突然庭一面がピンクのお花だらけに…ロマンチックな光景を作っていた正体は、一匹の猫!?

2018.05.15

突然庭一面がピンクのお花だらけに…ロマンチックな光景を作っていた正体は、一匹の猫!?

家のデッキ一面に散りばめられた綺麗なピンクのお花。まるで映画の中のロマンチックなワンシーンのようなその美しい光景に気づいたのは、女性が引っ越してきてから間もない春の日のことでした。最初はただの風だろうと思っていた女性ですが、その花びらがお隣さんからの贈り物だったことに気づきます。そのお隣さんとは、何と1匹の猫ちゃん。彼女はまるで新しい住人への贈り物のように庭から取ってきた花をその女性の元へと届けていたのでした。

focebookシャア
ツイート

テラスハウスの人気者「猫のウィロウ」

7

テラスハウスが建ち並ぶある町の一角に住む1匹の猫ちゃん、ウィロウ

彼女は自分の家の中には留まりたくないタイプの猫ちゃんらしく、そのテラスハウスのうちお隣さん6軒ほどを、自分の我が家のように陣取り行き来する生活を送っていました。

9

その住人たちも彼女を可愛がり、ウィロウ用にと家の外に段ボール箱を置いたり、猫用おやつを常備する人も居たそうです。


ロージーさんとウィロウの出会い

そんなある日、ロージーさんがその一角の中のテラスハウスへと引っ越してきました。

彼女が新しい家での生活に馴染むや否や、ウィロウの存在を知ることになります。
「ウィロウは私がその家に住み始めると、すぐに毎日のように顔を見せるようになりました。」

8

ある時はロージーさんの家の敷地内でゴローンとお昼寝。またある時は「開けてくれー」とでも言うかのようにミャーと何度も鳴いてはガラスドアを開けてもらい、家の中でお昼寝。
まるで自分がその家に住む主人であるかのような大きな態度です。

そんな行為をウィロウはお隣さん数軒でも行っているようでした。

背と背を向けて建ち並ぶテラスハウス。後ろ側のテラスハウスとの間には小さな庭のような通り道があり、その通り道がウィロウにとっては自分の家と家を繋ぐ廊下のような存在だったのでしょう。


ロージーさんの庭に不思議な花が…

4

さて、ある初春の日、ロージーさんは家の庭にポツポツとピンク色のお花が落ちていることに気がつきました。きっとお隣さんの庭から風に飛ばされてきたんだろう、と最初は特に気にもしていなかった彼女。

ところが彼女の家に住むシェアメイトがある日こんなことを言い出したのです。「そういえばこの前、ウィロウがピンクの花を咥えて歩いているのを見たわ

まさか猫が贈り物のように花を咥えて持ってくるなんて、もし本当だったら愉快だなと内心クスッと笑ってしまったロージーさん。死んだネズミ等を猫が飼い主への贈り物として持ってくるという話は聞いたことがありますが、お花を持ってくるなんて聞いてことがありません。


花の贈り物をしていた正体はウィロウ!

5

庭の花は日に日にその数を増し、ついには彼女の庭のデッキはピンクのお花でいっぱいに…。そしてついに、ロージーさんは自分の目で真実を確認することとなります。

6

「料理をしている時に窓越しから見たのよ!ウィロウがピンクの花を咥えて持ってくるところを!

そのあまりにも可愛い光景にロージーさんは思わずウィロウの姿を動画撮影。ミャーと泣きながら花をデッキに落としていくウィロウにロージーさんは「ありがとう」と伝えます。

愛らしいお隣さんからの贈り物。ロージーさんにとって楽しい生活が始まりそうですね。

★☆お花の贈り物を持ってくるウィロウの動画はこちら☆★

<参考サイト>
lovemeow



– おすすめ記事 –

・【驚愕】保護されたとんでもない毛の量の猫→スッキリした姿が違いすぎてびっくり!
・5歳の男の子が猫のヒーロー!?その理由とは。
・【驚き動画】取ってこい遊びが大好き過ぎる猫!最後は興奮のあまりとろけちゃう…!?
・【驚き動画】猫専用ドアを作ってもらった猫ちゃん。飼い主を裏切るまさかの行動に・・・


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード