いつだって子猫は最強!頑固なおじいちゃん猫がキュートなチビちゃんたちに骨抜きにされるまで

2018.07.15

いつだって子猫は最強!頑固なおじいちゃん猫がキュートなチビちゃんたちに骨抜きにされるまで

保護施設に収容された一匹の老猫。それまで野良猫として生きてきた彼は人を恐れ、誰も近寄らせませんでした。そんな彼に小さな子猫たちの面倒を任せてみると、なんと性格が一変!喉をゴロゴロ鳴らしながら子猫たちをグルーミングし始めたのです。子猫と出会い新しい人生を歩み始めた、とある老猫のお話をご紹介します。

focebookシャア
ツイート

心を開かない元野良の老猫メイソン

2

カナダ・ブリティッシュコロンビア州の保護施設で保護された一匹の老猫。

長い間野良猫として過酷な生活を送ってきた彼は、ひどくみすぼらしい姿で、しかも重い腎臓病を患っていました。

それでも彼は、生きることをあきらめてはいませんでした。そんな老猫の懸命な姿を見た保護施設のスタッフたちは、彼を保護することに。

しかし、「グランパ・メイソン(メイソンおじいちゃん)」と名付けられた彼は、極度に人を怖がり、誰も寄せ付けませんでした。長年野良猫として生きてきたグランパ・メイソンが人に慣れるようになるには、やはり時間がかかるのでしょう。

なかなか心を開いてくれないグランパ・メイソンの姿に、保護施設のスタッフたちも困り果てていました。


グランパ・メイソンに驚くべき変化が!

そんなある日、保護施設のスタッフがグランパ・メイソンの元に保護された子猫を連れていった時、全てが変わりました。

3

なんと、グランパ・メイソンは子猫たちにデレデレになって、喉をゴロゴロ鳴らし始めたのです。
彼にとって、小さな子猫たちと共に過ごすことが大きな喜びになったのでしょう。

グランパ・メイソンと子猫たちの交流に驚いた保護施設のスタッフたちは、何匹もの子猫をやさしいおじいちゃん猫に任せることにしました。

1
4

「グランパ・メイソンは、甘える子猫たちに囲まれて最高に幸せそう。チビちゃんたちの毛並みを舐めて整え、立派な猫になる秘訣を教えているようです」と保護施設のスタッフは話します。

以来、グランパ・メイソンはたくさんの子猫たちの世話をしてきました。


メイソンと子猫たちとの別れ…

しかし、その幸せな時間は長くは続きませんでした。
全ての子猫が里親に引き取られて行き、彼はまた一人ぼっちになってしまったのです。

子猫たちと抱き合って寝ていた小さなソファの上で、たった一匹で丸くなるグランパ・メイソン。
寂しそうなグランパ・メイソンを見た保護施設のスタッフたちは、ある決断をします。

彼のために子猫を探すことにしたのです。

そして数か月後、やっと彼の願いがかなうことに。


再び子猫たちのやさしいおじいちゃん猫に!

施設には、3匹の妊娠中の猫がやってきました。やがて子猫が生まれ、少し大きくなると、グランパ・メイソンの所に連れて行かれました。

5

子猫たちとグランパ・メイソンは、もちろんすぐに仲良しになりました。

小さなソファは以前のように、グランパ・メイソンと子猫たちの猫団子に占領されました。口蓋裂という障害を持って生まれてきたオーラという子猫も、すぐにグランパ・メイソンを気に入ったといいます。

7
6

子猫のママたちも、グランパ・メイソンが子猫たちの面倒をみてくれている間はのんびりすることができます。そして、ママ猫が戻ってくれば、もちろんグランパ・メイソンはママのために場所をゆずります。

でも、ママ猫が子猫たちの面倒を診ている時でも、彼はいつでも子猫たちの世話をしたり一緒に遊んだりする準備万端のよう。

9

子猫たちも彼が大好き!グランパ・メイソンは子猫たちに囲まれて、最高に幸せな時を過ごしているようです。

保護されるまで厳しい環境で生きてきたグランパ・メイソン。これからも大好きな可愛い子猫たちと幸せな老後を過ごしてほしいですね。

<参考サイト>
lovemeow.com



– おすすめ記事 –

・死を待つアニマルシェルターにいた誰も欲しがらない老猫と夫婦の出会い。
・【海外】不機嫌な老猫がCEOに!本屋猫キャッツビーの大逆転ストーリー
・海外の施設で芽生えた猫と豚の友情ストーリー
・【海外】【ほっこり】離れ離れになった2匹の仲良しな保護猫、やさしい女性のおかげで再会をはたす!2匹の反応は・・・?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileにゃん部

PetSmileにゃん部

にゃんこ大好きPetSmileにゃん部です。猫ちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら