自分を人間だと思い込む猫が人に恋をした。映画「猫は抱くもの」から“猫だく”(猫だくさん)なポスター解禁

2018.02.26

自分を人間だと思い込む猫が人に恋をした。映画「猫は抱くもの」から“猫だく”(猫だくさん)なポスター解禁

“アイドルの夢を諦めた、妄想好きのアラサ―女性”沙織(沢尻エリカ)と、“自分を沙織の恋人だと思い込んでいる猫”の良男の関係を描いたハートウォーミングな物語、映画「猫は抱くもの」が、6月23日(土)に全国公開。今回は沢尻エリカが猫を抱きかかえ、吉沢亮が見つめてくる姿を捉えた、”猫づくし”で“猫まみれ”のティザーポスターが解禁となりました!

focebookシャア
ツイート

『猫は抱くもの』ティザーポスター

解禁となったティザーポスターは、思った通りの自分になれず投げやりな生き方に慣れてしまった沢尻演じる沙織が、唯一心を開く「猫の良男」を優しく抱きしめる、見る人が癒されること間違い無しの姿が印象的となっています。さらに、自分を人間だと思い込み沙織に恋をする良男=吉沢が、まさに猫そのもののようにこちらをじっと見つめてくる、胸キュンカットを捉えているのもポイント。さらに沢尻と吉沢の後ろには、猫!猫!猫!で埋め尽くされており、“つゆだく”ならぬ”猫だく”なポスターとなっています。また「自分を人間だと思い込む猫が、沙織に恋をした。」という物語の鍵を握るコピーから、1人と1匹の恋の行方がどのような展開を迎えるのか期待です。果たして良男の想いは沙織に届くのか!?そして、彼らを見守る、沢山の猫たちは何者なのか――!?

本作は、“アイドルの夢を諦めた、妄想好きのアラサ―女性”沙織(沢尻エリカ)と、“自分を沙織の恋人だと思い込んでいる猫”の良男の関係を描いた、ハートウォーミングな物語。猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。吉沢亮扮する美形猫が、毎日帰りを待っていてくれる・・という、“きみはペット”を思わせる設定にも期待感が高まるが、この1人と1匹の妄想とリアルが入り混じる演出こそが本作の見所となっています。劇中では実写の猫に加えて、演劇風の演出、アニメーションなど数々の演出が織り込まれ、犬童監督ファンのみならず、映画好きにこそ見てほしい、新鮮な演出が沢山盛り込まれてます。

6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー

【STORY】
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

■出演:沢尻エリカ 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ)/岩松了
■監督:犬童一心
■原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
■脚本:高田亮
■企画製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ 制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分 ©2018「猫は抱くもの」製作委員会 nekodaku.jp


– おすすめ記事 –

・気分はさながらハリウッドスター!?映画PRにぺこ&りゅうちぇるが出席!
・猫好きなあなたに送る「ネコ映画ベスト3」
・【おじさまと猫「うちの子が一番」】共感せずにはいられない!おじさまがふくまると出会って気付いたこと。
・前足がなくたってなんのその!毎日を楽しく生きる猫エーブルくんに癒される


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トレンド発信部

トレンド発信部

ネコちゃんの様々な情報を発信していきます。 グッズやイベント、メディア情報などなど、トレンドをいち早くお届けできるように頑張ります**\(^o^)/**

関連するキーワード