猫好き必見!猫本だけを集めた猫本専門書店の紹介

2015.08.17

猫好き必見!猫本だけを集めた猫本専門書店の紹介

猫好きにとってたまらないスポットと言うものはいくつか存在するものです。例えば「猫カフェ」。猫と戯れながらお茶するといったスポットなのですが、もはやすっかり定番になっています。 そんな猫好きにとって見逃すことができないスポットが最近都内にできて話題になっています。

猫本だけを集めた専門書店「にゃんこ堂」

6

出典 instagram.com

その名も「にゃんこ堂」。
猫専門のいわゆる「猫本」だけを集めた本屋さんのコーナーです。場所は本マニアの聖地・神田神保町。その神保町の交差点そばにある「姉川書店」の一角にある猫本専門のコーナーです。果たしてどのような書店なのか見てみたいと思います。


にゃんこ堂について

1

出典 instagram.com

にゃんこ堂が開設されたのは2013年6月。姉川書店に猫本の専門コーナーとして開設以来、猫マニアを虜にしている「聖地」として話題になっています。猫好きは長居してしまうことも多いため「猫好きホイホイ」なる別称で呼ぶ人もいます。
そもそもなぜ猫本専門のコーナーをやろうということになったのでしょうか。最近はネットでも購入できるようになり、メディアの多様化や人の活字離れなどが進んでどこの書店の売り上げも落ちてきたと言われています。その風は本マニアの聖地・神保町でも例外ではなく、「にゃんこ堂」のある姉川書店も苦境にたたされていました。

家族や経営者で今後をどうしたらよいか話し合っていたところ、店主の娘さんが猫好きであることもあって書店の一角に「猫本」のコーナーを作ったらよいのではと提案したそうです。

その提案が通り、姉川書店の一角に猫本を扱うコーナーが誕生したというわけです。誕生した当初は何がどれだけ売れるのかは全くの未知数。書店としても賭けに出たわけです。しかし、やるからには大々的に行こうということで、店主の娘さんが予想していたよりも大きなコーナーを提供してもらえました。


3

出典 instagram.com

そしてまずは猫本探しです。ありとあらゆるジャンルの猫本を集めるために店主の娘さんは永田町にある国会図書館に足しげく通い、猫本について調べました。かなり膨大な数の猫本があることが分かりましたが、半分くらいは絶版になってしまっていました。さらにそこから取次店などから入手できた本はさらにその半分程度だったとのことです。

しかし、それでも小説から写真集、絵本やエッセイなどありとあらゆる猫本が集まった書店内書店が誕生したのです。

「にゃんこ堂」が開設されると猫好きたちの間で評判になり、売り上げも徐々にアップしていきました。

2

出典 instagram.com

お目当ての本がある人がついつい他の本にも手を出したり、ただどんな本があるのか見にきただけで、つい買ってしまったという人もいたりで、書店ならではの楽しい本探しが満喫できると評判なのです。

そして、「にゃんこ堂」が開設されての1番の変化はお客さんの反応。今までは無言で会計してそのままだというのが一般的だったのですが、会計後でも店員とお客さんとの間で猫話で盛り上がるというケースが増えたのだそうです。そこから、常連客になってくれる人も少なくないと言うのです。


店長猫「リクオ」

4

出典 instagram.com

ちなみに「にゃんこ堂」には猫の「店長」がいて、雄猫の「リクオ」という10歳になるスコテッシュフォールドです。店にいることは少ないものの、店内には写真が飾られていていつも店内を見守っているようです。


その他の猫本専門店

5

出典 instagram.com

「にゃんこ堂」以外にも猫本店はあります。ネットでのみ販売ですが、福岡県に本社を持つその名も「吾輩堂」。夏目漱石の小説から採られた店名のようです。このお店も2013年に開設されました。ここは、新刊本のみならず、猫本の古書の買い取り、猫にまつわる雑貨も取りそろえてあるのが特徴です。都内近郊に住んでおらず、「にゃんこ堂」へ行くのが難しいという猫好きはこうしたネット書店の利用も考えてみましょう。

【こちらもおすすめ】
 ペルシャ猫の性格や特徴のポイントとは?
 猫好きなあなたに送る「ネコ映画ベスト3」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら