猫だって悲しむことがあるんです。飼い主と死に別れた猫がぬいぐるみを抱いて離さない理由に涙…

2018.09.14

猫だって悲しむことがあるんです。飼い主と死に別れた猫がぬいぐるみを抱いて離さない理由に涙…

飼い主の突然の死により、悲しい別れを経験したフニー。この16歳の猫ちゃんにとって、長い間寄り添ってきた家族が居なくなったことはとても大きなショックだったことでしょう。そんなフニーの唯一の心の拠り所として彼を支え続けてきたのが、グレーと白色の猫のヌイグルミ。「猫がこんなにもヌイグルミに愛着を持つなんて…」と周囲が驚くほど、フニーはそのヌイグルミが大好きでした。悲しい別れを乗り越え、フニーは新しい生活の扉を開けようとしています。

focebookシャア
ツイート

最愛の飼い主との別れ

猫,別れ,感動

長い間一緒だった飼い主が亡くなり、16歳の老猫「フニー」は住む家が無くなってしまいました。

最初はその飼い主の娘さんがフニーを引き取ったのですが、残念なことに彼女も、そしてその娘もが猫アレルギーを発症してしまったのです。

フニーと一緒に暮らすことが困難になった娘家族は、悲しい思いをしながらも仕方なくフニーを動物保護施設Alley Cat Rescueへと連れていき、彼に別れを告げたのでした。


フニーがぬいぐるみを抱き続ける切ない理由

さて、フニーには実は昔からずっと一緒に過ごしてきた、大事な大事な相棒がいました。

猫,別れ,感動

その相棒とは、グレーと白色の猫のぬいぐるみ。フニーはそのぬいぐるみをいつも肌身離さず、まるで自分の体の一部かのように常に側に置いていたのです。

時にはそのぬいぐるむとじゃれ合い、時には抱き合い、そして寝る時はいつも一緒。そんな2匹はお互い離れることなく一緒にその保護施設へとやって来たのでした。

猫,別れ,感動

「こんなにぬいぐるみに愛着を持っている猫ちゃんを見るのは初めてだわ。」そう語るのは、施設で働くブリアナさん。

家とは全く環境の違う施設での暮らしの中、フニーを支え続けたのがこのぬいぐるみの存在だっただろうと彼女は言います。

「フニーはこのぬいぐるみを肌身離さずいつも側に置いています。飼い主と別れた後の悲しい時期も、共に乗り越えてきたのでしょう。フニーにとってとても大切な存在のものなんです。」

猫,別れ,感動

フニーとぬいぐるみはかなり長い間一緒に生活をしてきた為、ぬいぐるみにはまた家の匂いが残っているのでしょう。その匂いや存在自体がフニーの「精神薬」として彼の毎日を支えていたのでした。


人懐っこく愛らしいフニー

施設のスタッフは、フニーとこのぬいぐるみが施設での生活にできるだけ慣れるようにサポートをすると同時に、フニーの新しい貰い手を探しています。

猫,別れ,感動

とっても甘えん坊で人懐っこいフニー。寂しい時はニャーと甘い声で鳴き、人間が側に来ると静かに横で時間を共有し楽しむそう。体も至って健康で、最高のコンパニオンアニマルになるだろうとのことです。

ただ一つ気になるのは、彼の16歳という年齢。猫の標準寿命は12~16年位なので、彼はかなりの高齢となります。その年齢がネックとなりなかなか貰い手が見つからないのでは、とスタッフ達は心配しているようです。

「フニーはとっても愛着のある猫ちゃん。新しい飼い主はきっと彼と素晴らしい数年を送る事ができるでしょう。」

フニーを引き取る条件として、ぬいぐるみも一緒に引き取ることを挙げているブリアナさん。2匹を別れさすなんて悲しい事はできません。

フニーとぬいぐるみの残りの生涯を共に過ごしてくれる貰い手が見つかるといいですね。

●あわせて読みたい
猫もペットロスに?猫は一緒に暮らす猫の死を理解できる?

大好きな猫を亡くしたショックから立ち直れない…そんなペットロスに陥ってしまう飼い主さんがいます。一方、一緒に暮らしていた他の猫ちゃんはどう思っているのでしょうか?寂しい?気にしてない?猫は仲間の死に対してどんな風に感じているのでしょうか?

記事はコチラボタン

<参考サイト>
thedodo



– おすすめ記事 –

・子犬と親友の猫との2度の別れを経験した母犬。落ち込む彼女を救ったのはキュートな「子猫たち」だった!
・103歳の誕生日を迎えたおばあちゃんに感動のサプライズ!満面の笑顔のそのワケとは?
・いつだって子猫は最強!頑固なおじいちゃん猫がキュートなチビちゃんたちに骨抜きにされるまで
・猫も悲しみを知っている…?保護猫カフェで暮らすピノコとダミアンの深い絆の物語


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード