人気急上昇中のデグー!飼い方や寿命、毛色ごとの値段についてご紹介!

2019.04.02

人気急上昇中のデグー!飼い方や寿命、毛色ごとの値段についてご紹介!

今ペットとして人気上昇中の”デグー”をご存知でしょうか?げっ歯類の小動物で、見た目がハムスターと似ていてとってもかわいいんです。今回はこのデグーについてご紹介させていただきます。 デグーの飼い方や使用するケージなど、デグーを飼う上での基本とはどのようなものなのか?そんな疑問にお答えさせていただきます。また、デグーの種類や色の違いによる値段の違い、寿命なども気になるところですよね。さて、デグーの寿命は何年くらいなのでしょうか?

focebookシャア
ツイート

ここ数年で人気が急上昇の「デグー」

デグー,値段,寿命,ケージ

ペットショップでも目にする機会が増えてきたデグー。人気の秘密は、その高い知能によって顔を覚える能力があり、人に懐きやすいという点にあります。

デグーはげっ歯類の動物ですが、げっ歯類のペットの代表といえばハムスターを思い浮かべますよね。
ハムスターもとてもかわいいのですが、寿命が2~3年ということであまりにもお別れが早くやってくるため、飼いたいんだけどちょっと…とためらう方も多いのではないでしょうか。

でもご安心ください!デグーはもっと寿命が長いんです!

まずは、デグーの特徴や寿命などについてご紹介させていただきます。


デグーとは?

デグー,値段,寿命,ケージ

◆好奇心旺盛で懐きやすいデグー

デグーは、デグー科に属するげっ歯類で、原産はチリ山岳地帯。草や樹皮、穀物などを食料にしています。草食性で糖分を代謝しにくい体質なので、過度に栄養を与えてしまうと糖尿病になってしまうこともあります。

山脈に住んでいるので脚力が強く、群で生活しています。昼行性といわれていますが、野生のデグーは昼夜活動することも多いとか。

ハムスターに比べると体も大きく尻尾も長いのが特徴で、体長は12.5~19.5cmほど、体臭や糞尿の臭いはほとんどありません。

高い知能を持ち学習能力やコミュニケーション能力もあり、鳴き声で感情表現をするため、「歌うネズミ」なんて表現されたりします。好奇心も旺盛で、愛情をかけてあげると人に懐きやすくなるようです。

◆デグーの寿命は5~8年くらい

ズバリ、デグーの寿命ですが、5~8年くらいといわれています。ハムスターなどの小動物より長生きですね。

とはいってもやはり手をかけてあげなければやはり長生きはできません。

長生きしてもらうためには、やはり人間と同じで食生活が重要です。喜ぶからといっておやつのあげすぎにも注意をしましょう。

またデグーは動くことが好きな動物なので、思う存分運動ができる環境をつくってあげることと、日光浴をさせることも大切です。

◆4~5年くらいで老化が始まる

個体差がありますが、生まれてから半年くらいすると発情や妊娠などもするようになり、2年くらい経つと人間でいうところの30歳くらいになります。

老化が始まるのが4~5年くらいで、元気がなくなってくることもあるので、食事や運動などに気をつけてあげてください。

そして7年くらいすると人間の70歳くらいとなり、体もいろいろと衰えてきます。足が弱くなったり、噛む力や視覚なども衰えてくることもあるので、ケージの中の見直しも必要になるかもしれません。高齢でも動きやすい環境を整えてあげてくださいね。

ということで、デグーの寿命はだいたい5~8年。できるだけ愛情と手をかけて長生きできる環境を作りましょう。


デグーの毛色の種類は?

デグーって意外と毛色が豊富なんです。それはペットとして飼われるようになってから交配を繰り返すことで、いろんなバリエーションが増えたからです。

ちなみに、一般的には白色やクリーム色など淡い色のデグーは寿命が短いとされています。

・アグーチ(ノーマル)

アグーチは、ノーマルとも呼ばれる茶色っぽい野生の色です。全体的に茶色っぽいですが、お腹の一部はクリーム色をしています。

・ブルー

青っぽいグレーのような色で、体が小さく弱かったりするケースがあるそうです。でも弱いからと言って短命というわけではないので、大切に育ててあげましょう。

・パイド

パイドとは”まだら”という意味でぶち模様のことをいい、「アグーチパイド」や「ブルーパイド」などがあります。

・ブラック

濃い茶色の黒に近い色です。ここからは現在日本ではあまり取り扱いのない毛色ですが、海外ではこのような毛色のデグーもいます。 

・サンド

日本語にするとサンドは砂ということで、サンドは薄い黄色の毛色のことをいいます。

・ホワイト

クリーム色~白色に近い色で、スーパーホワイトやクリームと呼ばれることもあります。耳と尻尾に少し色がありますが、ほぼ全体的に白い毛色です。

毛色によって性格や体格、それに値段にも違いが出てきます。さて、あなたはどんな毛色のデグーを選びますか?


デグーの値段は?お迎え方法は?

次はデグーをお迎えする方法やお値段についてのご紹介です。お値段も重要なポイントになりますが、さてどのくらいなんでしょうか。

◆デグーの値段

デグーの値段は毛色や年齢によって左右され、だいたい5,000円~20,000円くらいのようです。

毛色の違いによって値段にはこんな違いがありました。

・アグーチ 5,000円~10,000円
野生そのままの色で一番ポピュラーな毛色なため、ちょっとお安めですが体は一番丈夫です。

・ブルー 8,000円~20,000円
ペット用につくられた色で、ブルーっぽいグレーですが色合いによって違いがあります。
より人に懐きやすいように改良されていて大人しい性格のため、ノーマルよりはちょっとお高くなっています。

・パイド 13,000円~35,000円
このまだらのパイドは模様や色合いによって値段に大きな差が出ます。
やはりノーマルの色が多いほうが安くなり、ホワイトの割合が多いと高くなる傾向にあります。

デグーの値段は、個体や毛色、それに模様によっても違いが出ます。どんなペットもそうですが、やはり希少な毛色の方が高くなる傾向にあります。

人気の高まりとともに、もっと違った毛色のデグーが普通にペットショップに並ぶようになるかもしれませんね。

◆デグーのお迎え方法

デグーをお迎えするにはペットショップがもっともポピュラーですが、他にもネットショップやホームセンターといった方法もあります。

あとは里親募集や知人からもらった、なんていうケースもあると思いますが、初めて飼うならペットショップから購入して、飼い方の基本を教わっておいたほうが良いでしょう。

お迎えするにあたっては、このようなものをご用意ください。

・ケージ
・エサ
・餌入れ
・給水器
・床材
・ステップ
・巣箱
・砂遊びの道具
・かじり木
・回し車
・ハンモック
・小屋
・トイレ

デグーは脚力があるので動き回るのが大好き♪ケージは高さのあるものをお選びください。

餌は基本的にはチモシーという牧草で、足りない栄養素はペレットで補充します。水と牧草は切らなさにようにしてくださいね。


デグーの飼い方は?

デグー,値段,寿命,ケージ

デグーはここ数年で人気が出たので飼育方法がまだ確立されていない、というのが現状ですが、飼い方としてはそれほど難しくありません。その子の個性を把握して、しっかりと愛情を持って育ててあげてください。

では、飼い方について、いくつかのポイントをご紹介させていただきます。

◆デグーの飼い方①ケージの選び方

デグーのケージを選ぶ際、大きさでいうと一匹なら50cm四方くらいあるほうが望ましいですね。プラスチックはかじってしまう可能性もあるので、金属製のケージをお選びください。

また、床にはウッドチップや牧草など足に優しい床材を敷いてあげましょう。

●おすすめ商品
CASA セレクトケージ High35

汚れ防止フェンス使用で小動物を入れたままおそうじ。おそうじの必要な部分も最小限で日頃のお手入れができます。

購入


快適ロングハウス

出入口が3つも!ワンタッチ開閉できる親切設計。
棚アミのハシゴが間仕切りに早変わりで、空間づくりの幅が広がります。

購入


ふわふわベッド お徳用 12L

天然モミ材をフレーク加工した優しい床敷材。

購入

◆デグーの飼い方②温度と湿度

本来デグーは気温の変化のないところで生息しているため、暑さや寒さには弱く、高い湿度も良くありません。

熱中症や低体温などを起こしてしまうこともあるので、気温は最低でも10度、最高でも25度くらいで保つようにしてください。

◆デグーの飼い方③食事

基本はチモシーという牧草で良いのですが、捕食として少しペレットも与えてあげましょう。チモシーは栄養価が低くため、多くの量を食べなければならず、それによって歯が伸びすぎないという効果もあります。

おやつは糖尿病の原因になるので、あげすぎには十分気をつけましょう。また、ハムスターなどの餌も食べられませんので、チモシーなどの牧草を与えてください。

●おすすめ商品
デグー バランスフード 400g

草食動物で、人と同じく体内でビタミンCを作ることが出来ないデグーの為に、保存安定性に優れたビタミンCを使用し。
原料も高繊維・低カロリーのチモシー牧草に野草タンポポ・オオバコを使用し、ペレットと高栄養のアルファ牧草とをバランス良く使用しています。

購入


パスチャーチモシーソフト 400g[ソフトチモシー牧草]

北海道産とアメリカ産のやわらかチモシーを精選してブレンドしました。やわらかく、胃腸や歯の弱ったシニアやベビーに適しています。
トレーサビリティ(生産履歴の追跡可能性)により、健康に優しく嗜好性の高いチモシーをお届けします。アルミ蒸着フィルムにより、鮮度と香りを保ちます。

購入

◆デグーの飼い方④おもちゃ

デグーは脚力が強く上下運動をよくするので、のぼり木などのおもちゃは必要です。また、回し車も大好き♪運動不足にならないように工夫をしてあげましょう。

ほかにもかじり木は、ストレス発散のほか歯の伸びすぎ防止にもなるので、ぜひとも欲しいところです。

●おすすめ商品
かじり木コーン M

つぶがかじれるトウモロコシ型のかじり木。

購入


メタルサイレント 25

回転軸部にベアリングシステムを採用したメタル製ホイール!

購入

◆デグーの飼い方⑤砂場

デグーは体の汚れを落とすために砂浴びをするので砂場も必要です。衛生面からもペット用に販売されている砂を使ってください。

砂入れはそれなりに好みがあるようなので、ある程度深さがあるものをいくつか試してみてはいかがでしょうか。

●おすすめ商品
デグー砂浴びボトル

砂浴びが存分にできて、メンテナンスがしやすいガラス製。着脱簡単な木製ボトルホルダーで安定感もUP!

購入


ZERO 脱臭力に特化したハリネズミ用浴び砂(デグー、ジリスその他小動物用) 2kg

ゼオライトの中でも特にアンモニアの吸臭力が強い国産特選ゼオライトを使用。吸臭&吸湿性に優れ、いつも清潔でサラサラな美しい毛艶を保ちます。
間違って口にしても安心・安全で環境にも優しい天然素材のみを使用しています。

購入

◆デグーの飼い方⑥コミュニケーション

最初は人見知りするかもしれませんので、焦らず少しずつ仲良くなっていきましょう。

いきなりじゃれあおうとしたり、無理にケージから引っ張り出そうとするのは良くありません。自分でケージから出てくるようになるので、そこからがコミュニケーションのスタートです。

デグーは撫でられるのが大好きなので、近寄ってくるようになったらアゴあたりをなでてみてください。

ただし尻尾を掴むのはNGです。動き回るデグーの尻尾を掴んでしまったら、尻尾が取れてしまった!なんていう悲しいことが起きてしまいます。

ケージから出して遊ばせているときにはご注意くださいね。


まとめ

最後にひとつご注意いただきたいのは、デグーはその強靭な歯でなんでもかじってしまうことです。家の柱や家具はもちろんのこと、思いもつかないところが悲惨な状況になってしまうかもしれませんので、十分に気をつけてください。

もっとも注意が必要なのが電源コードです。家の中にある電源コードなどもかじってしまうので、しっかりガードしておくことを忘れないようにしましょう。

デグーは寂しがり屋な動物、しっかり愛情を持って育ててあげてくださいね!



– おすすめ記事 –

・【小動物の寝顔画像6選】うさぎ・ハムスター・フェレットの寝顔が可愛すぎる♡
・【シマリスの飼い方】シマリスの特徴や性格、価格は?人になつくの?
・ハムスターの人気の種類6選!性格や値段、飼い方は?
・【うさけつ画像7選】うさぎさんのおしり「うさけつ」がかわいすぎてたまらん(*´Д`)


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileにゃん部

PetSmileにゃん部

にゃんこ大好きPetSmileにゃん部です。猫ちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら