。甘え上手で「プルキュルル」など可愛い鳴き声をしています。
漫画家である作者とブンとの日常は笑いがてんこ盛りで、あるある~と共感しつつ大笑いしてしまいます。キラキラの目でキュルルと言いながら、飼い主をご飯のお皿まで誘導する姿が可愛く可笑しいです。

– 泣ける!感動の猫漫画 –

◆ペン太との出会いと別れを描いた感動猫漫画

「ペン太のこと」(講談社) 作者:片倉真二
全10巻

原画家・漫画家として活動されている片倉真二さんが描くのは、アメリカンショートヘアの子猫との出会いと別れのお話。

女の子なのに「ペン太」と名付けられた子猫。ペン太を飼い始めてから三匹の新しい猫のお友達、ポン太・金太・はむも増えて、賑やかな猫ライフが描かれています。
ペン太が大好きなポン太、食いしん坊な金太、何故かレタスが好きなはむ。その中でペン太はおっとりした性格で、作者もペン太の様子に和んでいる様子が描かれています。そんなペン太もいつかはお星様になってしまう−−−。

ペットを飼えば、誰しもいつか経験するペットとの別れ。愛猫をより大切にしたくなる、猫とのリアルな日常を描いた感動作です。

– シュールでクセになる。猫漫画番外編 –

◆日本語を喋る猫がお粥を作ってくれる

「おかゆネコ」(小学館) 作者:吉田戦車
全7巻

ヘタウマなイラストが人気な漫画家、吉田戦車さんが描くのは、日本語を喋る猫がお粥を作ってくれると言うシュールな設定の猫漫画です。

一人暮らしをしているサラリーマンの菊川八郎の元に、おばあちゃんが飼っていた猫のツブがやって来ます。ツブはしゃべり病と言う謎の病気で日本語が喋れる、白黒模様の日本猫。自炊をしない八郎を心配して、色々な種類のお粥を作ってくれます。

ツブが作るお粥は残り物などを無理やりお粥にしてしまう事が多く、美味しそうな物から遠慮したい物まで色んなお粥が登場します。ツブの猫らしいフォルムや仕草がとても可愛いです。

line_book

◆ホラー漫画家が描く目力が凄い猫漫画

「伊藤潤二の猫日記 よん&むー」(講談社) 作者:伊藤潤二
1巻読み切り作品

「富江」シリーズなどが人気の代表作の漫画家、伊藤潤二さんの猫漫画です。

ホラー漫画を得意とされている方で、シュールな内容と書き込みの多い絵が印象的なのですが、こちらの猫漫画にもしっかりと伊藤潤二ワールドが展開されていて圧倒されます。猫じゃらしで猫と遊んでいるだけなのに、物凄く奇怪な事をしている様に見えるから不思議です。

絵だけ見ているとホラーなのではないかと思えて来ますが、冷静にストーリーだけ考えると猫との楽しい生活を描かれているので、インパクトのある猫漫画を読みたい方にはオススメです。


まとめ

オススメの猫漫画をご紹介して来ましたが、読んでみたい作品はありましたか?

今回は話題の人気作から定番の猫漫画まで、オススメの猫漫画の一部をご紹介しました。筆者は漫画が好きで沢山所持していますが、猫漫画は見つけるとついつい手に取ってコレクションしてしまいます。無料で読めるSNSで知ってファンになった作者さんも沢山いて、書籍化も楽しみの一つです。

ほっこり出来たり、大笑いしたり涙したり、猫好きさんだと尚更楽しめるのが猫漫画の魅力。秋の夜長に猫漫画、ぜひ読んでみてくださいね。



– おすすめ記事 –

・あるある!ワンちゃんと猫ちゃんと暮らしている人が共感できる!犬と猫の違いをコミカルに描いた漫画が面白すぎ!!
・Twitterで見つけた!日常の事を4コマに!表情豊かな猫ちゃんとパパンの会話が楽しすぎる
・【Twitterで話題!猫漫画】短編漫画に込められた感動ストーリー「おじさまと猫」に共感と感動の声が相次ぐ!
・靴下猫の靴下がみんな「白い」ワケ。Twitterで話題の「ふくまる」から見る猫の毛色の不思議


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yurie

yurie

兵庫県出身。イラストレーター。猫のオリジナルキャラクター「ネコぱん」を描き、作家として活動しています。愛猫は6歳の雄猫プーアル。猫とは思えない直球な愛情表現で毎日べったり。お腹を上に向けてガニ股で寝る姿には毎度笑わされています。

関連するキーワード