猫の健康のために。猫のサプリメントはどうなの?

2017.12.04

猫の健康のために。猫のサプリメントはどうなの?

「猫は愛する家族なので少しでも長く一緒にいたい…」そんな気持ちで愛猫の健康のために栄養のある食事を考えている飼い主さんも多いでしょう。最近では、猫の普段の食事にプラスして猫用のサプリメントも注目されています。サプリメントは含有成分に応じ、体の栄養バランスも整いそう…。猫の健康のために、摂りいれてみたくなりますよねでも、いったい猫の猫用サプリメントにはどんなものがあるのでしょう。注目されている成分や期待できる効果などについてまとめてみました。

focebookシャア
ツイート

サプリメントは猫に必要?

308bf44cfeebca28a707cbc7b966e182_s

サプリメントは、特定の栄養成分をピンポイントに体に摂りいれることができるのが嬉しいところですよね。飲んでいる人も多いかと思いますが、猫にサプリメントが必要なのかが気になるところです。

◆そもそもサプリメントって?

サプリメントは「サプリ」と短縮されることもあり、毎日の食事で補いきれないような栄養分をサポートしてくれる「栄養補助食品」のことです。

◆猫ちゃん用サプリメントも注目度アップ

人間界ではお馴染みのサプリメントですが、「愛猫にはまだ与えたことがない」という飼い主さんもいるのではないでしょうか。

基本的に、多くの飼い主さんが与えている一般的な猫用のキャットフードには猫の成長に必要な栄養分がしっかりと含有されているので、サプリメントの摂取を考えないのかもしれません。ただ、年齢とともに猫の体は変化し「病気」にまではならなくても「病気になりやすい体」にはなってしまうでしょう。

サプリメントは、普段の食事で不足しがちな栄養素を与えることができるので、猫の体調を整える補助的な存在にもなります。毎日の食事をきちんと管理したうえで、プラスαとしてサプリメントを与えるなど、愛猫家のみなさんたちにも話題になっています。


猫のサプリメントで注目したい成分

ひとくちに猫のサプリメントと言っても、人間のものと同様、あらゆるバリエーションがあります。

次に挙げるのは、猫用サプリメントで見られる代表的なもの。含有成分の特徴や期待できる効果について見ていきましょう。

– その1:乳酸菌 –

◆乳酸菌ってどんなもの?

人間と同様、猫たちも便秘や下痢になったりと「腸」のトラブルを起こすことがあります。

腸のなかには、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という「菌」が住んでいます。文字から分かるように善玉菌は「腸を元気にする菌」、そして悪玉菌は「悪い菌」です。日和見菌というのは「どちらでもない菌だけど優勢な方の味方になる菌」。

つまり、「善玉菌が優勢だ」という状態の腸内環境なら日和見菌は善玉菌の味方になってくれます。逆に「悪玉菌の勢力が強い」なんていう状態だと日和見菌は悪玉菌へと加勢してしまうのです。

腸のなかの菌の構成率は、生まれて間もないほど「善玉菌」が多く、加齢とともに「悪玉菌」が増えていきます。日ごろの食事や健康状態、運動、ストレス…など、いろんなことが重なっても悪玉菌が増え、腸の菌のバランスが崩れていきます。

腸内環境を整えるためには、腸の善玉菌を増やすことが大切。そこで大活躍してくれるのが乳酸菌です。乳酸菌は善玉菌の一種で「悪玉菌を抑える」働きがあり整腸作用があるとサプリメントとしても注目されています。

◆乳酸菌のサプリメントでどんな効果が期待できる?

★便秘や下痢の改善
乳酸菌と聞くと「お腹の調子が整いそう」というイメージがありますよね。

猫ちゃんたちも乳酸菌の摂取で、お腹の不調が緩和されることがあります。猫の便秘や下痢に悩んでいるなど「腸内環境が悪いかも…?」という状態なら、腸の善玉菌・悪玉菌のバランスを整える意味でも効果が期待できるでしょう。

★免疫力の向上
腸のなかが不健康だと免疫がダウンすると言います。免疫の低下により、細菌やウイルス感染しやすく、さまざまな猫の病気のリスクを高めてしまいます。

★皮膚・被毛のトラブルのサポート
猫の腸内環境が悪いと、皮膚や被毛の不健康も見られることがあります。体が全身「被毛」で覆われている猫たちにとって、皮膚トラブルは不快でしかないでしょう。

愛猫の「毛ツヤが悪くなってきた…」「体をかゆがっている」という症状があれば、もしかして腸内環境が悪いかもしれません。

乳酸菌のサプリメントで猫の腸を整えることは、健康にも繋がるでしょう。

●オススメの乳酸菌サプリはコチラ

10111408-2

厳選した乳酸菌を発酵熟成し有効成分を抽出しました。腸内環境を整えるゼロカロリー、便利で与えやすい液体乳酸菌エキス。

購入


– その2:グルコサミン –

◆グルコサミンってどんなもの?

グルコサミンは人間のサプリメントでもおなじみ。CMや健康食品の広告で、骨に関係する成分だとご存知の人も多いでしょう。

グルコサミンは、アミノ糖の一種で軟骨を構成する成分の手助けをする原料で、カニやエビと言った甲殻類の殻に含まれているのは有名です。グルコサミンは体のなかでも作りだされる成分なのですが、若いときほど多く、年齢とともに体内で作りだされる量が減っていきます。

◆グルコサミンのサプリメントでどんな効果が期待できる?

体の骨と骨が結ばれている部分である「関節」は、歩くとき、走るとき、座るとき、立ち上がるときなど、関節を曲げて伸ばすときに常に動くところ。この繋がりの部分の動きをスムーズにしてくれるのが「軟骨」と言われるものです。軟骨は、骨と骨のクッション材になっているので、軟骨がなければ骨同士がぶつかりあって動きにくくなるでしょう。

そんな大事な軟骨を作りだす成分のひとつとして重要なのが「グルコサミン」です。
グルコサミンは体内で作りだされる成分ですが、年齢を重ねるにつれグルコサミンの生成量はかなり激減。それに比例して、猫の関節の間にある軟骨もすり減る一方です。クッションである軟骨が薄く弱い状態なので、猫も動くときには痛みを感じているでしょう。

年齢を重ねた猫ちゃんが動きづらそうにしているのは、このグルコサミン不足のために軟骨がなかなか作れないからかもしれません。
「体内でグルコサミンが作れないなら、サプリメントで体外から摂りいれよう」、そんな形でグルコサミンのサプリメントを検討する飼い主さんもいます。

●オススメのグルコサミンサプリはコチラ

グルコの杖 100ml

シニアペット、肥満が気になるペット、胴長タイプのペット、大型・超大型のペットに。吸収にこだわった液体タイプです。

購入


– その3:ルテイン –

◆ルテインってどんなもの?

ルテインは600種類以上あるカロテノイドのうちの一種の天然色素です。ほうれん草やカボチャ、ブロッコリー、ケールなどの緑黄色野菜、卵黄などを食べると摂取が期待できると言われています。

◆ルテインのサプリメントでどんな効果が期待できる?

ルテインは簡単に言うと「目を健やかにする成分」です。

猫は日光浴が好きなので窓際にいれば、室内飼いをしていても紫外線の影響を受けることになるでしょう。外に散歩に行く習慣がある猫なら、なおさら紫外線とは切っても切り離せないような生活をしているはず。

紫外線は目にとってダメージを与えやすい光です。また、室内の照明やテレビなどからも目にとってはあまりよくないブルーライトが発生しています。起きている限り開いている「目」には、つねにこれらの光が射し込み、何らかの影響を与えています。

天然色素であるルテインは「天然のサングラス」と言われることからも分かるように、目の健康には大きな効果が期待できる栄養分です。

●オススメのルテインサプリはコチラ

愛眼の杖 100ml

シニアペットの眼のトラブルに、日常のケアに、花粉のケアに。吸収にこだわった液体タイプです。

購入


– その4:フィッシュコラーゲン –

◆フィッシュコラーゲンってどんなもの?

お肌にハリを与える成分として「コラーゲン」という言葉はよく耳にしますよね。たんぱく質の一種であるコラーゲンは、細胞同士を繋げる働きをしている栄養素。皮膚をはじめ関節、目、筋肉などの組織に存在し、器官を形成しているかなり重要なものと言えそうです。

コラーゲンが不足すると細胞のバランスが悪くなり、皮膚や関節、骨などが崩れていってしまうでしょう。

コラーゲンは、豚や牛などから抽出する「動物由来のコラーゲン」、魚から抽出する「魚由来のコラーゲン」という種類があります。
魚由来のコラーゲンは、魚の皮や鱗から抽出し「フィッシュコラーゲン」とも言われています。動物由来のコラーゲンは製造過程で感染を起こす可能性があるのに対し、魚由来のフィッシュコラーゲンは安全性が高いと言われています。

また、フィッシュコラーゲンは、吸収率が高いのが魅力でコラーゲンのなかでも注目されています。

◆フィッシュコラーゲンのサプリメントでどんな効果が期待できる?

フィッシュコラーゲンは、猫のエイジングケアが期待できます。

★毛艶の改善
老化現象として「猫の毛がパサパサになる」というのはよくあることですが、フィッシュコラーゲンで足りないコラーゲンをプラスすることで毛のツヤが復活するかもしれませんね。健康的になれば、猫の見た目の美しさもキープできるでしょう。

★骨・関節の健康サポート
猫の老化が進むと気になるのが関節の動きの低下。若いときには家のなかを楽しそうに動き回っていた愛猫が、寝ているばかりになったら心配です。老化によって猫の関節の動きが制限されていることもあります。

フィッシュコラーゲンは、骨や関節の健康でも注目されている成分なので、猫のエイジングケアとしてシニア期と呼ばれるころから摂取したい栄養成分かもしれませんね。

●オススメのフィッシュコラーゲンサプリはコチラ

10111518-2

ペットの腰・関節をサポート。

購入


– その5:オメガ3 –

◆オメガ3ってどんなもの?

「オメガ3」については「そもそも何のこと?」という人もいるでしょう。

オメガ3は、近頃注目度アップの「オメガ3脂肪酸」で、なんと「油」のこと。油というと摂り過ぎがあまりよくないイメージがありますが、オメガ3は「体に良い油」です。

油には、常温で固まる「飽和脂肪酸」と常温で固まりにくい「不飽和脂肪酸」があります。
「飽和脂肪酸」は体内に多く摂取すると中性脂肪のもとになり、コレステロールが増える健康には大敵の「油」です。一方、「不飽和脂肪酸」は悪玉コレステロールを抑えるなど健康的アップに繋がる油。

オメガ3脂肪酸は後者の不飽和脂肪酸で、青魚に含有されていることでも有名なDHAやEPA、そしてα-リノレン酸があり、健康効果が期待できる「油」です。体のなかで作ることはできないので、食べものから摂ると良いと言われています。

◆オメガ3のサプリメントでどんな効果が期待できる?

オメガ3は人間の健康面でも注目の成分で、生活習慣の改善やエイジングケアとして特に知られています。オメガ3は鮪やサバなどの青魚を食べるとを摂取できると言われていますが、猫が青魚を摂取すると大量にオメガ3を摂取しすぎて病気を引きおこす原因となってしまいます。

食べものからオメガ3は摂取しにくいので、そんなときはサプリメントから摂取しても良いかもしれません。

●オススメのオメガ3含有サプリはコチラ

スッキリ 老齢期の徘徊・夜鳴きなどの困った行動に 愛犬・愛猫用 チキン風味 75粒(37.5g)

イチョウ葉エキスにDHA、EPA、話題の「ビンカマイナー」やホスファチジルセリンを配合した集中サポート食品です。
オメガ3(DHA・EPA)が皮膚の健康維持をサポート。

購入



サプリメントを与える時の注意点

industrial-safety-1492046_640

サプリメントの与え過ぎが猫ちゃんの体に負担になることもあります。愛猫に与えるときには、猫用のサプリメントを購入し、正しい量で与えるようにしましょう。
また、愛猫が何らかの病気で薬を飲んでいるときには、動物病院でサプリメントを飲ませてもいいか相談してからにするといいでしょう。

サプリメントには、免疫を高める、老化を防ぐといった効果が期待できるものの、それだけに頼ったからと言って健康状態を維持できるわけではありません。サプリメントは薬ではなく、猫の病気そのものを治すことはできません。飲めば猫が必ず健康になるわけではないので、まずはふだんの生活を整えてあげることが大事です。


まとめ

猫ちゃんにも嬉しい効果が期待できるサプリメントには、いろいろな種類があります。ふだんの食事ではなかなか摂れない成分がサプリメントで気軽に摂れるので、多くの猫の飼い主さんに注目されています。

まずは栄養成分に配慮した良質な食事を与える、ストレスを減らす、運動不足を解消するなど、猫の日常的な生活を見直してみましょう。そして、愛猫の健康を気遣うサポート的な意味合いでサプリメントを食べさせてみるのもいいかもしれませんね。



– おすすめ記事 –

・猫にサプリメントを与える効果は?おすすめサプリで免疫力をUP!
・いつもと違う?猫のうんちが臭い原因と4つの対策法!
・【獣医師監修】老猫がごはんを食べない!流動食の与え方や強制給餌の方法、注意点は?
・知っておきたい猫の老化のサイン5つ。老猫のためにできる介護の方法とは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード