海を渡った日本猫の食事情

2015.08.11

海を渡った日本猫の食事情

飼い主の私ですら思いもよらなかった事情によって、海外渡航を余儀なくされたわがまま三昧に育った箱入り娘な猫。 グルメではないものの食の好みもうるさくフードジプシーをした結果、日本では選びぬかれたお気に入りのドライフードとパウチに入ったウェットフードを食していました。 海を渡った日本猫の食事情についてお話します。

飼い主の私ですら思いもよらなかった事情によって、海外渡航を余儀なくされたわがまま三昧に育った箱入り娘な猫。
グルメではないものの食の好みもうるさくフードジプシーをした結果、日本では選びぬかれたお気に入りのドライフードとパウチに入ったウェットフードを食していました。

渡航先の欧州では魚よりも肉が主流。人間でも味覚の違いで色々難しいコトが多い食事情が多いのに、猫の食事情はどうでしょうか。気になりますよね。自分でお店に行って選べない猫だからこそ、ストレスがかからないように飼い主が合うものを選んであげたいのが親心(飼い主心)。お肉系フードよりフィッシュ系フードをこよなく愛している愛猫のためにも、私の欧州フードジプシーが始まりました。

フード専門店よりもスーパー!灯台元暗しの結果

日本人の食生活で欠かすことができない魚。日本ではスーパーでもコンビニでも何かしらの魚加工食品を気軽に手頃な価格で買うことができますよね。もちろんそれはキャットフードも同じことなんです。日本では魚系フードの種類が豊富で選びたい放題だったので、買って来た魚系のフードが気に入られなくても、ネットでポチっと気軽に別のものを選んだりしていました。猫の嗜好次第だけれど、子猫の頃に肉系フードを数種類試し見向きもされず、泣く泣く捨てたり友人にあげたりした苦い経験があったので、私はそれ以降、肉系フードは選択肢から外していました。そしてフードジプシーの結果、ロイヤルカナンphコントロール・フィッシュテイストのドライフードと、黒缶(しらす入り)にどうにか落ち着いた経緯があります。

海外移住が決まった後、実際に何度か現地へ出向いた際に、ペットフードショップやスーパー、オーガニックスーパーなどで数種類のキャットフードを買っていました。
一般的に日本でも売られている有名フードのカルカンやシーバは、欧州でも売られています。また2015年から日本でも販売を開始したハチワレ猫がトレードマークのFelixなども定番商品です。カルカンやシーバは日本でも食べたことがある味だから大丈夫かなと思い手を伸ばしたところで、ちょっと考えちゃいました。
実は、日本を代表するインスタント食の出前一丁やカップヌードルは、欧州の一般的なスーパーで値段もほぼ日本と変わらず売られています。
とりたててラーメンファンではない私ですら懐かしさのあまり、喜び勇んで買って食べてみたものの、日本で買ったものと何となく「何か」が違う。製造工程なのか原材料なのか具体的にはわからないものの気のせいではないし、確実に「何か」が違う。
そんな経験から、人間よりもはるかに味覚の優れた猫だったら、「似て非なるフード」に対して何かもっと強烈に全く違うものと感じるのかもしれないと思ったからです。
海外移住後、気候や環境の変化に戸惑うかもしれないし、馴染むのに時間がかかるかもしれない…心配はつきません。欧州で売られているドライ・ウェットフードをそれぞれ数種類、少しずつ試していったのは、少しでも早く猫の嗜好に合ったフードを見つけ出すことが大切!と思う食いしん坊な親心(飼い主心)からのものでした。

日本で試した当時、一番食いつきの良かったのはシュムージーという銘柄のイワシをゼリーで固めたものでした。日本で売られてる中身もにおいもゼリー系のものと似ています。
名称未設定-1

猫の嗜好に合うものが見つかってホッと一安心。移住後、日本から持参したフードを数日間与え、少し生活に慣れてきたところで変えてみたら…食べなという事態が発生してしまいました。持参した日本のフードに混ぜる作戦も失敗してしまい、新たにフードジプシーを始めた結果…。鉄板のシーバに落ち着きました。こちらで通常で売られている価格では90円前後くらいが多いのですが、1ヶ月に1回くらいの頻度で行われている近場スーパーのセールを狙えば1パック50円くらいで購入することができます。ソースとゼリーで固めたものの2タイプがありますが、ゼリータイプのものの方が美味しいらしいです(猫談)。
名称未設定-2
ドライフードはどうしたかというと…サイエンスダイエットも見つけましたが、日本と同じテイストのものが探すことができず、色々調べた結果、Finnern社のKattovitの Urinaryシリーズのツナ味(ストルバイトの予防食)を購入したところ、日本で与えていたドライフードよりも食いつきがよくて助かりました。

名称未設定-3

日本ほどフードジプシーをせずに済んだのは、こちらで売られているフードの方が猫の舌に合ったからだと思っています。定番フードが見つかったことから心に余裕もでき、オーガニックのおやつを買ったりしながら猫と一緒に海外生活を楽しんでいます。

↓イギリスの猫事情はコチラ↓
イギリスで猫を飼うなら?イギリスの猫事情

↓閲覧注意!!↓
夏休みを100倍も楽しくする!秒殺で笑える!!猫ちゃんのおもしろbokete 21選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら