【我が家は猫でまわってる!】第78話 我が家のタイプ別、子猫の捕獲・保護方法!

2018.03.23

【我が家は猫でまわってる!】第78話 我が家のタイプ別、子猫の捕獲・保護方法!

こんにちはユキ子です!【我が家は猫でまわってる!】では、拾い猫であるフラン、シャル、ココ+αが送るドタバタの日常を綴ったお話です。猫のお世話から始まり、猫との生活スタイルなど様々なことについてお伝えしていきたいと思います!【第78話 我が家のタイプ別、子猫の捕獲・保護方法!】我が家のタイプ別とは、3タイプしかおりません(笑)フラン、シャル、ココとも三猫三様に捕獲・保護した状況に違いがありました。そのことから大雑把にみても、3タイプに分けられるんじゃないか…?と思い、子猫のタイプ(我が家流)を分けて、簡単に捕獲・保護の方法をまとめてみました。

focebookシャア
ツイート

<< 前の話 -第77話 猫大捜査線!脱走猫を捕獲せよ!- 

 -第79話 びよーん!猫が伸びる理由とは?- 次の話 >>

季節はすっかり春めいてきましたでしょうか。
そういえば最近はあまり見かけなくなりましたが、昔はこの季節になるとよく野良猫のなかでも特に子猫を見かけました。

その傾向がなくなりつつあるのは、車社会になり完全室内飼いの猫が増えたり、地域猫として野良ではあるけど避妊・去勢手術を受けたりする猫が多くなったためかなと個人的には思っております。

image001

あまり見かけなくなったとは言いましたが、現在でも子猫を見かけることもありますし、風邪を引いている成猫も見かけます。
残念ながら車に轢かれてしまった猫を見かけることもあります。死亡している場合がほとんどですが、奇跡的に生存している猫もいます。

そして、我が家のシャルが車にはねられたけど奇跡的に生きていた猫になります。
本当に奇跡としか言いようがないので、拾った本人もですがお医者さんも驚かれていました。

シャルを拾った当時のお話はこちらをご覧ください。

●あわせて読みたい
【我が家は猫でまわってる!】 第14話 シャルさんがやってきた~保護編①~

我が家のアイドル・フランちゃんがちょっとお姉ちゃんに成長したころ、その日は突然やってきました。皆様お待たせいたしました、ついに我が家の2匹目が登場です!

記事はコチラボタン
【我が家は猫でまわってる!】第15話 シャルさんがやってきた~保護編②~

ついに登場しましたシャルさん(まだ名前が決まっておらず子猫呼びだけど)は、車に跳ねられたところを保護したことがきっかけで出会いました。そんなシャルさん、無事に退院できたのでしょうか…?

記事はコチラボタン

さて、今回のお話ですが、私の経験談を交えた野良猫の捕獲・保護の仕方を簡単にご紹介します。そのなかでも子猫が怪我をしていた場合、衰弱した子猫を発見した場合のお話になります。

もちろん捕獲・保護するのであれば、無責任なことはせず覚悟して猫の一生を支えていくつもりでお願いしますね。

※今回の捕獲・保護の仕方は怪我をしていたり衰弱していたりする野良の子猫を対象としております。野良猫のなかでも成猫に関しては捕獲、保護は本当に必要なのか見極めるのが難しいです。しっかり調べ、下準備を抜かりなく行ってから捕獲、保護してください。


タイプ別!野良猫の子猫の捕獲・保護の方法

まず野良猫の子猫は、親猫がそばにいないか確認すること。親猫が近くにいないようであれば捕獲・保護に踏み切るといいのかなと思っております。
無理やり親元を離してしまっては個人的にいけないような気がしているので(´・ω・`)

さて。私の経験から言いますと野良の子猫には3タイプいると思います。

①人懐っこい
②警戒心が強い
③自力で動けない

我が家の猫ズも捕獲・保護の際は、この3タイプのいずれかに当てはまっています(笑)

◆タイプ①人懐っこい

SAMSUNG

この3タイプの中でも①の「人懐っこい」は、捕獲するにも保護するにもありがたいです。
人に慣れている(または人からの害を受けていない)ので、猫から近づいてきてくれるパターンですね。フランがこちらに該当します。

◆タイプ②警戒心が強い

②の「警戒心が強い」が一番厄介。警戒心が強い子猫ほど捕獲し辛いです。すぐ逃げますし、おいつめられると何をしでかすかわかりません。下手するとお互い怪我します。

我が家の猫ズの中でシャルがこちらに該当します。

image007

保護する際は本当に手が付けられませんでした。シャーシャー怒っているし、近づこうものなら全力で爪を振りかざしてくるし、ただでさえ酷い出血なのに車にも威嚇していて…本当にてんてこ舞いでした。
今でこそ笑い話ですが、保護当時はひやひやでしたよ(笑)

image009
(捕獲器は、保護する目的でしか使用できませんからご注意くださいね)

このタイプの猫ちゃんは、捕獲器や洗濯ネットを使用するか、大きい箱や籠を使用して捕獲すると怪我をせずに捕獲・保護できます。

捕獲後はなるべく暗く静かにしておくと、気が立った猫も落ち着きを取り戻してくれます。シャルも捕獲後はタオルに包んで、そのまま病院へGOしました。

●おすすめ商品
猫ちゃん用 楽らくネット

ネコちゃんのオーナーさんがキャリーバッグを使用するのは、通院が一番多いというお客様の声から生まれました。
病院でどうしても暴れてしまうネコちゃんのための通院ネットです。

購入

◆タイプ③自力で動けない

③の「自力で動けない」は、重傷もしくは重体、酷い衰弱、または幼すぎて自力で動けない猫を指します。ココちゃんがこちらに該当しますね。

image011

ココちゃんも親猫のお引っ越しに連れて行ってもらえなかった子猫でした(若干衰弱していたため体重が少なく、もしかしたら…と言われていたあの頃が懐かしい)。

大けがをしている場合も衰弱の場合も、いち早く病院へ連れて猫に手当てを受けてもらいましょう。
怪我をしていても人間用の消毒は使わないでください。どうしても止血させたい、というのであれば止血のかわりに小麦粉が代用できます(体を覆うような傷の場合は、清潔なタオルなどで押さえる方が良いかもしれません)。

いずれの子猫も捕獲後は必ず動物病院に連れていき、必要であれば様々な検査を行っておくことをオススメします。


以上3タイプの簡単な説明でした。より詳しいお話は、それぞれ保護したときのお話もございますのでそちらをご覧いただければと思います。

●あわせて読みたい
我が家に新たな子猫がやってきた!①

こんにちは、ユキ子です!皆さま楽しい猫ライフ送っていらっしゃいますか?実は最近新たに家族となる子猫が増えました。今日は我が家の猫たちを拾った時のちょっとしたストーリーと、新たな我が家の子猫のご紹介をさせていただきます!

記事はコチラボタン

また、こちらの捕獲・保護に関して、すべての猫に当てはまるというものではありません。たまたま我が家の猫ズに当てはまったというだけです。臨機応変に対応していただければと思います。

保護した猫は責任をもって、天寿を全うさせてほしいです。私も猫ズを保護したからには、最後まで幸せであってほしいと願っています。

20歳過ぎまで生きて、大往生してほしいものです。それで虹の橋を渡ったら、毛皮を脱いでまた我が家に戻ってきてほしいかな(笑)

それでは、次回もお楽しみに!

<< 前の話 -第77話 猫大捜査線!脱走猫を捕獲せよ!- 

 -第79話 びよーん!猫が伸びる理由とは?- 次の話 >>

7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f1

★Instagram:@kirakoara



– おすすめ記事 –

・【我が家は猫でまわってる!】第76話 ダークカラーを着られないのは、猫が足にすりすりしていくから
・【我が家は猫でまわってる!】第75話 我が家のフランは寄り目ちゃん!その意外な理由は?
・【我が家は猫でまわってる!】第74話 飼い主の声を認識する?猫は恩知らずなんかじゃないと思うのです
・【我が家は猫でまわってる!】第73話 猫の利き手は性別で変わる?我が家の猫ズでも調べてみた!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユキ子

ユキ子

3匹にお猫様が増え、忙しくも楽しい日々を送っております。家族みんなが猫大好き。猫が大好きすぎて家じゅうのインテリアが猫柄、猫の形になっていきます。癒しあり、笑いありのもっふもふ猫ライフをお届けします!

関連するキーワード