坂と猫と路地と福石猫、尾道に隠れねこを探すの巻 #3

2015.09.01

坂と猫と路地と福石猫、尾道に隠れねこを探すの巻 #3

ねこの細道から招き猫美術館、そして天寧寺三重塔にかけて続く約200mの細い路地。生きてる猫ちゃんから、銅像、作家の園山春二先生が生み出した「福石猫」など!猫好きにはたまらないねこのまち!尾道!尾道で出会ったねこちゃんと福石猫をご紹介していきます!

尾道は寺が多いことでも有名。

『寺』=『猫』

ねこと言ったら『寺』!!!

ねこちゃんの写真集にもテッパンの様に度々出てくる『寺』!!!

下手でもいい感じにまとめてくれる『寺』パワー!!!

と、かなりミーハーな理由と他力本願で寺を散策♪

頂上駅から下って行くと、正岡子規の有名な句がありました!
なんと、尾道は古来より天然の港として発達をし、その風向・文化を求めて多くの文人墨客が訪れ滞在したそうです。
なので、頂上駅から下る道は『文学のこみち』と言われています。

DSC_0117

下って行く途中、様々な文学の句が石に刻まれていたり、看板に掲載されたいました。
正岡子規(まさおか しき)

のどかさや 小山つづきに 塔二つ


松尾 芭蕉(まつお ばしょう)

うきわれを 寂しがらせよ 閑古鳥

など、合計25名の尾道ゆかりのある作家・詩人の詩歌・小説の断片等を千光寺山山頂から中腹にかけてまばらにある自然石に刻み込まれていました。

DSC_0119

こんな、素敵な小道にねこちゃんの姿があれば最高何だけどなぁー

なんて期待に胸を膨らませながら、文学の小道を下りながらねこセンサーを働かせていました。

が!山頂から見える尾道は猫探しを忘れてしまうほど絶景でした!

DSC_0145

DSC_0147

DSC_0154

DSC_0167

景色を楽しみながら本堂まで下っていきお参りをすませねこちゃん探しを再開しました。

すると・・・見つけました!!!
ねこちゃんヽ(=´▽`=)ノ

DSC_0173

やはり、暑いということもあり木陰で休んでいました。

後ろから物音をたてるとびっくりしてしまうので、前からゆっくり写真に収めさせてもらおうと近くに寄って行くと・・・
DSC_0179

嬉しいドッキリ!1ニャンだと思っていましたが、寄って2ニャンズということが判明!!!(∩´∀`)∩ワーイ

DSC_0182

奥のお昼寝中のサバトラちゃんもこっちにカメラ目線をくれました(*ゝω・)ノ アリガ㌧♪
DSC_0185

しかも、撮り慣れているのか一歩一歩ゆっくり近づいて行っても動じないなんて素敵なねこちゃん達☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
たくさんカメラに収めさせてもらいました!

次のねこちゃんを探しに、細道をどんどん下って行くと寺を発見!!

いい感じのお寺さん♪

DSC_0196

ここならねこちゃんを見ることができるかなっと思ったその時!!!


_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>         発見ーーーーー!!         <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

ハチワレにゃんこ!

DSC_0197

しかもかなり爆睡しているようで、近くによっても起きる様子もなく、寝返りまでうつ可愛い仕草に、バシャバシャと連写モードで撮らせて頂きましたルンルン☆ヽ((●^∀^●))ノ☆ルンルン

DSC_0204

発見したねこちゃんのおさらい・・・

DSC_0178 DSC_0179_1 DSC_0185_1 DSC_0184_1

DSC_0204_1 DSC_0208_1 DSC_0210 DSC_0209_1

3ニャンズ!!!

今回は発見した数が少ないためいろんなアングルを御覧ください(●^o^●)


まだまだ、続きます!
佐藤のねこちゃん散策in尾道!

次回は、触ると心が穏やかになる、尾道市内で約1,000匹ほど住みついてる『福石猫』を探してみました!!

つづく!!


 ← 坂と猫と路地と福石猫、尾道に隠れねこを探すの巻 #2


 坂と猫と路地と福石猫、尾道に隠れねこを探すの巻 #4 →

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤 柴乃

佐藤 柴乃

フェレット2匹とノルウェージャン・フォレスト・キャット1匹と共同生活しています。 3匹のでこぼこコンビの日常をつらつら書いていきます。 よろしくお願いします。

関連するキーワード